ドラマ『トッケビ〜君がくれた愛しい日々〜』の劇中、トッケビと死神の間で複雑な運命に翻弄される役どころを熱演した女優ユ・インナ。10月21日から初回放送されている新作ドラマも2人の男性に振り回される役柄であり、『トッケビ』との類似点や、ユ・インナの魅力に関心が寄せられている。

“ロマンスコメディー職人”女優ユ・インナの新作ドラマが話題だ。

10月21日に初回放送されたMBC新ミニシリーズ『私を愛したスパイ』で女性主人公を熱演しているユ・インナ。出演作品ごとに卓越した演技力で”記憶に残るキャラクター”を更新してきたユ・インナが、今回の作品で期待されている理由とは――。

『トッケビ』出演時のユインナ

『トッケビ』出演時のユ・インナ(画像出典:tvN)

ユ・インナは、デビュー作『明日に向かってハイキック』、『最高の愛~恋はドゥグンドゥグン~』、『シークレット・ガーデン』、『星から来たあなた』、『イニョン王妃の男』、『トッケビ~君がくれた愛しい日々~』などのヒット作に出演し、優れた演技力で高評価を受けてきた。

視聴者の間では、彼女のフィルモグラフィーの中で最も記憶に残るキャラクターは、『トッケビ』で演じた”サニー役”とも言われている。

『トッケビ』の劇中、前世では王妃、現世ではチキン屋の社長、後世では女優という3つのキャラクターを演じたユ・インナ。高麗時代の英雄だったキム・シン(トッケビ / コン・ユ)の妹がサニーとして生まれ変わり、奸臣(悪だくみをする家来)に惑わされキム・シンへの嫉妬を募らせた幼き王ワン・ヨ(死神 / イ・ドンウク)の間で複雑な運命に翻弄される役どころを熱演。

クールながらもラブリーな姿、死神との切ない縁を繊細な感情の演技で表現し、”ロマンスコメディー職人”の底力を発揮。視聴者をドラマに没頭させたユ・インナは、放送毎にポータルサイトのリアルタイム検索語の上位圏を飾るほど、強烈な存在感を放った。

兄のトッケビ、自身に思いを寄せる死神の間で翻弄されるサニー役を演じたユインナ

兄のトッケビ、自身に思いを寄せる死神の間で翻弄されるサニー役を演じたユ・インナ(画像出典:tvN)

堂々と愛らしい魅力で、演じるキャラクターに躍動感を吹き込むユ・インナ。実は、今回の新ドラマ『私を愛したスパイ』も2人の男性によって運命が振り回される役柄なのだ。

『私を愛したスパイ』は、秘密が多い2人の夫と、情報戦に巻き込まれた1人の女性のスリル満点なシークレットラブコメディー。

劇中ユ・インナは、ウェディングドレスデザイナーのカン・アルムを演じている。カン・アルムはウェディングドレスを作ることを天職と思い、誰よりも情熱を注ぐ人物だが、秘密警察の元夫チョン・ジフン(エリック)と、産業スパイである現夫デリック・ヒョン(イム・ジュファン)によって、思いがけず情報戦に巻き込まれてしまい、潜在していた俊敏性と鋭い勘を発揮し、2人の男性を意のままに操る役柄だ。

ユインナの新作ドラマ『私を愛したスパイ』

ユ・インナの新作ドラマ『私を愛したスパイ』(画像出典:MBC)

2人の男性の間で翻弄される運命にカン・アルムはどう立ち向かっていくのか。『トッケビ』のサニーとは一味違うキャラクターに完ぺきに溶け込み、”人生のキャラクター”を更新することができるのか、ユ・インナの活躍に期待が集まる。