これまで幾度もメディアを揺さぶってきたハン・ソヒ。今回は、悪質なネットユーザーから送られた悪意のメッセージをSNSで公開し、自らも悪質なネットユーザーを攻撃していることで物議を醸している。

アイドル歌手練習生出身のハン・ソヒ(ハングル 한서희)が、再び世間の関心を買っている。

ハン・ソヒは1月20日、自身のインスタグラムを通じてあるネットユーザーから送られたDM(ダイレクトメッセージ)のキャプチャー写真を公開した。

悪質なユーザーからのDMを公開したハンソヒ

悪質なユーザーからのDMを公開したハン・ソヒ(写真提供:©スポーツ韓国 画像出典:ハン・ソヒ Instagram)

公開された写真には、匿名のインターネットユーザーから「ハン・ソヒさん、謹んで故人の冥福をお祈ります。そこでは幸せになってください(笑)」と書かれており、ハン・ソヒに対して悪意のメッセージを送っている。

ハン・ソヒは、この日の前日である1月19日、故ク・ハラの納骨堂を訪れ「韓食ラバー(lover)ク・ハラさん、キムチチゲを準備しました。美味しく食べてね。今日はとても嬉しかったよ。夢でまた会おうね」という文と写真を公開。

故クハラの納骨堂を訪れたハンソヒ

故ク・ハラの納骨堂を訪れたハン・ソヒ(画像出典:ハン・ソヒ Instagram)

故人を称え、親しい友人を失った痛みを表わし遺憾の意を示す掲示物を投稿した後、ハン・ソヒに向けられた悪質なコメントが公開されると、インターネットユーザーたちは「生きている人に冥福を祈るって..度を超えたね。悪質なコメントは本当に無くなるべき」「ハン・ソヒの事が嫌なら見なければいいのに。結局気になっているじゃん。わざわざ悪口を言う人たちの気が知れない」などの反応を寄せている。

これに対し、ハン・ソヒは再び自身のインスタグラムを通じて悪質なユーザーに向けて牙を剥いた。

悪質なユーザーを攻撃するハンソヒ

悪質なユーザーを攻撃するハン・ソヒ(画像出典:ハン・ソヒ Instagram)

ハン・ソヒは「私が、人々の関心を集めるために極端な行動をとるって?人は誰でも関心を望んでる。でもあんた(悪質なユーザー)たちは有名ではなく、あんたたちに誰も関心は持っていないから。私は有名なの。その違いだけ」とコメント。

さらに「あんたたちが私を有名にさせたんじゃない(笑)誰が有名になりたいって?私が何をするのか一つ一つ記事を出してくれて、そこに反応してコメントを付けて。私のファンだよね」と伝えた。

最後にハン・ソヒは「とにかく私への関心はすごく多いです。あんたたちは自分の人生を生きなさいよ(笑)どうして20代の女性に関心を持ってるの。本当に不快」と悪質なユーザーを攻撃した。

今回、一部始終の報道を耳にした一部のネットユーザーたちは「悪質なユーザーを攻撃している内容は悪質ではないですか?」「まず、悪口を言われるような振る舞いをしていないか自身の行動を振り返ってみてください」という意見が見られる一方で、「ハン・ソヒさん応援しています!」などの意見も見られ、甲論乙駁(こうろんおつばく)のやり取りが続いている。