IZ*ONE(アイズワン)のファンが、解散後の活動再開を望みクラウドファンディングを設立。だがメンバーの各事務所には広告業界からのラブコールが相次ぎ、メンバー個々で活動していくのか、リローンチが成功するのか関心が寄せられている。(写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

IZ*ONE(アイズワン)が解散した後、リローンチ(再始動)を望むファンたちが立ち上げたクラウドファンディングの資金が、20億ウォン(約2億円)を越えた。

クラウドファンディングを設立したIZ*ONEのファン

IZ*ONEのファンがクラウドファンディングを設立した(写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

今回のクラウドファンディングは、今月いっぱいで活動終了を控えたIZ*ONEのリローンチのための募金プロジェクトだ。

4月21日、IZ*ONEのファンダムであるWIZ*ONE(ウィズワン)が、韓国最大のクラウドファンディングサービスWadiz(ワディズ)で”平行宇宙プロジェクト”を設立、リローンチ時に必要な初期費用を集めることと、各メンバーの所属事務所がIZ*ONEの活動継続に同意することを目的としている。

該当のクラウドファンディングは、4月22日現在で1万人を越える参加者とともに目標金額達成率が200%を越え、良い結果につながっている。

(関連記事)「IZ*ONEを必ず続けさせる!」ファンディング開始30分で目標金額10億ウォン突破

IZ*ONEのリローンチを望むファン

IZ*ONEのリローンチは実現するだろうか(写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

しかし、このようなファンの行いに水を差すような動きが見られているという。

4月22日、韓国メディア・スターニュースは「IZ*ONEが解散を控えた中、彼女たちを迎える準備の真っ只中だ」と、各メンバーの所属事務所に広告業界からのラブコールが爆発的に増えていると報じた。

あるメンバーの事務所関係者は、同メディアに「具体的な提案が立て続けに入ってきている。一旦、解散日まではホールド状態だ」と明かしたようだ。

個人個人への広告提案が活発に成されている中、ある事務所は新しいガールズグループへの合流を考慮したり、また、別の事務所は女優活動に方向性を見出しているところもあるという。

また、人気メンバーが復帰する事務所は、該当のメンバーのために別途人材を補充するなど、解散以後、それぞれ新たな準備をしていることが同メディアの取材で分かっており、人気格差とまではいかないが、このようなメンバー間に損得勘定が生じる利害関係は不協和音の種になり得るとも考えられる。

IZ*ONEは、韓国国内のトップガールズグループに成長したチームであるだけに、解散後も各メンバーの人気はこのまま変わらないと予想される中、事務所の動きによって再結成を望むファンの声や願いが遮られてしまうことになるのか、もしくはリローンチが実現するのか、解散後メンバーや事務所の動向に注目が集まる。

(関連記事)「いつか IZ*ONEも‥」再結成するI.O.Iに望みを抱くプロデュースファン



IZ*ONE(アイズワン)

IZ*ONE(アイズワン / ハングル 아이즈원)は、韓国と日本合同のグローバルガールズグループである。
2018年に韓国の音楽専門チャンネルMnetで放送された日韓合同オーディション番組「PRODUCE 48」を通して、韓国の芸能事務所に所属する練習生57人、日本のAKB48グループに所属するアイドル39人、総勢96人の練習生から、韓国の視聴者投票で選ばれた12人のメンバーによって結成された。

IZ*ONE(アイズワン) 最新記事はこちら(386)








編集部おすすめ記事blank

こちらも投票お願いします!

サイトの広告について

Danmee(ダンミ)は、収益化の一環としてオンライン広告を展開しております。広告の内容(公序良俗を害するもの)や、可読性の低下につながる広告に関するご意見はこちらのフォームをご利用ください。

この記事と関連度が高いトピック

現在読まれています!

最新記事

RECENT TOPICs