7人組ボーイズグループBTS(防弾少年団)の際立った活躍ぶりが話題を集めている。今回は、アメリカ・ビルボードのメインシングルチャート”Hot 100″で7週連続1位だった『Butter』から最新曲『Permission to Dance』へ1位のバトンタッチに成功した。

7人組ボーイズグループBTS(防弾少年団)が、BTSからBTSへバトンタッチに成功した。

バトンタッチに成功したBTS

BTSからBTSへ、バトンタッチ成功!(画像出典:BTS JAPAN公式Twitter)

5月21日にリリースされ、アメリカ・ビルボードのメインシングルチャート”Hot 100″で7週連続1位を取っていた『Butter』が、ついにその1位の座を明け渡したが、今週見事1位に輝いたのは、最新曲『Permission to Dance』だ。

この楽曲はイギリスの人気シンガーソングライターであるエド・シーランとコラボした曲で、今月9日にリリースされたシングルCD『Butter』に同時収録された新曲。

軽快で明るく楽しいダンスポップジャンルの楽曲で、ピアノやストリングスサウンドがより爽やかな印象を残し、ミュージックビデオの国際手話を取り入れたダンスや、メンバー以外の出演者などが話題を集めていた。

(関連記事)BTS ‘Permission to Dance’ 手話パフォーマンスが話題‥WHO事務局長もSNSで反応

本日、歴史的なバトンタッチの報道を受け、以前『Butter』が5週連続1位を取った際の、メンバーSUGA(シュガ)の「バトンタッチ行こう」という書き込みを思い出すファンも多いだろう。

ついに、*”ミンストラダムス”の書き込みが現実となったのだ。

*ミンストラダムス:SUGA(本名:ミン・ユンギ)の言ったことが現実になることからつけられたあだ名。

(関連記事)BTS『Butter』ビルボード 6週連続1位なるか!? SUGAが言う’バトンタッチ’とは

今回の快挙に関してビルボードの記録を見ると、見落としがちな大記録3つの存在に気づく。

その大記録を羅列してみると、

  1. 同じアーティストが1位をバトンタッチしたのは2018年、カナダ出身のラッパー、Drake(ドレイク)以降初めて
  2. 10カ月2週間で5曲(『Dynamite』、『SAVEGE LOVE』、『LIFE GOES ON』、『Butter』、『Permisson To Dance』)が1位を獲得、これは1987-88年のマイケル・ジャクソンの記録(9カ月2週間)に次ぐ、最速記録
  3. バンドやグループとしては初めて、4回、”Hot 100″で初登場1位を獲得

ちなみに、7週連続1位だった『Butter』は未だに7位にランクインしている状況だ。

BTSの『Permission To Dance』が"Hot 100"で1位を獲得

1位をバトンタッチした『Butter』は7位にランクイン中(画像出典:billboard charts公式Twitter)

BTSの今回のバトンタッチは、単純なバトンタッチではなく、多くの記録に関わる意味深いものとなった。

次は「『Permission to Dance』がいつまで”Hot 100″の1位を取ることができるのか」と、ARMY(アーミー:BTSファンの名称)は期待を寄せているようだ。

BTS

BTS(防弾少年団)は2013年6月13日にデビューした韓国の7人組男性アーティストグループで、パン・シヒョクのプロデュースにより誕生した。

HYBE(旧Big Hitエンターテインメント)所属。

デビューアルバムは『2 COOL 4 SKOOL』、デビュー曲は『No More Dream』。グループ名の”防弾少年団”には、10代、20代に向けられる抑圧や偏見を止め、自身たちの音楽を守りぬくという意味が込められている。

ハングル表記は”방탄소년단(バンタンソニョンダン)”から”バンタン”と呼ばれることが多い。

BTS プロフィール&記事(1589)




人気ニュース

BTS 動画をみる

最新ニュース

おすすめニュース