感染の拡大を見せる新型コロナウイルス。この状況を受け韓国の女優がインスタグラムを通じて手指消毒液の販売を行なったが、この行動が韓国ネット上で議論の的となった。ネットユーザー達は今回の彼女の行動を「コロナウイルス感染拡大を利用したマーケティング」と批判したが…?

コロナウィルスの猛威が広がる中でモデル出身の女優が取った行動が議論を呼んだ。

現在その感染力の強さから世界中を恐怖に陥れているコロナウイルス。
隣の国、韓国でもコロナウイルスは猛威を振るっており日々、マスクや消毒液の需要は日本同様に非常に高い状態となっている。

そのような状況の中、過ぎた2月23日にモデル出身の女優、ビョン・ジョンス(ハングル 변정수)は手指消毒剤の行うことを自身のインスタグラムを通じて発表した。

手指消毒液を販売し非難の声を浴びた女優

コロナウイルスの感染が拡大する中、手指消毒液の販売を行なった女優、ビョン・ジョンス(出典:ビョン・ジョンス公式INSTAGRAM)

この日、コロナウイルスの確定感染者が増加しているという情報をインスタグラムにて共有しながら、“これはどういうことですか?”と現状に対する驚きを表わした彼女。
続けて彼女は“皆さんがとても不安がってらっしゃるので再びオープンします”と自身が運営する手指消毒液の販売ページのURLと商品の宣伝を行なった。

今回、彼女が手指消毒液の販売を行った事に対しネットユーザー達からは“必要なものが買えて嬉しい”という喜びの声が聞かれることに。
しかし、その一方では“誰もが消毒液を求めているこの切迫した状況を利用して、マーケティングを行なっているようで不適切に思われる”という批判の声も聞かれた。

今回手指消毒液の宣伝を行なうと同時に“インスタグラムの友達にきちんとした商品を届けるのが私の最善です”という文章を綴ったビョン・ジョンス。
彼女が“最善”と語る今回の行動はパク・ソジュン等を初めとする芸能人達の寄付活動の比較対象となっており、ネット上からは

「寄付をする人がいる中でこれを機にお金儲けをしようとするなんて…」
「寄付活動をしている人がいる中でお金儲けをする自分が恥ずかしくないの?」
「寄付活動が話題になっている中で消毒液を売るのが最善だなんてよく言えたね」
「消毒液を売って利益を得るのはあなたにとっての最善でしょ」
「こういうときって人間性が現れるね」

という彼女に対する失望を表わす声が非常に多く聞かれた。

こうした状況の中、23日再びインスタグラムを更新し、“この時期に販売を行う事を悩んでいたがマスクなどの価格が高騰する中、自身に出来る役目を探した”と議論に対し自身の立場を明かした。
また、“全ての国民に配る事が出来ないなら、中小企業製品を良い価格で販売することは悪化している経済状況の改善にも貢献できると考えた”ということも伝えたビョン・ジョンス。
そんな彼女は文章の中で“今回受けた叱咤の声も受け入れ、多くの方々と疎通してこの事態を克服したい”との思いを訴え、コロナウィルスに立ち向かう人々に感謝の意を伝えた。

手指消毒液を販売し非難の声を浴びた女優

長文で今回の消毒液販売に対する思いを語ったビョン・ジョンス(出典:ビョン・ジョンス公式INSTAGRAM)

彼女が立場を発表したのち、ネット上からは「消毒液が欲しくても買えない中売ってくれる人を批判する理由が分からない」等という彼女を擁護する声も多く見られる事となった。

一向に収束する気配が見えないコロナウィルス感染の拡大。
終わりの見えないこの状況下で人々の助けになるのは寄付活動のみではないということを頭に入れておきたい。