BLACKPINKジスの本格女優デビューとなるドラマ『雪降花』が、放送前から歴史歪曲の論争に巻き込まれるのではないかと、早くも懸念の声が上がっている。一体どの部分が心配のタネなのだろうか? (記事・写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

チョン・ヘインとBLACKPINKジスが出演するドラマ『雪降花』に、早くも憂慮の声が寄せられている。

悲運の恋愛を展開するチョン・ヘインとジスの共演が楽しみ。

悲運の恋愛を展開するチョン・ヘインとBLACKPINKジス。(写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

今年6月に放送を予定しているJTBCドラマ『雪降花』は、昨年に空前のヒット作となったドラマ『SKYキャッスル』を手掛けたチョ・ヒョンタクプロデューサーと、作家のユ・ヒョンミが再タッグを組んでつくられる作品で、すでに韓国視聴者の期待を集めている。また、ジスはこの作品で本格演技デビューとなるため、話題性も抜群だ。

しかし、ドラマのあらすじが公開されると「北朝鮮のスパイを美化している」という疑問が提起された。

ストーリーによると、1987年、催涙弾が爆竹さながら頻繁に飛び交っていた時代、女子大学の宿舎に血だらけの男性が駆け込んで来る。女学生は、彼が時代のために闘っている学生運動家だと思い、治療をしてあげるのだった。

しかしその男性は、武装スパイであり”地獄”のような訓練で生き残った熱心な勇兵だった。彼は、祖国(北朝鮮)から与えられたミッションを必ず遂行せねばならない境遇にもかかわらず、自身を助けてくれた女性に恋してしまい、2人の悲劇的な運命が展開されるという。

ストーリーを読んだネットユーザーからは、「テーマ全体が、美化されてる部分が多い」という批判的な反応と「ドラマが始まってみないと分からない」という反応と二分されている。

これに先立ち、『雪降花』は編成前にシノプシスが一部公開され、その時すでに議論へと発展。また当初”梨花女子大寮”というタイトルで、オンライン上にシノプシスが拡散され、ネットユーザーの間で非難を浴びるという事態に発展していた。

現在韓国で放送されているSBS新ドラマ『朝鮮駆魔師』が、東北工程や歴史歪曲だという指摘を受け、視聴者から大きな非難を浴びており、これに関連して過去の時代劇にも批判が及ぶなど、反中感情が高ぶっている。そんな中、新たな火種になりはしないかと、ドラマ制作陣も戦々恐々としているようだ。

ⓒ TOPSTAR NEWS 提供(http://www.topstarnews.net/)
本記事は韓国Social Media Networks Co., Ltd.が運営するTOPSTAR NEWSの記事内容の一部あるいは全部 及び写真や編集物の提供により作成されております。



BLACKPINK

BLACKPINK(愛称 ブルピン / ハングル 블랙핑크)は、韓国のガールズグループ。2016年にYGエンターテインメントによって結成。
メンバーは韓国出身のジス、ジェニー、オーストラリア出身のロゼ、タイ出身のリサによる4名。公式ファンクラブ名は「BLINK(ブリンク)」。

BLACKPINK プロフィール&記事(235)

人気ニュース

BLACKPINK 動画をみる

最新ニュース

おすすめニュース