かつて日本で”韓国のマチャミ(久本雅美)”と呼ばれ、バラエティー番組に多数出演していた韓国の女性お笑い芸人チョ・ヘリョン。最近彼女が、名門高を中退した長女の近況を明かした。

韓国の女性お笑い芸人ヘリョンが、名門校高校を中退したという長女の近況を伝えた。

今月13日に放送されたチャンネルAの番組『犬の骨』に、チョ・ヘリョンが出演した。

引きこもっていた娘の近況を明かすチョ・ヘリョン。

チョ・ヘリョンは引きこもっていた娘の近況を明かした。(画像出典:チャンネルA 動画キャプチャー)

この日の放送でヘリョンは「子どもたちの話が出たんだけど、今ユナが21歳、ウジュが19歳だ」と話し「かつて、(ユナとウジュが働く)お母さんの忙しさに不在を感じていた」と回想。

(関連記事)‘韓国のマチャミ’と呼ばれ日本でも活動、ヘリョンの母性あふれる近況

「娘は中学3年まで全校1位で、名門高校に入学したんだけど、2カ月後に辞めてしまった。退学後の娘は、1年間家で横になっていた」事を明らかにした。

続けて「娘は迷っていた時間を克服して、今は”経済的にお母さんから独立したい”と言ってコンビニでアルバイトを始めた」と言う。

チョ・ヘリョンは、2012年に離婚。それから2年後の2014年に2歳年下の男性と再婚した。2人はチョ・ヘリョンが中国活動をしている際に出会い、互いに好感を持ったそうだ。

昨年放送されたテレビ朝鮮『人生ドキュメンタリーマイウェイ』でヘリョンは「中国での活動を調べていた時、偶然夫に出会った。気さくで飾り気のない姿に惚れた」と言及している。

チョ·ヘリョンと親しいタレントのパク·ミソンは「再婚した人の中で、一番成功した人がチョ·ヘリョン」と話し、注目を集めた。

ⓒ TOPSTAR NEWS 提供(http://www.topstarnews.net/)
本記事は韓国Social Media Networks Co., Ltd.が運営するTOPSTAR NEWSの記事内容の一部あるいは全部 及び写真や編集物の提供により作成されております。