何故、JYPが告訴に乗り出したというトピックが3月1日に上がったのか?日韓両国の歴史や外交問題でお馴染みの”戦犯企業”というワードとともに‥NiziUのリマの先祖を巡る議論、その真相を探ってみる。

NiziU(ニジュー)が韓国で、音楽面で注目を浴びる日は来るのだろうか‥。

韓国3大芸能事務所の1つに数えられるJYPエンターテイメント(以下、JYP)の首長でありながら、現役アーティストとして、韓国歌謡シーンに大きな足跡を残しているパク・ジニョン(J.Y.Park)。

彼が、K-POPのアイドル育成システムを取り入れ、誕生させたグループがNiziUである。

K-POPのアイドル育成システムが取り入れられているNiziU

NiziUはメンバー全員が日本人だが、K-POPのアイドル育成システムが取り入れられている(画像出典:NiziU official Twitter)

彼女たちはデビュー前から日本中の関心を一身に受け、史上最速で紅白出場が決定されるなど、快進撃を繰り広げている。

しかし、日本では「韓国人のプロデューサーが作ったK-POP風の女性アイドル」と、色眼鏡で見られる境遇に遭うこともしばしば。

一方の韓国では、「パク・ジニョンがK-POPを流出して作ったグループ」など、だいぶ時代遅れ的な”ナショナリズム”に近い批判を受けたりもする。

その”ナショナリズム”に加え、NiziUを標的にする韓国人が存在し、彼らが度々韓国のネット上を燃やすために仕掛けるネタが、日韓両国の歴史や外交問題でお馴染みの”戦犯企業”なのだ。

NiziU リマは戦犯企業の子孫だ!

"戦犯の子孫"呼ばわりされたNiziUのリマ

NiziUのリマが”戦犯の子孫”呼ばわりされた理由とは‥。(画像出典:NiziU公式FaceBook)

日本による、36年間の植民地時代を糾弾する声はいまだに高い。

特に大統領制を採択する韓国では、政権によって、日韓両国の歴史・外交問題への認識や対処にズレがある。

現政権はどちらかというと、新日より反日の色が強いと言われている。

だからなのか、現政権が発足して以来、徴用工問題が積極的に持ち出され、普通に”戦犯企業”という言葉がテレビやメディアで躍り見かけるようになった。

韓国ネットでは、不明確な情報をベースとした”戦犯探し”が横行、誰もが知る有名企業がネット民の判決により、一夜にして”戦犯の烙印”が押される事も。

そして、NiziUのメンバーリマも”戦犯の子孫”呼ばわりされるという驚くべき事態が、韓国の独立運動記念日として知られる”*三一節”に巻き起こった。

リマの曽祖父として知られている横井英樹氏(1998年死去)が、いわゆる”戦犯企業”のオーナーだった(上述のネット民の判決によると)ためだ。

(関連記事)NiziU リマの親族 ‘戦犯企業’ で論争勃発‥JYPを突如襲った逆風

*三一節:韓国の祝日(毎年3月1日) 日本植民地支配下の1919年3月1日の三・一独立運動を記念する日

JYPが韓国人を告訴した? 戦犯を擁護するのか

2日前、 “三一節”を迎えた韓国のネットでは、JYPの行動に対して怒りを露わにする声が溢れていた。

状況は現在も変わらず、JYPの行動を正すようにと、大統領府に請願も上がっている。

その行動とは、NiziUのメンバー、リマを”戦犯の子孫”と呼び、JYPが”戦犯企業の子孫を育成している”と、ネットに誹謗中傷をした人を告訴した事。

大統領府の請願にはこう綴られている。

「韓流を代表する文化企業(JYP)が、戦犯企業の肩を持ち、彼らの名誉を守るため、邦人を告訴し、抑圧しようとしている」とし「韓国は日本から独立してまだ80年も経っていない。日本軍に徴兵、徴用され迫害された歴史を忘れると、わが民族に未来はない。反民族的な行為を止めてください」

(関連記事)JYP、NiziUリマを卑下した人を告訴に「戦犯擁護は言語道断」請願の内容とは

韓国では、歴史的にも意義深い”三一節”に、何故”JYPが告訴に乗り出した”というトピックが上がったのか?

いくら所属アーティストの権益を損なう内容であり、且つ深刻な名誉毀損にあたるとしても、韓国中が”日本”というワードに敏感にならざるを得ない”三一節”に何故?

実は、告訴は昨年行われていた?

このトピックは、瞬く間にオンラインコミュニティーに広まり、「デマを流布した悪質なユーザーは処罰すべき」と訴えるユーザーと、「戦犯子孫を戦犯子孫と言っただけで告訴? 行き過ぎで売国行為だ」と糾弾するユーザーに分裂している。

ここで、JYP告訴を擁護するユーザーが口を揃えて伝える驚くべき事実3つを紹介しよう。

「告訴された人は、JYPアンチでTWICEに対する悪質なデマを流した前歴を持っている」

「JYPは名指しこそしなかったが、告訴された人に対して何度も警告を行っていた」

「告訴が行われた時期は昨年だった」

そう、告訴された人物は、昨年に告訴された内容をわざわざ”三一節”にネットへ掲載し、火種を起こしたと推論されている。

もちろん、ネットユーザーの証言であり、告訴が行われた明確な時期は確認できない。

が、多くの告訴事実のなかで、NiziU関連の文言だけをスクリーンショットにおさめ、3月1日に掲載した点などを見ると、意図的且つ計画的な行為と言わざるを得ない。

***

Danmeeでは先日、韓国の2大オンラインコミュニティー(theqooとNATEパン)をはじめ、FMコリア、82cook、Dmitory、MLBパークなどで、韓国の反応を調査した。

オンラインコミュニティーの性向やファンダムの活動規模などによって、JYPの行動に支持を表するユーザーと、批判するユーザーに分かれている。

(関連記事)NiziU リマ親族 ‘戦犯企業’に言及し告訴された? 韓国反応が二分された理由

二分されたとしても、その詳細を見ると、6:4もしくは7:3の割合で、悪質なユーザーへの告訴を支持しているような印象だ。

支持の理由は、ただJYPやNiziUのファンだからではない。

彼らの声に耳を傾けてみると、アイドルという理由だけで、安易に人格無視や蔑視され、根拠のない中傷を受けることへの抵抗感のようなものが感じ取れる。

それに加え、政治的な”日本バッシング”への疲れや理不尽を訴える人も少なくない。

最後に、あるネットユーザーの言葉を紹介しながら、記事を締めくくりたい。

「連座、連座いうけど、おめえらの先祖、親せきで、犯罪歴ない人間いる? それでおめえが批難されたり、罪を問われたりすると、どんな気分?」

「ひいおじいさんの顔も知らないひ孫だよ。K-POPが好きだから韓国入りして、汗と涙を流しながらアイドルの夢を育んだ子に酷くない?」




最新韓流とK-POPニュース

最新ニュース

おすすめニュース