BTS(防弾少年団)のメンバーV(ブイ)がある人物にサインをおねだりした。Vがどうしてもサインが欲しい人物は、どうやら彼の”母”と関連があるようだが‥。

多忙なスケジュールで移動中の食事が多いBTS(防弾少年団)。

BTSは世界各国で活躍している

世界各国で活躍するBTS(画像出典:BTS公式FaceBook)

海外スケジュールが多いだけに、早朝から朝ごはん抜きで空港に車移動する事も彼らにとっては、日常茶飯事だ。

そんな彼らの空腹を満たしてくれる存在がいる。その存在とは、メンバーVの母が用意してくれる軽食だ。主に、キンパ(韓国風海苔巻き)やサンドイッチが多いという。

昨年放送された、JTBC番組『In the SOOP BTS ver.』を観ると、彼らがいかにVの母親が用意してくれる軽食に依存(?)しているかがわかる。

朝ご飯を抜き、車に乗り込んだSUGAが元気のない顔で「お腹空いた」とこぼすと、リーダーのRMがVの母が作ったキンパとサンドイッチを鞄から取り出した。

SUGAはVの母が作ったキンパを食べている

Vの母が作ったキンパを美味しそうに食べるSUGA(画像出典:In the SOOP BTS ver. 映像キャプチャー)

また別の車で移動していたJ-HOPEは、Vの母からの軽食を嬉しそうに取り上げ「*テヒョンの母ちゃんが作ってくれた、サンドイッチとキンパで1日をスタートしてみようか!」と、鼓舞している。

*テヒョン:Vの本名、キム・テヒョン

そしてジョングクは「本当にありがたい」と感動し、料理の腕前を持つジンは「簡単なことではないのに‥」と、感極まっていた。

BTSメンバーも感動する理由には、テテママ(Vのあだ名+ママ)のおもてなしだけではない。完成度の高い味も、メンバーたちに感動を与えているのだ。

実は、その”感動の味”の秘密を、息子のVがカミングアウトした。

去る19日に公開された『走れ バンタン(RUN BTS!)』に、料理研究家のペク・ジョンウォン氏が特別出演し、メンバーたちの手料理を堪能した。

『走れ バンタン』に出演した料理研究家のペク・ジョンウォン

BTSのリアルバラエティー『走れ バンタン(RUN BTS!)』に料理研究家のペク・ジョンウォンが出演した(画像出典:BTS公式Twitter)

韓国が誇る料理研究家を目の前にして、興奮が抑えきれなかったVはサインをおねだり、その口実は「母がペク・ジョンウォン氏のおかげで料理を習得した」とのこと。おまけに「(ペク・ジョンウォンは)韓国料理を全うするお父さん」と、ゴマすりを披露するシーンも。

料理研究家であり、ホテルやレストランチェーンを経営する企業家であるペク・ジョンウォン氏は、様々なテレビ番組を通して韓国の主婦にレシピを伝授。Vの母も『ペク・ジョンウォン レシピ』の、熱血な信奉者の一人であるようだ。

ペク・ジョンウォンにサインをおねだりするV

Vがペク・ジョンウォンにサインをおねだり(画像出典:『Run BTS!』動画キャプチャー)

以前、RMは「テヒョンの母に一度も会ったことがないけれど、親しみを感じる」と告白したことがある。

BTSの最強のチームワークと結束力の裏には、母の真心が込められた手料理があるという、微笑ましいエピソードだ。

テテママにとっては、7人の息子の面倒をみる”幸せな日常”なのだろう。



BTS

BTS(防弾少年団)は2013年6月13日にデビューした韓国の7人組男性アーティストグループで、パン・シヒョクのプロデュースにより誕生した。

HYBE(旧Big Hitエンターテインメント)所属。

デビューアルバムは『2 COOL 4 SKOOL』、デビュー曲は『No More Dream』。グループ名の”防弾少年団”には、10代、20代に向けられる抑圧や偏見を止め、自身たちの音楽を守りぬくという意味が込められている。

ハングル表記は”방탄소년단(バンタンソニョンダン)”から”バンタン”と呼ばれることが多い。

BTS 最新記事はこちら(2500)







ご意見を自由にコメントしてください!

記事に関するご意見や情報提供はこちらのフォームをご利用ください。

編集部おすすめ記事blank

サイトの広告について

Danmee(ダンミ)は、収益化の一環としてオンライン広告を展開しております。広告の内容(公序良俗を害するもの)や、可読性の低下につながる広告に関するご意見はこちらのフォームをご利用ください。

この記事と関連度が高いトピック

現在読まれています!

最新記事

RECENT TOPICs