韓国では現在、宮脇咲良とキム・チェウォンがHYBEと専属契約を結び、新ガールズグループに合流するのではないかと話題だが、ネット上では元IZ*ONEメンバーのある”格差”が囁かれているのだが‥。

世界的な人気アイドルグループ、BTS(防弾少年団)を輩出したHYBE。

彼らは今年、アメリカの音楽チャート・ビルボードを賑わせるほどの活躍を見せ、加えて本格的なアメリカ進出に乗り出すなど、様々な話題を生み出している。

(関連記事) HYBE – SM – CJ、K-POPの3強がアメリカ大陸で激突!各社の戦略とは

BTSは世界中で大人気の7人組ボーイズグループ

世界中で大人気の7人組ボーイズグループBTS(画像出典:BTS公式FaceBook)

そんなHYBEは、2019年に傘下のレーベルとして迎え入れたSOURCE MUSIC(以下、SOURCEミュージック)がローンチする、新ガールズグループについても注目の的だ。

正確に言えば、新ガールズグループのメンバーとして再デビューが噂されている、元IZ*ONE(アイズワン)メンバー、宮脇咲良とキム・チェウォンについてである。

キム・チェウォンが、現所属事務所のWoollim(ウーリム)エンターテインメントから、SOURCEミュージックに移籍するという一報が出たのは、去る8月17日の事。韓国メディアのSTARNEWS(スターニュース)によると、移籍することは6月末には決まっており、この件は極秘に進められていたという。

この日STARNEWSが伝えたのは、キム・チェウォンの移籍だけではなく、同じくIZ*ONEメンバーで、エースとも称された宮脇咲良のHYBE行きも報じていた。

(関連記事)IZ*ONE 出身メンバーが続々とHYBEに?韓メディアがキム・チェウォンの移籍を報道

それから2日後、STARNEWSの報道を裏付けするかのように「宮脇咲良が韓国入りする」と、日韓メディアが報道。韓国メディアのほとんどは、HYBEとの契約締結を目的とした渡航だと伝えており、もしこれが本当ならば、K-POPの地殻変動をもたらす”ビッグニュース”間違いなしである。

ただ、現時点で本人コメントや所属事務所からの公式発表はなく、芸能関係者をはじめメディアやファンは、固唾を飲んで事態の推移を見守っている。

(関連記事) 宮脇咲良 あきれた ‘旭日旗議論’ は韓国ネットの無知か、悪意か

宮脇咲良とキム・チェウォンの再デビューが噂されている

SOURCE MUSICがローンチする、新ガールズグループのメンバーとして再デビューが噂されている宮脇咲良(左)とキム・チェウォン(画像出典:IZ*ONE)

韓国のSNSやオンラインコミュニティーでは、IZ*ONEメンバーが加わると噂される新ガールズグループ誕生への期待と、歓迎メッセージを送るファンが多くいる中、「キム・チェウォンは、個人ファンが多いから納得」「宮脇咲良は、日中韓で大人気だからね」「商品価値のあるメンバーだけ引き抜きいたね」などと、HYBE”獲得”の理由や背景を分析する声も上がっている。

その一方で「HYBEさん、〇〇も一緒にお願いします」「なんでキム・チェウォンだけなの? 〇〇はダメですか?」と、自身の推しメンバーもHYBEに引っ張って欲しいと懇願する者、巨大なバックグラウンドのもとで、再び羽ばたいてほしいと夢見る者、「〇〇はファンが少ないから、HYBEは手を差し伸べてくれないの?」と落胆する者と様々。

日本人メンバーの宮脇咲良は、IZ*ONEデビュー前からHKT48のメンバーとして日本で高い人気を集めており、中華圏でも同様に人気と知名度を誇るアイドルである。近年、中国で急速にファンが増えており、彼女の誕生日には大規模なイベントが実施されたほど。

(関連記事)宮脇咲良(IZ*ONE)へのお祝いは200機のドローンで!中国ファンの企画が明らかに

そしてキム・チェウォンは、IZ*ONEファンなら誰もが知る、チーム内で1、2位を争う人気メンバー。韓国内で、グラビアやグッズ販売高は常にトップを走っていた。

2人はIZ*ONE時代からその実績を積んできているため、HYBEとしては「”人気が裏付けされた人材”をスカウトした(もしくは、しようとしている)」と言われても仕方がない。

ただ、韓国ネットでは2人の去就を受けて、IZ*ONE出身のアイドルが、HYBEに”選ばれたメンバー”と”選ばれなかったメンバー”に区別されてしまうという現象が発生。

実際一部のネットユーザーは、先日ソロデビューを果たしたクォン・ウンビが、キム・チェウォンと同じWoollimエンターテインメント所属という事に触れ「クォン・ウンビにはオファーがなかったの?」と同情する声が寄せられている。

クォン・ウンビはソロデビューを果たした

ソロデビューを果たしたクォン・ウンビ(画像出典:Woollimエンターテインメント公式Twitter )

ネットユーザーの同情も一理ある。

クォン・ウンビは、IZ*ONEのリーダーとしてグループを、そして華やかなステージをリードしてきた人物だからだ。しかし、ビジネス的観点から見ると、グラビアやグッズ販売ではトップクラスとは言い難く、すなわち個人ファンダムにおいては、脆弱性が懸念されているメンバーなのである。

しかし彼女は(上述したように)8月24日、IZ*ONEの中からトップバッターでソロデビューを果たしており、これはソロアーティストとしての可能性を試したいという、本人と所属事務所の意向が合致して実現したものと見られる。HYBEからオファーがあった、なかった以前に、すでに自分の夢に向かって走り出していたのだ。

昨今、新たな活動開始を報告したメンバーに対しても、クォン・ウンビ同様「オファーをもらえない」「個人ファンが少なかったから」といった、同情的視線が注がれている。

しかし残念ながら、韓国のネットで囁かれるIZ*ONEメンバーの”格差”は、各所属事務所のビジョンと、本人の夢が完全に無視された自分勝手な”安い同情”に過ぎないのだ。



IZ*ONE(アイズワン)

IZ*ONE(アイズワン / ハングル 아이즈원)は、韓国と日本合同のグローバルガールズグループである。
2018年に韓国の音楽専門チャンネルMnetで放送された日韓合同オーディション番組「PRODUCE 48」を通して、韓国の芸能事務所に所属する練習生57人、日本のAKB48グループに所属するアイドル39人、総勢96人の練習生から、韓国の視聴者投票で選ばれた12人のメンバーによって結成された。

IZ*ONE(アイズワン) プロフィール&記事(333)

最新韓流とK-POPニュース

人気ニュース

IZ*ONE(アイズワン) 動画をみる

最新ニュース

おすすめニュース