新型コロナウイルス感染の影響で夏の映画市場は大きく揺らいでいる。そんな中、大衆から多くの注目を浴びているのが、ハリウッド大作ではなく”韓国映画”だ。韓国人が期待する、韓国映画3作品とは。

新型コロナウイルスの影響で、今夏に公開を控えたハリウッド大作が続々と延期になってしまった韓国の映画界。

そんな中、最大の繁忙期である”夏シネマ”に活気を戻すのは3本の韓国映画だと予想されている。

今夏注目を集める韓国映画

韓国で最も期待されてる新作映画がこちらの3作品!(写真提供:©スポーツ韓国)

韓国国民が注目しているのは、これからご紹介する3作品。

いずれも”海外で愛されるビッグスター”の出演かと思いきや、抜きんでた実力を持つ演技派俳優がキャスティングされている”骨太”な作品ばかり。

“韓国人が期待している今夏公開映画”である三つ巴戦、果たして軍配は‥?

『半島』

ゾンビバスター職人、ヨン・サンホ監督が帰ってきた!

カン・ドンウォン主演の映画『半島』

『半島』スチールカット(写真提供:©スポーツ韓国)

7月15日、映画『半島』(監督:ヨン・サンホ)がスクリーンに登場する。

本作は、『新感染 ファイナル・エクスプレス』から4年、廃墟と化した地中に残された者たちが繰り広げる、最後の死闘を描いたアクション・ブロックバスター劇。

2020年のカンヌ国際映画祭への招待前からすでに海外バイヤーたちの関心が寄せられ、185ヶ国の先行販売を達成したことでも話題を集めた作品だ。

見どころは、デビュー以来最も強烈なアクションに挑戦したカン・ドンウォン、イ・ジョンヒョンらの一味違った魅力だろう。

また、韓国を背景にしたポストアポカリプス世界観がどのように具現されたのか、期待が集まっている。中でも、九老(クロ)デジタル団地、梧木橋(オモッキョ)、セビットゥンドゥン島など、親しみある都心を背景に具現されたビジュアルがネガティブな衝撃を与えると予想されている。


『半島』予告ティーザー(動画出典:Youtube)

『ただ悪から救ってください』

ファン・ジョンミンとイ・ジョンジェが披露する、洗練されたハードボイルドアクション!

映画『ただ悪から救ってください』

映画『ただ、悪からお救いください』スチールカット(写真提供:©スポーツ韓国)

8月に公開予定の『ただ悪から救ってください』(監督:ホン・ウォンチャン)も今夏期待作のひとつ。

本作は、最後の請負殺人ミッションのため新たな事件に巻き込まれるインナム(ファン・ジョンミン)と、彼を追う無慈悲な追撃者レイ(イ・ジョンジェ)の凄まじい追撃と死闘を描いた追撃アクション。

『パラサイト 半地下の家族』のホン・ギョンピョ撮影監督をはじめ、優れた制作陣が作り出した異国的なビジュアルとスタイリッシュな映像にも関心が集まっている。

中でも特に期待を集めているのは、映画『新しき世界』以来、7年ぶりに再会したファン・ジョンミンとイ・ジョンジェの呼吸だ。

特にファン・ジョンミンはヒットマンのキャラクターで高強度のアクションに勝負をかけている。一方のイ・ジョンジェは、一度決めたターゲットを逃さない無慈悲な追撃者レイ役で、“ダークセクシー”の頂点を新たに決めたという。


『ただ、悪からお救いください』予告ティーザー(動画出典:Youtube)

『鋼鉄の雨2:首脳会談』

チョン・ウソン、クァク・ドウォン、ユ・ヨンソクが描く予測不可能ドラマ!

『カン・チョルビ2:首脳会談』スチールカット(写真提供:©スポーツ韓国)

7月29日(水)に封切りを控えた映画『鋼鉄の雨2:首脳会談』(監督:ヤン・ウソク)も、今夏の興行を期待させる注目作だ。

米朝韓の首脳会談中、北朝鮮のクーデターにより3人の首脳が北朝鮮の潜水艦に拉致されることから繰り広げられる、“戦争直前”の危機的状況を描いた緊張感あふれる作品だ。

現実感のあるストーリーラインをもとに、韓国大統領に扮したチョン・ウソン、クーデター主導者の北朝鮮護衛総局長役にクァク・ドウォン、北朝鮮最高指導者を演じたユ・ヨンソクらが魅せる熱いドラマとアクションにも期待が集まっている。


『鋼鉄の雨2:首脳会談』予告ティーザー(動画出典:Youtube)



以上、“韓国人が期待している今夏公開映画”をご紹介しました。

他の繁忙期市場よりも、俳優のラインナップが華やかで、スケールの大きい作品が集まった今夏作。ご紹介した3作品ともに、それぞれカラーが異なるので選ぶ楽しさも魅力のひとつとなっているようです。
いずれも個性の強い作品とあって、国内だけでなく海外映画ファンからの注目も浴びそうですね。

次回のオスカーを賑わせるのは、この中の作品かも‥しれません。

ⓒ 한국미디어네트워크 提供(http://sports.hankooki.com/)
本記事は韓国MEDIA NETWORKが運営するスポーツ韓国の記事内容の一部あるいは全部 及び写真や編集物の提供により作成されております。