チョン・ヘインとBLACKPINK(ブラックピンク)ジスが主演を務めるJTBC『スノードロップ』は、放送前から歴史歪曲が指摘されていたが、放送開始後も議論は収まるどころかさらに大きくなっている。また批判は作品だけに留まらず、演技がほぼ初挑戦のジスの演技力にまで及んでしまっている状況だ。 (記事・写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

チョン・ヘインBLACKPINK(ブラックピンク)ジスの主演ドラマ、『スノードロップ(原題:雪降花)』が「民主化運動を軽視している」「安企部(韓国情報局)を美化するな」などの議論の中心に立つ中、ジスの演技にも指摘が及んだ。

演技がほぼ初挑戦にもかかわらず、手厳しい批判にさらされてしまったジス

演技がほぼ初挑戦にもかかわらず、手厳しい批判にさらされてしまったBLACKPINKジス。(写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

ドラマは、12月18日の初放送直後から批判や指摘が相次ぎ、「ドラマの放送を中断してほしい」という要請が、大統領府国民請願に申請され、20万人以上の同意を得た状況だ。また、各種広告や協賛企業も背を向けはじめ、「*第2の『朝鮮駆魔師』になるのでは」という憶測も出ている。

*2021年3月より放送されたSBSドラマ『朝鮮駆魔師』は、初回から物語の描写に批判が殺到し、歴史歪曲議論へと発展。全16話構成だったが、わずか2話で打ち切りとなってしまった。

(関連記事)チョン・ヘインとジス W主演『雪降花』北朝鮮のスパイを美化している?

議論は作品だけに終わらず、主人公ウン・ヨンロを演じるジスの演技も取り沙汰された。

主に指摘されたのは、発音と発声で「単語1つも聞き取りづらい」「発音も発声もめちゃくちゃ」「演技の準備ができていない人を、俳優デビューさせる所属事務所もすごいね」「自分の名前すら発音できてないけど」など、演技がほぼ初挑戦であるはずのジスに、手厳しい反応が並んでいる。

さらに、彼女の表情がイム・スホ(チョン・ヘイン扮)をはじめとする、周囲の俳優たちとトーンが全く合っていないという意見も。

『スノードロップ』は、放送前より歴史歪曲議論に巻き込まれており、そのたびに制作側も説明や配慮をしてきたが、結局その努力も泡と消え、メインキャラクターの演技力議論まで重なってしまっている状況だ。

本当に『朝鮮駆魔師』の二の舞になってしまうのか‥放送局の対応が注視されている。

ⓒ TOPSTAR NEWS 提供(http://www.topstarnews.net/)
本記事は韓国Social Media Networks Co., Ltd.が運営するTOPSTAR NEWSの記事内容の一部あるいは全部 及び写真や編集物の提供により作成されております。

BLACKPINK

BLACKPINK(愛称 ブルピン / ハングル 블랙핑크)は、韓国のガールズグループ。2016年にYGエンターテインメントによって結成。
メンバーは韓国出身のジス、ジェニー、オーストラリア出身のロゼ、タイ出身のリサによる4名。公式ファンクラブ名は「BLINK(ブリンク)」。

BLACKPINK 最新記事はこちら(370)

おすすめニュース

最新韓流とK-POPニュース

人気ニュース

RECENT TOPICs