ガールズグループBLACKPINKが、ヒップホップと韓服の絶妙な融合を魅せて話題になっている。過去にはBTS(防弾少年団)も韓国の伝統文化をコンセプトにしたパフォーマンスを披露。今、K-POP界では韓国の伝統文化が新トレンドになっているようだ。

BLACKPINK(ブラックピンク)が、新しい歴史を刻んでいる。

BLACKPINK

BLACKPINK(画像出典:BLACKPINK Instagram)

BLACKPINKは、6月26日アメリカNBC『The Tonight Show Starring Jimmy Fallon(ザ・トゥナイト・ショー・スターリング・ジミー・ファロン)』で新曲『How You Like That』のステージを初公開。該当のステージは同時接続者数21万人を記録し、BLACKPINKのグローバルでの人気を実感させた。

ラグジュアリーで美しいイメージを持ちながらも、圧倒的なカリスマを誇るBLACKPINK。

特に今回の新曲では、韓服を着用する際に付ける小物“ノリゲ”を肩章として着用し、クロップド丈(へそ出しトップス)にリメイクされた韓服衣装をリリースして多くの話題を集めている。

世界から注目されているBLACKPINKの韓服

世界から注目されているBLACKPINKの韓服(画像出典:BLACKPINK Youtube)

韓国の各種芸能媒体によると、BLACKPINKに韓服を提供したある業者の代表は「BLACKPINKの衣装に対する関心が溢れており、全世界から衣装と購買価格に対する問い合わせが相次いでいる」と嬉しい悲鳴を上げているという。

また、業者の代表は「海外の人々は、普段東洋風の衣装というと日本の着物を先に思い浮かべるが、今回BLACKPINKが韓服を着たことで、韓服のイメージが強く刻まれることになった」とし「韓服は日常で着用しづらいという先入観があるが、そのような認識も変わる契機になったら良いだろう」と伝えている。

韓服などの韓国文化を広く知らせることに貢献しているのは、BLACKPINKだけではない。

先月22日、BTS(防弾少年団)のSUGA(シュガ)が活動名“Agust D”として公開したミックステープ『D-2』のタイトル曲は『Daechwita(대취타 / 大吹打)』で、これは朝鮮時代の韓国の伝統軍楽である”大吹打”をサンプリングして作られた曲だ。

伝統軍楽を取り入れたBTSのSUGA

伝統軍楽を取り入れたBTSのSUGA(画像出典:Big Hit Labels Youtube)

パンソリ(韓国の伝統的民俗芸能)から始まるこの曲のミュージックビデオは、宮殿を背景に撮影が行われ、壮大な演出とSUGAの強烈なラップが加わり、異色な雰囲気を漂わせた。

また、BTSは2018年にリリースした『IDOL』のミュージックビデオでも韓服を着用し、世界のファンたちに韓国の伝統文化の美しさをリリースしたことがある。

SNSやYoutubeが発展し、K-POPアイドルの影響が大きくなっている昨今。BTSや、今回のBLACKPINKの事例によって、新鮮で異色な韓服が世界の人々から注目を浴びている。

今後は衣装だけでなく、食べ物や韓国式家屋といった韓国の衣食住がK-POPコンテンツにさらによく溶け込み、これまで特殊文化として見なされていた韓国文化が、主流文化に成長する日が来るかもしれない。




BLACKPINK『How You Like That』(The Tonight Show)(動画出典:The Tonight Show Starring Jimmy Fallon)

Agust D『대취타』MV(動画出典:Big Hit Labels)

BLACKPINK

BLACKPINK(愛称 ブルピン / ハングル 블랙핑크)は、韓国のガールズグループ。2016年にYGエンターテインメントによって結成。
メンバーは韓国出身のジス、ジェニー、オーストラリア出身のロゼ、タイ出身のリサによる4名。公式ファンクラブ名は「BLINK(ブリンク)」。

BLACKPINK プロフィール&記事(153)