CJ ENMが、Mnet PRODUCE(プロデュース)シリーズで行われていた投票操作を認め謝罪した。CJは事実上活動休止中のIZ*ONEとX1の活動再開を全面支援する方針を明らかにした。

CJ ENM(以下CJ)が、Mnetのオーディション番組「PRODUCEシリーズ」の過誤を認め謝罪した。

X1(上)とIZ*ONE(下)

X1(上)とIZ*ONE(下)(写真提供:©スポーツ韓国)

CJは30日午後3時「PRODUCEシリーズ」の投票捏造事件と関連した緊急記者会見を開き、公式に謝罪を行った。

CJのホ・ミンフェ代表は「Mnetに関する一連の事件で失望させてしまったことお詫びを申し上げたい。デビューという夢だけを追った練習生たちのことを考えると、実に心が痛む。本当に申し訳ない。貴重な時間を割いてメール投票を行ってくださったファンや視聴者の方々にも申し訳ない。弁解の余地もなく我々の過ちだ。代表として責任を痛感している」と頭を下げた。

続けて「いかなる措置も十分ではないが、今からでも過ちを正し傷を最小化するために最善を尽くしたい。順位操作の被害を受けた練習生たちには金銭的補償はもちろん、今後、活動保障など実質的な補償を実施していく」とし「順位操作プログラムで発生した300億ウォン規模の資金を出し基金を作る。この基金やファンドは外部の独立機関に任せ、音楽産業の成長のために使うようにする。具体的な基金とファンド造成運営計画については、詳細案が確定し次第、お知らせする」と伝えた。

なお、事実上活動休止の状態にあるIZ*ONEとX1の活動再開に言及し「全ての責任は我々にあり、IZ*ONEとX1の活動再開にかかわる全てを支援する。メンバーらの心的苦痛やプレッシャー、ファンの声を考慮し、早い時期に活動できるようにしたい。今後両グループの活動を通じて得られる収益も放棄する。今回の事態で被害を受けたすべての被害者に対する被害補償も実施する。これ以上被害が出ないよう、研修生たちを守ってくださることを願う。心より謝罪申し上げる」と再び頭を下げた。

今回ホ代表の謝罪によりIZ*ONEとX1の活動は公式に再開するとみられる。

現在当ニュースは、多くの人の関心を引き出しており、韓国最大ポータルサイト・NAVERの芸能セクションでは、トップニュースに上がっている。

NAVERで当ニュースに接した韓国ネットユーザーからは、

「おめでとう!IZ*ONE、X1」
「CJの謝罪に納得いった! IZ*ONE、X1も今までのことを忘れて頑張ろうね!」

と、IZ*ONE、X1にエールのメッセージが多数寄せられている。

その一方、

「入試に例えると、不正入学したのと同然。学校が過ちを犯したとしても、学生の入学は取り消されるのに、何で活動再開ができるの?」

と、批判の声を上げるユーザーもいる。

ⓒ 한국미디어네트워크 提供(http://sports.hankooki.com/)
本記事は韓国MEDIA NETWORKが運営するスポーツ韓国の記事内容の一部あるいは全部 及び写真や編集物の提供により作成されております。