ドイツのラジオ番組『bayern3(バイエルン3)』の司会者が、放送局のホームページを通じて謝罪した。先立って、BTSの事を「”コロナウイルス”のような縮約語」と表現し、非難の声が拡がっていた。 (記事・写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

BTS(防弾少年団)を、新型コロナウイルスに例えた発言が、人種差別騒動へと発展したラジオ放送の司会者が最終的に謝罪した。

BTS

ドイツのラジオ放送司会者が最終的に謝罪。Coldplayの『Fix you』をカバーしたBTS。(写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

今月27日、ドイツのラジオチャンネル『bayern3(バイエルン3)』の司会者Matthias Matuschik(マティアス・マトゥスキク)氏は、放送局のホームページを通して、「私が高く評価しているColdplay(コールドプレイ)の曲を、ボーイズグループがカバーしたことに腹が立った」と非難した発言であったことを認めた。

(関連記事)「BTSはコロナのようだ」‥ドイツのラジオ番組が人種差別発言、ファン激怒

それとともに「BTSの国籍については、問題とみなすべきではなかった。特に新型コロナウイルスと結びつけた発言は、度が過ぎた」と謝罪している。

これに先立ち彼は、BTSに対して「”コロナウイルス”のような縮約語」と発言し、「彼らに対するワクチンがあることを望む。彼らには、北朝鮮で20年間休暇を過ごす資格がある」と非難。

にもかかわらず、「私は人種差別主義者ではない。韓国車を持っているので、韓国を特に差別しているわけではない」と、人種差別について否定していた。

BTSがColdplayの『Fix you』をカバーしたという理由で、人種差別発言をしたという。

渦中のBTSは、現在『Dynamite』で、”2021 GRAMMY AWARDS”、BEST POP DUO/GROUP PERFORMANCE部門の受賞候補に挙がっている。

(関連動画)BTS MTVでColdplayの楽曲’Fix You’ カバー

ⓒ TOPSTAR NEWS 提供(http://www.topstarnews.net/)
本記事は韓国Social Media Networks Co., Ltd.が運営するTOPSTAR NEWSの記事内容の一部あるいは全部 及び写真や編集物の提供により作成されております。

BTS

BTS(防弾少年団)は2013年6月13日にデビューした韓国の7人組男性アーティストグループで、パン・シヒョクのプロデュースにより誕生した。

HYBE(旧Big Hitエンターテインメント)所属。

デビューアルバムは『2 COOL 4 SKOOL』、デビュー曲は『No More Dream』。グループ名の”防弾少年団”には、10代、20代に向けられる抑圧や偏見を止め、自身たちの音楽を守りぬくという意味が込められている。

ハングル表記は”방탄소년단(バンタンソニョンダン)”から”バンタン”と呼ばれることが多い。

BTS プロフィール&記事(1699)

最新韓流とK-POPニュース

人気ニュース

BTS 動画をみる

最新ニュース

おすすめニュース