10月26日に軍服務を終えて除隊したG-DRAGON(本名 クォン・ジヨン)に、実姉のクォン・ダミさんはもちろん、BIGBANGのメンバーT.O.P(トップ)もお祝いのメッセージを伝えて自身のインスタグラムを通じてG-DRAGONとの会話を公開し、熱い関心で溢れている。

K-POPグループBIGBANG(ビッグバン)のG-DRAGON(ジードラゴン / 本名 クォン・ジヨン)が除隊し、韓国をはじめとし日本や中国などから集まった約3000人のファンたちからのお祝いはもちろん、実姉のクォン・ダミさんとBIGBANGのメンバーT.O.P(トップ / 本名 チェ・スンヒョン)のお祝いのメッセージなど話題の一日となった。

10月26日に除隊したGDRAGON

10月26日に除隊したG-DRAGON(写真提供:©スポーツ韓国)

G-DRAGONは10月26日午前、京畿道(キョンギド)龍仁市(ヨンインシ)に位置した陸軍地上作戦司令部にて除隊を迎え「軍服務を終えて戻ってきました。待っていて下さって、また沢山の人々が来てくださって感謝しています。今後本業に戻って忠実に臨みます」と短く心境を残した。

昨年2月27日に現役で入隊し、江原道(カンウォンド)鉄原(チョルウォン)陸軍第3歩兵師団白骨(ペッコル)部隊新兵教育隊で服務してきたG-DRAGONは、当初服務中だった江原道鉄原で除隊予定だった。

しかし、現地がアフリカ豚コレラウイルス(ASF)の検出境界地という点で、この日除隊の現場に集まるファンたちと取材陣など多くの人たちを考慮し、急遽除隊場所を龍仁に変更して挨拶の場を持つこととなった。

この日、T.O.Pも自身のインスタグラムストーリーを通じて、G-DRAGONとのメッセージの一部をキャプチャーして投稿。

公開された写真の中には、T.O.Pが「除隊おめでとう。Free G! Congrats」とメッセージを送ると、G-DRAGONから除隊の写真と共に「軍生活の間、ずっと僕の時間を責任取ってくれてありがとう、兄さん」と返信され、G-DRAGONとT.O.Pの相変らぬ友情と、BIGBANGの歌謡界カムバックに対する期待感をより一層高めている。

GDとのやり取りをインスタストーリーに公開したTOP

G-DRAGONとのやり取りをインスタストーリーに公開したT.O.P(画像出典:T.O.P Instagram Stories)

また、G-DRAGONの実姉クォン・ダミさんも、弟の除隊を自身のインスタグラムでお祝い。

そこには「ウェルカムバックお祝いパーティー。私たちの家族、完全体」という文と共に除隊したG-DRAGONをはじめ、両親とクォン・ダミ&キム・ミンジュン夫婦の家族全員が集まった写真を公開して温かさを伝えた。

GDの除隊をお祝いする実姉クォンダミさん

G-DRAGONの実姉クォン・ダミさんもインスタでお祝い(画像出典:クォン・ダミ Instagram)

G-DRAGONは、2006年にBIGBANGとしてデビューし「LIES(거짓말)」「HaruHaru」「FANTASTIC BABY」など多くのヒット曲をリリースしてきたが、現在所属事務所であるYGエンターテインメント(以下:YG)は様々な論議に包まれている。

しかし、このような状況の中でもG-DRAGONの除隊はYGにとって大きな転機になると予想される。

今回除隊現場にグローバルなファンたちが集まったことで、G-DRAGONのブランド価値が以前と変わらぬ大きな波及効果を持っているという点、T.O.Pとの会話で見せた熱い友情でBIGBANGの帰還を期待させる点などで、YGに変化を呼び起こすものと見られる。

BIGBANGの残りのメンバーであるSOL(ソル / 本名 トン・ヨンベ)とD-LITE(ディーライト / 本名 カン・テソン)は11月に除隊する予定で、BIGBANGのメンバーたちがYGの危機を救うことが出来るのか今後の活躍に関心が集まっている。