2019年、世間を騒がせたバーニングサン事件の中心にいたV.I(元BIGBANG、韓国活動名 スンリ)の第16回公判が4月29日、軍事裁判所で行われた。その際、グループチャットのメンバーだったチェ・ジョンフン(元FTisland)が証人として出席し、V.Iに向かって”サムズアップ”したことが話題を呼んでいる。

2018年11月に起きた暴行事件が発端となった”バーニングサン事件”は、いままでに類を見ない大スキャンダルとなり、韓国芸能界に衝撃が走った。

チェ・ジョンフン

現在服役中のチェ・ジョンフンがV.Iの裁判に証人として出席した(写真提供:©TOPSTAR NEWS)

事件の中心人物として名前があがったV.I(元BIGBANG、韓国活動名 スンリ)は、2019年3月25日に現役入隊し、現在も刑が確定せず裁判が続いている状況だ。

先月25日、BIGBANGの公式フェイスブックのプロフィール写真が、V.Iも入った5人体制のものに変更され、ネット上で批判を浴びるなど、話題になった。

(関連記事) BIGBANG V.I 公式SNSに登場・・30-40代の’シャイファン’が追憶する5人のエネルギー

そんなV.Iの第16回公判が4月29日、軍事裁判所で行われたが、この公判に証人として出席したチェ・ジョンフン(元FTisland)がV.Iに向かってした行動が、ネット上で反感を買うことになった。

彼は現在、同僚で元歌手チョン・ジュニョンらと共に、2016年に韓国東部の江原道(カンウォンド)などで酒に酔った女性を集団で性暴行した容疑で拘束起訴され、2020年5月12日、控訴審で懲役2年6ヶ月の実刑判決を受けて服役中だ。同じ嫌疑で拘束起訴されたチョン・ジュニョンも控訴審で懲役5年の実刑判決を受けている。

チェ・ジョンフンは、今回V.Iの特殊暴行教唆容疑に関連し、証人尋問のため証人として青い囚人服を着たまま、再び法廷に立つことになった。

彼は、法定に入り被告人席に座ったV.Iを発見すると、証人席に着く前に右腕を下に伸ばした状態で”サムズアップ”(親指を立てるジェスチャー)を行い、V.Iはその彼の姿を見て苦笑いしていたという。

また尋問が終了し、退廷する際にも彼はV.Iを振り返り、V.Iも彼に対し目で挨拶していたとも韓国メディアは報道した。

元BIGBANG V.I

9つの疑いが持たれている元BIGBANG V.I(写真提供:©TOPSTAR NEWS)

この報せに、韓国のネットユーザーたちは「犯罪者にも友情はあるみたいだな」「ひねくれた友情だね」「何で堂々とサムズアップ?」「本当に見ても信じられない内容だわ」「本当に情けない」「法廷は遊び場じゃない」「囚人服着てやることがサムズアップなんだ」「相変わらず反省していないね」など、批判的な反応を見せている。

V.Iは現在、性売買斡旋、性売買、性暴力犯罪の処罰などに関する特例法違反、常習賭博、外国為替取引法違反、食品衛生法違反、業務上横領、特定経済犯罪加重処罰などに関する法律違反、特殊暴行教唆の疑いなど9つの疑いが持たれている状況だ。

しかし、V.Iはこれらの容疑に対して、外国為替取引法違反容疑のみ認め、大部分否認したまま裁判が進められている。

今回法廷でも変わらぬ友情を見せた2人。かつてはBIGBANG、FTislandという韓国芸能界でトップアイドルのメンバーとして支持され、輝いていた時期もあったが、バーニングサン事件に関わったことに対する世間の目はいまも冷ややかだ。



人気ニュース

BIGBANG 動画をみる

最新ニュース

おすすめニュース