BLACKPINK(愛称 ブルピン / ハングル 블랙핑크)が今年初めて発表された「TIME 100 NEXT 2019」に選定された。錚々たるポップスターや有名人たちと共に肩を並べた。

BLACKPINK(愛称 ブルピン / ハングル 블랙핑크)が’TIME 100 NEXT 2019’に選定された。世界的なスターとともに未来を導く人物として注目された。

アメリカの時事専門誌TIME(タイム)は14日(日本時間)、ホームページを通じて「BLACKPINKはアメリカではまだ知名度が高くないスターかもしれないが、YouTubeではすでに最高として君臨している。 彼女たちのYouTube登録者数は3100万人で、世界の音楽グループの中で一番多い。」と説明した。

続けて「BLACKPINKは今年、コーチェラの舞台で公演した初のK-POPガールズグループとなった。 言葉の壁を乗り越え、グローバル舞台を開く新時代を予告した。 BLACKPINKの成功は’DDU-DU DDU-DU’ミュージックビデオ10億再生の達成を手助けしたBLINK(BLACKPINKのファンの総称)の皆さんのお陰だ」と説明した。

'TIME 100 NEXT 2019'に選定されたBLACKPINK

BLACKPINKが’TIME 100 NEXT 2019’に選定された!(写真提供:©スポーツ韓国)

「TIME 100 NEXT」は今年初めて発表された。

ソーシャルメディアの浮上など影響力の本質が変化していることによるTIMEの選択である。 「影響力のバロメーター」を自任してきたTIMEの新しい試みが示唆するところが大きい。

TIMEは’世代交代’を言及し、ビジネス、エンターテイメント、スポーツ、政治、科学、健康及び未来を作っていく100人のスターたちを選定したと明らかにした。

BLACKPINKはこの「TIME 100 NEXT」でカミラ・カベロ(Camila Cabello)、ビリー・アイリッシュ(Billie Eilish)、エズラ・ミラー(Ezra Miller)など、錚々たるポップスターや有名人たちと肩を並べた。
特に「Phenoms部門」に挙げられ、K-POPグループとしてさらに世界的な活動が期待される歌手として認められた。

BLACKPINKの’DDU-DU DDU-DU’ミュージックビデオは去る11日YouTube基準、再生回数10億回突破。 K-POPグループの単一ミュージックビデオコンテンツがYouTubeで再生回数10億代を記録したのは、BLACKPINKが初めてだ。

米フォーブス、ビルボードをはじめ、海外のメディアは、BLACKPINK’DDU-DU DDU-DU’再生回数10億回突破を大きく扱ったことがある。


BLACKPINK「DDU-DU DDU-DU」MV(動画出典:BLACKPINK
ⓒ 한국미디어네트워크 提供(http://sports.hankooki.com/)
本記事は韓国MEDIA NETWORKが運営するスポーツ韓国の記事内容の一部あるいは全部 及び写真や編集物の提供により作成されております。