6月17日「テヨン脱退支持連合 NCTテヨン脱退要求声明書」というタイトルの書き込みがアップされた。SMエンターテインメントにとっては今年2回目の”メンバー脱退要求” NCTテヨンのファンと、EXOチェンのファンが脱退を要求するその心理に迫る

もう一つの連合が出来た。
今回の連合名は『NCTテヨン脱退支持連合』だ。去る1月に結成された『チェン脱退支持EXO-L ACE連合』を思い出させる。
そう、SMエンターテインメント(以下、SM)に特定アイドルグループメンバーの脱退を要求する”連合”が今年だけで二つ増えた。

アイドルグループに人生を賭けていると自負する人たちが、自発的且つ組織的に所属事務所に”強気の攻め”を見せる。その背景にあるファン心理を解いてみる。

NCTテヨンの脱退要求-恥をかかせるな

NCTテヨン

6月17日NCTテヨンの脱退を要求する声明文が発表された(写真提供:©スポーツ韓国)

6月17日、韓国のあるオンラインコミュニティ掲示板には「テヨン脱退支持連合 NCTテヨン脱退要求声明書」というタイトルの書き込みがアップされた。
この書き込みには「テヨン脱退支持連合はNCT127、さらにはNCTのブランドイメージに悪影響を及ぼしているテヨンの脱退を促す」とし「脱退を要求する理由としては、・フィードバック要求に応じず活動を続けることは容認できない ・校内暴力の件に対する誤った対応でテヨン自体に対する信頼喪失 ・テヨンが活動を続けることによって持続する被害者、情報提供者に対する二次被害 ・NCTブランドイメージの失墜及びグループの成長阻害」と伝えた。

4つの理由が挙げられているが、核心は「NCTの名を汚すな」と要約できる。
彼らは2016年にデビューを果たし、韓国だけでなく海外でも支持を得ている。多くの可能性を秘めているNCTの未来のため、テヨンを”損切り”したいという心理である。EXOチェンの脱退要求に頭を抱えているSMにとっては、もう一つの”頭痛の種”になりそうだ。

EXOチェンの脱退要求-裏切られた

EXOチェン

今年1月’結婚’を発表したEXOチェン(写真提供:©スポーツ韓国)

NCTテヨンの件に先立ち、SMはEXOチェンの脱退要求への対応にも追われている。
去る2月にSMは「EXOメンバー全員が、これからの活動をチェンと一緒にしたいという意思を表明した。SMもメンバーの意志を尊重しメンバー(構成の)変動はないことを知らせる」と念を押した。

しかし、脱退を支持するファンの反発は更に激しさを増し、今もなおその活動を続けている。
SNSには「2020年最大の不意打ちはチェン」「ファンをATMと思うな」「子供が(お腹から)出たらお前も(EXOを)出ろ」など、露骨な批難と脱退要求を繰り返している。彼らの心理を解くと「チェンに裏切られた」という悔しさが見えてくる。あるファンはこう言っている「チェンの交際は知っていた。’ごめんなさい’の一言も言わずに、祝福してほしいという(自筆)手紙を読んで悔しさを感じた」

二つ心理に投影された’過去’と’未来’..そして’信頼’

NCTテヨンの脱退要求には、”過去”というキーワードがある。
2009年に犯した過ちを、2020年になって問い詰められる羽目になったが、今回の騒動を見ていると、もはや”過去”は過去のことではなくなったように見受けられる。言い換えると、アイドルは更生のチャンスすらファンや大衆からもらえないという恐ろしい状況に陥るということだ。

一方EXOチェンの脱退要求には、”未来”というキーワードがある。
結婚を選択するアイドルは、愛するファンとの未来を諦める覚悟や自ら”アイドル”という称号を捨てる勇気が必要という認識が、もはや社会通念になった感を否めない。

二人の例で見えてきた最後のキーワード、それは”信頼”だ。
いくら過去の過ちであっても、その人柄は変わらないという疑心も、デビュー後8年間見守っていたファンへある日突然”結婚と妊娠”を公表する無神経さへの恨みも、結局”信頼”というキーワードと強く結ばれている。ファンは一度信頼を失ったアイドルへ”二度目のチャンス”を与えようとしない。恐ろしいことに、あれだけ愛したアイドルに向かって「消えてほしい」と平然に言える、それがファンなのかも知れない。まさに“可愛さ余って憎さ百倍”である。



SMを代表する二つのアイドルグループに襲い掛かった”脱退要求”は、今後どのような局面を迎えるだろうか。SMの対応にファンの関心が集まっている。

EXO

EXO(エクソ / ハングル 엑소)は、SMエンターテインメント所属の男性アイドルグループ。 韓国人が8人、中国人が4人の計12人で構成され、2012年4月8日に韓国と中国でデビューした。その後中国人メンバー3人が脱退して現在の9人体制になっている。

EXO プロフィール&記事(154)