JBJ95の日本人メンバー、髙田健太(たかだ けんた)の母の訃報が伝えられた中で、生前息子に格別な愛情を伝えた健太の母の映像が再び注目を浴びている。この映像を見たファンたちは健太の母にメッセージを送り追慕する様子を見せている。

過去、Mnetサバイバルオーディション番組「プロデュース101 シーズン2」に出演したJBJ95(ジェイビージェークオ)の髙田健太(たかだ けんた)が、母親の訃報を耳にして日本へと出国した。

母親の訃報で日本へと発った髙田健太

母親の訃報で日本へと発った髙田健太(画像出典:髙田健太 Instagram)

3月10日、JBJ95の所属事務所スターロードエンターテインメントは「髙田健太君のお母様が、かねてより病気療養中のところ3月9日の午後に逝去されました」とし「健太君は、急遽本日早朝に飛行機で出国し、現在ご家族と一緒の時間をすごしています」と公示事項を掲載した。

また、所属事務所は「ご葬儀などの詳細については、ご家族の希望により非公開とさせていただきますことをご理解ください」とし「今後も健太君を暖かく見守ってくださいますようお願いいたします」と締めくくった。

このような便りが伝えられると、韓国の各種オンラインコミュニティーでは、健太の母が生前出演した放送で語った話がファンの間で注目を浴びることとなった。

健太の母は、2018年KBS「隣のチャールズ(原題 이웃집 찰스)」に出演して、健太に対する格別な愛を伝えたことがある。

放送では、韓国を訪れた両親に対して高級なホテルを予約して親孝行する健太の様子が描かれている。

健太と両親が出演した番組が再び話題に

健太と両親が出演した番組が再び話題に(画像出典:「隣のチャールズ」キャプチャー)

‘久しぶりに川の字で寝よう’ とベッドで3人で仲良く横たわる姿や、‘朝食を食べないと力が出ないから’ と日本から持ってきた食材で沢山の朝食を作る母の様子、また街中でファンに声を掛けられている息子を遠くから微笑ましく眺めている様子などが電波に乗った。

当時、健太の母は息子が韓国で活動していることについて「健太は韓国で花開く子だったんだなって。心の底から韓国に行かせて良かったなと思いました」とし「(健太を韓国に行かせて)一人で泣きました。布団の中で。なので、今は本当に健太がやりたいことを思う存分やってほしいです」と、健太に声援を送った。

昨年10月、母との韓国旅行の写真をSNSに投稿したり、普段から放送で母について言及してきた健太。

「プロデュース101」に出演していた当時、順位発表の場で「お父さん、お母さん、今まで自分の夢を応援してくれて、いつも心配かけてごめんなさい。もうちょっとだけ待っていてくれたら嬉しいです。いつもありがとう」と、両親に映像メッセージを伝えたこともある。

健太の母の映像を見た一部のファンたちからは「健太は両親から沢山の愛で育てられた子ですね」「これからも健太をずっと応援していきます」「健太のお母様のご冥福をお祈りいたします」などの反応が寄せられている。


[su_spacer size=”30″]




編集部おすすめ記事blank

こちらも投票お願いします!

サイトの広告について

Danmee(ダンミ)は、収益化の一環としてオンライン広告を展開しております。広告の内容(公序良俗を害するもの)や、可読性の低下につながる広告に関するご意見はこちらのフォームをご利用ください。

この記事と関連度が高いトピック

現在読まれています!

最新記事

RECENT TOPICs