イ・ジュノが、tvNの人気バラエティー番組『ユ・クイズ ON THE BLOCK』の159話に登場した。彼は、「演技は、いつか準備ができたらやりたいという気持ちが、実はずっとありました」と明かし、そのチャンスが訪れた時期について言及している。(記事・写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

2PMのメンバーで俳優のイ・ジュノが、演技を始めることになった時期について言及した。

2PMのメンバーで俳優のイ・ジュノが、演技を始めた時期について言及。

tvN『ユ・クイズ ON THE BLOCK』に出演し、演技を始めた時期について言及した2PMのイ・ジュノ(写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

6月29日に放送された、tvNの人気バラエティー番組『ユ・クイズ ON THE BLOCK』の159話に、イ・ジュノが登場した。

この日の放送でMCのユ・ジェソクが、「歌手デビューまでしたのに、演技者の夢を心の中でずっと育てていたんじゃないですか?」と尋ねると、イ・ジュノは「演技は、いつか準備ができたらやりたいという気持ちが、実はずっとありました」と口を開く。

「あったんですけど、ありがたいことにグループがとてもうまくいって、賞もたくさんいただいて、大賞も取って‥。ある意味、歌手として素晴らしい業績を積み上げたとは思うのですが、その時他のメンバーは演技活動を並行しながらやっていました。僕はその時、会社で特に(演技させる)考えはなかったみたいです」と打ち明け、「なので、ただなんとなく1人で見ていた夢です」と話した。

ユ・ジェソクは、「グループ活動をすると、メンバーによって活動に差があるじゃないですか。宿舎生活の場合、そんな時とても大変だと聞きましたよ」「みんなで揃って活動している時はまだしも、誰かは(個人活動のため)出て行くのに、自分はずっと宿舎を守らなければならないから‥」と尋ねる。

この言葉にイ・ジュノは「僕はその気持ちをよく理解できます。当時、宿舎を守ることが多かったので」と笑う。

「本当にたくさんのことを考えたし、本当に寂しかったです。決して嫉妬ではなく、ただそういう思いでした」「僕という人間を、いつになったら人々にまともに見せることができるだろう? 僕という人間を、いつになったら認識してくれるだろう? そんなことを考える時‥」と明かした。

そして「だから、そんな感じで1人でずっと準備していました。”僕が一番得意なことは何だろう”って考えた時、パフォーマンスでアクロバットすることだったので、”それじゃあアクロバットを一生懸命やろう”と思ったらひどいケガをして‥」「その時、僕は”何もできない役立たず”だと思いました。あの若さで」「病院の天井を見ながら口から出た言葉がそれだったんです。”僕は使い道がない”って」と当時を振り返る。

「その時、すごく辛かったです。当時、グループ活動をしなければならなかったので、すぐ手術ができなかったんですよ。歯を食いしばって数年間耐えて、ようやく手術を受けることができました。不思議なことに、手術して1週間病院に入院している時に、チャンスが訪れました」とケガを負った後の心境について言及。

彼は「『監視者たち』という映画のオーディションを受けることになったんです」と明かす。

「ギプスして、回復していない状況で、顔が腫れたまま行きました」「あまりにも切迫していましたが、その切迫感が伝わったみたいで。監督が熱意を理解してくれたのかは分かりませんが、良い機会を与えてくれたおかげで演技生活を始めることになりました」と話した。

イ・ジュノは、次期作『キング・ザ・ランド(仮題)』の放送を控えている。

(TOPSTAR NEWS オ・ソリン記者 / 翻訳:長谷川朗子)

TOPSTAR NEWS 提供
本記事は韓国Social Media Networks Co., Ltd.が運営するTOPSTAR NEWSの記事内容の一部あるいは全部 及び写真や編集物の提供により作成されております。Danmeeは読者様からフィードバックを大切にします。記事に関するご意見や情報提供はこちらのフォームをご利用ください。




2PM

2008年9月4日にデビューした韓国の6人組ボーイズグループ2PM。JYPエンターテインメント所属。

Mnetの新人育成番組’熱血男児’で集められたJYPE練習生の新グループ結成までの過酷なトレーニングなどが放送され、デビュー前より注目された。2PMというグループ名の由来は、「1日の中で最も活動的な午後2時に聞きたい音楽」をコンセプトに名付けられた。2009年にメンバーのパク・ジェボム(ハングル 박재범)が脱退したため、現在は6人で活動している。

2PM 最新記事はこちら(164)

ご意見を自由にコメントしてください!

記事に関するご意見や情報提供はこちらのフォームをご利用ください。

編集部おすすめ記事blank

サイトの広告について

Danmee(ダンミ)は、収益化の一環としてオンライン広告を展開しております。広告の内容(公序良俗を害するもの)や、可読性の低下につながる広告に関するご意見はこちらのフォームをご利用ください。

この記事と関連度が高いトピック

現在読まれています!

最新記事

RECENT TOPICs