最近は何人もの日本人がK-POPアイドルとしてがんばる姿を見る機会が増えてきたが、そのきっかけを作ったといっていいJBJ95のケンタこと高田健太が、1月10日で26歳を迎える。ケンタのK-POPアイドルデビューから現在までの活躍ぶりをおさらいしよう。

JBJ95(ジェイビージェークオ)の日本人メンバーケンタこと高田健太。
明日、1月10日で26歳を迎えるケンタのK-POPアイドルデビューから現在までの活躍ぶりをおさらいしてみる。

1月10日、誕生日を迎えたケンタ

ケンタは1月10日に誕生日を迎えた(画像出典:JBJ95公式FaceBook)

『PRODUCE101シーズン2』に出演

ボーイズグループTEENTOP(ティーントップ)のメンバー、リッキーの大ファンとしても有名で、日本ではK-POPダンスカバーチーム”ガラガラ蛇”のメンバーとして活躍していたケンタ。

まだそう簡単に日本人がK-POPアイドルグループに在籍することができなかった時代に、自分の夢を叶えるため20歳のときに単身で韓国へ渡った。

韓国語もまったくわからないまま韓国へ乗り込み、先が見えず不安な日々を過ごしていたが、ついにそのチャンスを掴む。2017年に放送され、大人気を博したMnetのオーディション番組『PRODUCE101シーズン2』に唯一の日本人練習生として出演することになったのだ。

『PRODUCE101シーズン2』に唯一の日本人として出演したケンタ

ケンタは『PRODUCE101シーズン2』に唯一の日本人として出演した(画像出典:namu.wiki)

101人中、たった1人の日本人メンバーだったケンタは、35位以内に入ることを目標に自分の力を精一杯発揮し、視聴者に自分の存在を知らしめることに成功。この番組への出演で、ファンだったTEENTOPのメンバーからも応援メッセージをもらうなど、”成功したオタク”としても有名になった。

惜しくもデビューメンバーには選ばれなかったものの、目標にしていた35位以内の24位という結果で、有終の美を飾った。

6人組ボーイズグループJBJデビュー

『PRODUCE101シーズン2』では脱落したが、自身のインスタグラムに長文のメッセージと、「僕は必ず輝きます(저는 반드시 빛납니다)」というメッセージを日本語と韓国語で残し、決して諦めない強さを見せていた。

そして同年10月、この番組に出場した仲間たち6人でJBJ(ジェイビージェイ)を結成。7カ月間という期間限定だったがミニアルバム『Fantasy』をリリースし、ついに憧れのK-POPアイドルとしてデビューを果たした。そんなケンタは、K-POPアイドルを目指す日本人にとってはパイオニア的存在だ。

JBJのメンバーとしてデビューを果たしたケンタ

ケンタはJBJのメンバーとしてデビューを果たす(画像出典:JBJ公式Twitter)

JBJは、アジアを中心に6カ国7都市でのファンミーティング、単独ライブも成功。2018年1月にリリースした『My Flower』は大ヒットし、音楽番組で1位も獲得するという快挙を成し遂げる。


『My Flower』で1位を獲得!(動画出典:KBS Drama Classic YouTube)

2人組ユニットJBJ95として再デビュー

翌18年4月には所属事務所との契約満了により解散となるが、同年10月、元JBJのメンバー、キム・サンギュンとともにJBJ95(ジェイビージェークオ)を結成。ミニアルバム『HOME』をリリースし、新たにデビューした。ソウル・東京・大阪・タイ・フィリピン4カ国をまわる初のアジアツアーも成功させ、ファンミーティング、リアリティー番組やデジタルドラマ出演、楽曲リリース、バラエティー番組への出演など、どんどん知名度を上げていった。

JBJ95として2度目のデビューを果たしたケンタ

ケンタはJBJ95として2度目のデビューを果たし、現在活発に活動している(画像出典:JBJ95公式 Twitter)

特に音楽バラエティー番組MBC『覆面歌王』では”ニュトーン”という名で出演。日本人にも関わらず韓国語の歌を流暢に歌ったケンタは、実力を高く評価された。

一番の理解者、実母が天国へ‥

夢を追いかけ韓国に行くことに対し、はじめは家族の反対があったという。しかし、ケンタが説得し続けた結果、家族もケンタのことを前向きに応援してくれるようになった。しかし昨年3月、新型コロナウイルスが猛威をふるうなか、ケンタの活躍を応援してくれていた実母が亡くなるという悲しい出来事が・・。

(関連記事)息子は韓国で花開く子だった! 高田健太の亡き母の生前映像に涙

ソロ活動としてシングルをリリース

その悲しみを乗り越え、8月には高田健太名義で亡き母に捧げる歌『またいつでも帰っておいで。』をリリースし、ソロデビュー。日本語歌詞の作詞は、亡き母からもらった手紙や幼い頃の思い出をテーマに高田健太本人が初めて書いた。

母が亡くなる前、最後にもらった手紙に書いてあった言葉「またいつでも帰っておいで」というフレーズをタイトルに選び、誰かが待っていてくれることが心の支えになるという気持ちを伝えた。


KENTA(from. JBJ95) 『またいつでも帰っておいで。』MV(動画出典:JBJ95 OFFICIAL)

個展『MADE IN KENTA』開催

個展『MADE IN KENTA』を開催するケンタ

ケンタは個展『MADE IN KENTA』を開催する(画像出典:MADE in KENTA)

そして年が明け今月5日、ケンタは自身のインスタグラムで個展『MADE IN KENTA』を開催することを告知。この展示会は、2月4日から2月22日まで、新型コロナウイルス感染防止の対策を万全にした上で実施される予定だ。

*****
K-POPアイドルに憧れる10代、20代の若者は多いが、そこから自分の夢を叶えるため本当に行動に移せる人はなかなかいないだろう。

自分の才能、努力、そして強運で自分の道を切り開き、やりたいことを楽しんで努力し続ければ、夢はきっと叶うということを見せてくれたケンタに、いまでは多くの日本人が勇気づけられている。

異国の地で新しいことに挑戦しながら、現在も精力的な活動を続けているケンタ。ケンタのお母さんは、いまも天国から息子の活躍を応援し、見守っていることだろう。