12月14日の明け方、故ク・ハラさんの公式ツイッターアカウントにコメントが掲載され、ファンは故人のアカウントがハッキングされたようだと憂慮の声をあげている。

KARA(カラ)出身の故ク・ハラさんのツイッターアカウントに思いもよらないコメントが掲載され、人々をゾッとさせている。

12月14日午前0時51分、ク・ハラさんのツイッターには「123 9ld9c」という文がツイッターウェブアプリを通じて投稿された。

謎の文字が投稿された故クハラさんのツイッターアカウント

故ク・ハラさんのツイッターアカウントに投稿された謎の文字(画像出典:故ク・ハラさんTwitter)

この報せに接したク・ハラさんのファンたちは、故人のアカウントがハッキングされたのではないかと心配する様子を見せ、「ク・ハラさんからのメッセージなら嬉しいけれど、ハッキングなら許せません。今すぐにやめてください」「なぜこんなことをするのですか。涙が出ます。いたずらなら私たちファンはとても悲しいです」などのコメントを残している。

ツイッターとは違い、先日ク・ハラさんのインスタグラムは、故ソルリさんのSNSとともに追悼アカウントに切り替えられたと報じられた。

(関連記事)「変わっている‥」故人となったソルリとク・ハラのインスタを見て人々が涙したワケ

追悼アカウントに切り替えられると、生前故人が掲載した掲示物は閲覧できるが、誰も既存の掲示物を修正あるいは削除したり、新しい投稿をすることができない。これにより、ファンたちは追悼アカウントへの切り替えを支持している状況だ。

追悼アカウントに変更されたクハラさんとソルリさんのインスタグラム

ク・ハラさんとソルリさんのインスタグラムが追悼アカウントに変更(画像出典:故ク・ハラさん、故ソルリさん Instagram)

現在、追悼アカウントへの移行が可能なSNSは、フェイスブックとインスタグラムのみ(2020年12月15日現在)。ツイッターの場合、2019年11月に「6カ月以上更新されていない休眠アカウントを段階的に削除する」との方針を発表したが、その後、故人のアカウントに配慮し、休眠アカウント削除の計画を一時中断。

だが、現在でもツイッターの追悼アカウントは存在しておらず、故ク・ハラさんの場合、長期間ログインしていないところを狙ったハッキングだと思われ、リスクに晒されてしまった可能性があると考えられる。

クハラさんのアカウントがハッキングされたようだと憂慮の声をあげているファン

ファンはク・ハラさんのアカウントがハッキングされたようだと憂慮の声をあげている(画像出典:故ク・ハラさん Instagram)

しかし、これは故人に限った話ではなく、SNSアカウントを持っている全ての人に言えることだ。

SNSのアカウントをハッキングする手口は巧妙化しており、パスワードの推測や、他のサービスから流出した個人情報を得て不正ログイン、暗証番号を自動で生成するツール、またアカウントをハッキングするサービスである”Ins*****”、”Fo*****”などが用いられる場合があるそうだ。(実際に悪用される可能性があるため、ハッキングツール名は*印で記載。)

SNSのアカウントの乗っ取りはどれだけ対策をしても被害がゼロにはならない。だが、防止策として、ログインする際に携帯電話を使って二段階認証を行ったり、パスワードに大文字・小文字・特殊文字を組み合わせてセキュリティーを強化したり、公式アプリを使用、ブラウザーにはパスワードを保存しない、友人の携帯などでもSNSを見ないなど、日頃からできる限りの対策を心掛けておくことが必要だ。



最新ニュースタグ

おすすめニュース

最新韓流とK-POPニュース

人気ニュース

RECENT TOPICs