10月22日、韓国メディアは一斉に、芸能界で15年間活躍してきたエディターA氏のアイドルによる”パワハラ”暴露を打電した。ネットユーザーは、パワハラを行った張本人をRedvelvetのリーダー・アイリーンと断定する。結局その日、アイリーンは自身のSNSで謝罪を行った。

Redvelvet(レッドベルベット)のリーダー、アイリーンの”パワハラ問題”が、韓国の芸能界とネットを騒がせてから24時間が経った。

RedVelvetリーダー・アイリーン

エディターA氏に対するパワハラを謝罪したRedVelvetリーダー・アイリーン(画像出典:インスタグラム)

韓国アイドルの不祥事は海を超え、ここ日本でも話題を集めている。既に多くの日本人が、メディアやSNSを通して件の詳細を把握しており、華やかな韓国アイドルの”別の顔”に失望の色を隠せない。
「もしかしたら、私の推しも?」という不安を口にする人もいるくらいだ。

(関連記事)RedVelvet アイリーン?スルギ?パワハラ暴露が大炎上、ネットは犯人捜しに夢中

一夜経った韓国現地のネットでは、沈静化の兆しが見えるどころか、批判の矢は所属事務所のSMエンターテインメント(以下、SM)に向かおうとしている。

韓国では指折りの芸能事務所であり、K-POPシーンにおいて絶大な影響力を持つSM。彼らがこだわる”アイドル育成システム”は、世界で巻き起こっている空前のK-POPブームの”土台”だと言っても過言ではない。世界のエンターテインメント会社は、SMのシステムを褒め称えるとともに、見よう見まねで研究に励んでいるようだ。

しかし、今回”アイリーン”の不祥事により、SMの誇り高き”育成システム”を見直すべきとの声が高まっている。特に人格形成において人生で一番大事な時だと言われる”青少年時代”に、しっかりした教育がなされないのではないかと、懸念の声が聞こえるのだ。

実はSMには、アイドルを”わがまま”に育てた(?)エピソードがある。

90年代後半、第1世代アイドルが黄金時代を迎えた頃、SMは”S.E.S”という3人組ガールズグループをデビューさせる。歌唱力や美貌はもちろん、パフォーマンスに至るまで、それまで類を見なかった女性アイドルグループの誕生に、人々は歓呼した。

第1世代ガールズグループ・S.E.S

第1世代ガールズグループ・S.E.S 左からシュー、ユジン、バダ(画像出典:rruby.tistory.com/)

デビューと同時に、瞬く間に人気アイドルとなったS.E.Sは快進撃を繰り広げ”韓国女性アイドルの教科書”としてそのポストを固めていく。実際、00年代半ばから10年代にデビューした女性アイドルの多くが、S.E.Sを見てアイドルになる事を夢見たと明かすほど。

そんなK-POP史に大きな足跡を残したS.E.Sの誕生にまつわる逸話がある。(エピソード出典:namuwiki)

同社の創業者であり、現在は総括プロデューサーを務めるイ・スマン氏が、後にメンバーとなるバダ(本名:チェ・ソンヒ)をスカウトする。高校生だったバダに、当時としては破格的な提案をしてスカウトに成功。その内容とは「大学授業料全額負担と、本人が望むことはすべて叶える」というものだった。彼の誠意に心が動き、SMに入社したバダにイ・スマン氏は「あなたをリードボーカルに決めた。一緒に活動するメンバーを選んでチームを作ろう」と提案する。

当時アメリカの3人組女性グループ・TLCにハマっていたバダは、気に入った練習生2人を選び、3人組のアイドルグループにしたいとアピールしたのだが、4人組でのデビューを考えていたSMのナンバー2(当時)と対立。主張を曲げないバダに頭にきたナンバー2は「お前はチームから抜けろ!」と怒号を浴びせる。するとプライドが高かったバダは「わかりました。抜けます」と一言だけ残し、その後音信不通となってしまう。

後にこの事実を知ったイ・スマン氏は、ナンバー2に激怒。結局追い出した張本人がバダを探し出し、彼女の元へ出向いてなだめて連れ戻すことになる。以降、両者の関係は、ナンバー2がバダに仕えるという関係になったという。

もちろん、上述した逸話が、3人の間で起きた不和のすべてを説明することはできないだろう。我々が知らない何かはきっとあると思うが、イ・スマン氏が才能を持つアイドルをどのように接してきたのかが垣間見える出来事に変わりはない。

S.E.Sのメンバー・バダ

2017年3月 結婚したS.E.Sのメンバー・バダ(写真提供:©スポーツ韓国)

イ・スマン氏が、アイドルの人格教育を疎かにしてきたとは断言できないエピソードもある。過去少女時代の証言によると、SMはアイドルの”人格教育”を徹底して行ったという。上述したバダの例は、ごく一例に過ぎないかも知れないが、会社側の、アイドルの自立性を高めるという、ある種の誠意を”自分のステータス”と勘違いし、誤った認識を持ってしまうことに繋がりかねない。そして今回のような望ましくない”不祥事”の引き金になるのだ。



Red Velvet(レドベル)

Red Velvet(レッドベルベット / 愛称 レドベル / ハングル 레드벨벳)は、韓国の5人組女性アイドルグループ。
所属事務所はSMエンターテインメント。
SMルーキーズの一員で、2014年8月にデジタルシングル「행복(幸福 / Happiness)」でデビュー。
Red Velvetは先輩グループである少女時代の大衆性とf(x)の実験性の中間のコンセプトを持つとされる。

Red Velvet(レドベル) プロフィール&記事(95)