ドラマや映画に欠かせない、キスシーン。そのなかでも女優チョン・ジヒョンのキスシーンに注目が集まっている。デビュー15年目にして初めて披露されたとのことだが、その相手役とは。

ドラマや映画において特に輝きを放つシーンと言えば、キスシーンだろう。
韓国の人気俳優たちはキスシーンを上手に演じられる人が多く、”キス職人”と呼ばれている人たちもいるほどだ。

(関連記事)コン・ユ、ヒョンビン、チ・チャンウク‥パク・ソジュン顔負けの韓流’キス職人’

(関連記事)‘キム秘書’とのあのシーンがとにかくヤバイ!キス職人 パク・ソジュンの偉業

なかでも特に話題を集めているキスシーンが、映画『10人の泥棒たち』(2012)に登場するチョン・ジヒョンだという。

チョン・ジヒョン

女優チョン・ジヒョン(写真提供:©スポーツ韓国、画像出典:STONEHENgE)

『10人の泥棒たち』は、韓国や香港、マカオを舞台に、生き方も目的も異なる男女10人の窃盗団チームが、世界に1つしかない幻のダイヤモンド”太陽の涙”の強奪に挑むサスペンスアクション。韓国版『オーシャンズ11』とも呼ばれ、韓国国内では1200万人以上の動員数を記録、公開した年においては興行収入1位に輝いた大ヒット作だ。

『10人の泥棒たち』

『10人の泥棒たち』(画像出典:movie.naver)

また、チョン・ジヒョンをはじめ女優のキム・ヘス、俳優のキム・ユンソク、イ・ジョンジェ、キム・スヒョン、香港の名優サイモン・ヤムなど、アジアの豪華スターが出演したことも大きな話題となった。

息を呑むようなトリックストーリーにダイナミックなアクション、それを彩る豪華キャスト陣とさまざまな魅力的要素が詰まった本作であるが、なかでもチョン・ジヒョンにまつわるエピソードに多くの関心が集まっている。

それが、チョン・ジヒョンがデビュー15年目にして初の挑戦となった”キスシーン”だ。相手役には、いまやアジア全域で多くの人気を得ているキム・スヒョンを迎えている。

チョン・ジヒョンにとって自身初のキスシーンを披露した本作は、キム・スヒョンにとってはスクリーンデビュー作であり、ともに”初”を披露した縁を感じる作品だ。

キム・スヒョン

俳優キム・スヒョン(画像出典:キム・スヒョン Instagram)

チョン・ジヒョンは制作報告会で「初めてのキスシーンをキム・スヒョンとともにできて満足です」とし「キム・スヒョンに『もしかしてあなたも初めて?』と聞きましたが、違うと答えられて。少し損をしたような気がしました」と悔しい感想を話し、笑いを誘っていた。

これに対しキム・スヒョンは「チョン・ジヒョン先輩を見れば感情を込められたので、その力で最善を尽くしました」と答えている。

チョン・ジヒョンはこれ以降、ドラマ『星から来たあなた』(2013)で再びキム・スヒョンと、『青い海の伝説』(2016)でイ・ミンホと甘いキスシーンを披露している。

チョン・ジヒョンとキム・スヒョン

『10人の泥棒たち』チョン・ジヒョンとキム・スヒョンのキスシーン(画像出典:movie.naver)

『星からきたあなた』

『星からきたあなた』(画像出典:SBS)

一方で、韓国のある芸能番組はチョン・ジヒョンの初キスシーンについて「2011年に公開された映画『雪花と秘文字の扇』で、ハリウッド俳優のヒュー・ジャックマンを相手に披露している」とし「当時、この映画は興行に失敗し、韓国では公開されていない作品なので誰も知らなかったようだ」と報じている。

果たしてチョン・ジヒョンの初キスシーンのお相手は、韓国俳優のキム・スヒョンなのか、はたまたハリウッド俳優のヒュー・ジャックマンなのか。どちらにせよ世界を代表するトップ俳優であることに間違いはなさそうだ。