2011年のデビューから今年で10周年を迎えたK-POPガールズグループApink(エーピンク)。これまで”清純アイドル”というコンセプトで活動していたが、リーダーのチョロンが未成年時の飲酒を認めたことでオンラインでは甲論乙駁が続いている。(写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

“清純”なイメージで活動を続けていたガールズグループApink(エーピンク)のリーダーパク・チョロンが、未成年時に飲酒した事実を認めて謝罪した。

未成年時に飲酒した事実を認めたApinkのパクチョロン

Apinkのパク・チョロンが未成年時に飲酒した事実を認めた(写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

パク・チョロンは4月6日、自身のインスタグラムを通じて「こんにちは、パク・チョロンです。このような事でご挨拶することになり申し訳ございません」と長文を掲載。

彼女は「未成年時の飲酒写真と関連して、ご心配をおかけして申し訳ございません。幼い時期の愚かで誤った行動によって、私を応援してくださった全ての方を傷つけてしまいました。いかなる弁解の余地もなく、心より謝罪申し上げます」と伝えた。

また、これに加えて浮上した校内暴力疑惑については「潔白だということを申し上げます。私は、友人の頬を殴ったことも、服を脱がせたことも、暴行したこともありません。これと関連し、当時現場の証言などをもとに、潔白を証明するため最善を尽くします」と”事実無根”の立場を守っている。

これに先立ち4月5日、あるメディアが、パク・チョロンから路地で集団暴行されたと主張した被害者のインタビューを公開。また、4月6日にはオンライン上でパク・チョロンの過去の写真が数枚掲載され、該当写真にはパク・チョロンが飲み屋で友人たちと共に酒を飲む姿が含まれており、当時彼女は高校在学中だったことが明らかとなった。

(関連記事)Apink パク・チョロンの校内暴力を暴露した被害者「路地で集団暴行に遭った」

"清純"なイメージで活動を続けていたパクチョロン

パク・チョロンは”清純”なイメージで活動を続けていた(写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

パク・チョロンは、2011年にApinkのリーダーとして歌謡界に正式デビューしたのち、昨年には、映画『不良な家族』に出演して女優としても存在感を表わし、音楽活動や演技活動など多様な分野で個人活動を繰り広げ、デビューから10年間粘り強い人気を見せていた。

韓国芸能界では、これまでも校内暴力に関するイシューが報じられてきたが、その中でも今回パク・チョロンが大きく注目されている理由は、彼女はかつてJYPエンターテインメント(以下、JYP)の練習生出身だったということ(現在はPlay Mエンターテインメント所属)。皮肉にもJYPは普段から練習生に対して”人格”を重視して教育することで有名であるためだ。

パク・チョロンがJYP練習生だったという過去を知る一部のネットユーザーからは、「パク・ジニョン(J.Y. Park)が言ってたじゃない。才能が優れていても、人柄で議論になりそうな子はアイドルに選ばないって」「デビュー10周年にリーダーが”清純アイドル”のイメージを壊したね」「(Apinkは)清純アイドルとして営業していたんだね。もうそのイメージで売り込むことはやめてね」など辛辣な反応が寄せられている。

しかし一方では、「未成年で飲酒している子もいるでしょう? 結構そういう子、多いんじゃない?」「飲酒は認めても校内暴力は否認しているから、もう少し様子を見守ってみようよ」「チョロン、頑張って」など擁護の声も上がるなど、ネット上では甲論乙駁が続いているようだ。



人気ニュース

Apink 動画をみる

最新ニュース

おすすめニュース