アメリカの有名経済誌『Forbes(フォーブス)』が、「2021年K-POP最大の損失はIZ*ONEの解散」と報道し、関心が集まっている。(写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

日韓合同12人組ガールズグループのIZ*ONE(アイズワン)が4月29日に、当初の予定通り解散したことに対し、世界中で悲しみの声が広がっている。

IZ*ONEは4月29日に解散した

4月29日に解散したIZ*ONE(写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

IZ*ONEは、2018年に韓国の放送局Mnetが主催した『PRODUCE 48』から生まれたプロジェクトグループで、2年半の間K-POP界トップグループに位置する1組として多岐にわたる活躍を見せたガールズグループだ。

『PRODUCE 48』は、韓国の大人気オーディション番組『PRODUCE101』と日本のAKB48グループがコラボして制作されたことでも話題を呼び、日韓はもちろん、欧米でも注目を集めていた。

2018年10月29日、ミニアルバム『COLOR*IZ』でデビューすると、K-POPガールズグループのデビューアルバム歴代最高初週売上を記録し、世界10カ国のiTunes配信チャートで1位を獲得。

翌11月10日には、アメリカの”ビルボードワールドアルバムチャート”でも初登場9位にランクインを果たした。

世界的な人気を獲得していたにも関わらず、当初の予定通り2年半での活動終了が発表されると、ファンはグループ継続を求め、4月21日にクラウドファンディングを開始。初日だけで20億ウォン(約2億円)を突破するなど、大きな反響を呼んだ。

(関連記事)「IZ*ONEを必ず続けさせる!」ファンディング開始30分で目標金額10億ウォン突破

そして、IZ*ONE解散日前日の4月28日、アメリカの有名経済誌『フォーブス』が、「2021年K-POP最大の損失はIZ*ONEの解散」と報道し、現在韓国のオンラインコミュニティーなどで話題を集めている。

IZ*ONEの解散について報じた米メディア

米メディアがIZ*ONEの解散について報じ話題(写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

「3年足らずの間に、2枚のフルアルバム、7枚のEP、そして十数枚のシングルをリリースし、韓国語と日本語の両方で歌った。商業的には韓国語でより成功したが、両方でレコーディングしたことが重要だった」

「IZ*ONEがビルボードチャートに頻繁に登場したことも印象的だ。”ワールドアルバムチャート”で3つのタイトルを獲得し、1枚のEPがトップ10にランクインした。”ワールドデジタルソングセールス”のリストでは、少なくとも1週間にわたって6つの楽曲がランクインし、最初の2つのリリースはいずれも一定期間トップ10にランクインした」

など、同誌はIZ*ONEのこれまでの功績を称えながらも、”韓国人を欺瞞した一大事”と呼ばれるほど、大きく非難された『PRODUCE(プロデュース)』シリーズの順位操作についても言及。

この事件が起こったせいで、グループのブランドが傷つき、才能あるメンバーを持つグループが終わりを告げることになったと記している。

このフォーブス誌の記事に対し、オンライン上では、「IZ*ONEもすごく大きいグループだったからそう言われるのもわかる」「この記者がWIZ*ONE(ウィズワン:IZ*ONEのファンの名称)なんじゃない?」「ウケるwww順位操作で解散に追い込まれたのに何が損失www」「損失ではあるよね」「産業的にはその通りだね。それが倫理的なのかどうかは別として」など、賛否両論さまざまな意見が飛び交っているようだ。



IZ*ONE(アイズワン)

IZ*ONE(アイズワン / ハングル 아이즈원)は、韓国と日本合同のグローバルガールズグループである。
2018年に韓国の音楽専門チャンネルMnetで放送された日韓合同オーディション番組「PRODUCE 48」を通して、韓国の芸能事務所に所属する練習生57人、日本のAKB48グループに所属するアイドル39人、総勢96人の練習生から、韓国の視聴者投票で選ばれた12人のメンバーによって結成された。

IZ*ONE(アイズワン) プロフィール&記事(286)

人気ニュース

IZ*ONE(アイズワン) 動画をみる

最新ニュース

おすすめニュース