俳優の故キム・ジュヒョクさんがこの世を去ってから、4年が過ぎた。あるネチズン(ネットユーザー)は最近、韓国のオンラインコミュニティーで、キム・ジュヒョクさんに関する過去のエピソードを公開し、人々の心を温めた。 (記事・写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

故キム・ジュヒョクさんは、この世を去って4年が過ぎた今もなお、この世の人々を温かい気持ちにさせてくれる。

キム・ジュヒョクさんとの思い出がオンラインコミュニティーに投稿され、多くの人の心が温まった

キム・ジュヒョクさんとの思い出がオンラインコミュニティーに投稿され、多くの人が感動に包まれた。(写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

11月8日、オンラインコミュニティーのDogDripに『私が俳優のキム・ジュヒョクさんをいまだに忘れられない理由』というタイトルの長文が掲載された。

この日、投稿者は「少し前、キム・ジュヒョクさんの命日だったこともあり、また思い出した」「なんとなく夜中に思い出したから書く話で、私が学生の時に経験したことだ」と話し始めている。

「私は全羅道(チョルラド)に住み、実業系の高校に通う学生だった。当時、実業系の高校には、技能班というサークルのようなものがあった。技能班は学校の授業に出ず、週末も休みなく、午前0時まで専攻技能訓練だけを3年受ける科で、全国技能オリンピック大会でメダルを獲得することが目標だった」「一般的に、大会はソウルや京畿道(キョンギド)で行われるので、キャンプという名目で他校に行って、1週間他校の学生と交流した」と説明。

続けて「その時、担当の先生がよりによって結婚準備をしていて、とても忙しかった。当時先生は、私に民宿の予約券を渡しながら、“個人的なことでとても忙しくて本当に申し訳ないけど、ホテルを予約したから前日に行って、良いコンディションでキャンプして来て”とおっしゃった。私はソウルに1回しか行ったことがなく、技能班の同期は食中毒になって来られなかったので、1人でソウルに出発した」「ソウルからしばらく地下鉄に乗って駅に降りたけど、次の電車が来なかった。駅員さんは“さっきあなたが乗ってきた電車が最終だよ”とおっしゃったので、住所を見せた。すると、“正反対の場所に来てるよ”と言われた。タクシーに乗って行けばいいやと思って外に出たけど、住所を見せると“そこまでは行かない”と言って乗せてもらえなかった」と、当時のやるせない心境を吐露している。

「バス停に留まっていた自分の前に、あるSUV車が停まった」と明かした投稿者は、「見知らぬおじさんが“さっき、そこで30分ほど見てたけど、バスがないんでしょう?”と、声をかけて来た。薄暗い中に車が停まり話しかけられたので、とても怖かったから断った。そして車の後ろの窓が開くと、あるおじさんが“乗って”と言った。その時、運転席のおじさんが“キム・ジュヒョクを知らないの?”と尋ねてきたので、私は“知らない”と答えた」「その時、本人が自分で検索して、誰なのかを確認させてくれた。目的地の住所を見せると“正反対に来ちゃったね”と、色々な話をしてくれて、クッパ屋さんに行ってご飯までごちそうしてくれた」と伝えた。

「また車に乗ると、どこかホテルのような所に入り、“目的地まで送ってあげることができないんだ。その代わり、ここに泊まって。目的地には、バス停からバスに乗れば1時間で着くから”と、3万ウォン(約2万800円)をくれた。後で自分でも検索して、本当に芸能人だったんだなと思った。彼が出演した映画も全部観た」「KBS2バラエティー『1泊2日』も見た。偶然の短い出会いだったけど、彼の好意や温かい心が、今でも生き生きと残っている。寒い日、明け方に外を歩いていると、訳もなくキム・ジュヒョクさんを思い出す。天国ではゆっくり過ごしてほしい」と、締めくくられている。

これを見たネチズン(ネットユーザー)は、「本当に良い人だったことが感じられるエピソード」「夜に学生が1人でいるからって、そんなに気遣ってくれるなんて、本当に良い人だったね」「素敵な大人というのはこういう人のことなんだ」「ひたすら良い話だけ耳にするのは、どこでも本当に良い人だったんだね」など、感動したという反応を見せた。

1972年生まれのキム・ジュヒョクさんは、2017年10月30日に、ソウル三成洞(サムソンドン)の永東大路(ヨンドンデロ)付近で発生した車両事故で心肺停止の状態で発見され、享年45歳でこの世を去った。

ⓒ TOPSTAR NEWS 提供(http://www.topstarnews.net/)
本記事は韓国Social Media Networks Co., Ltd.が運営するTOPSTAR NEWSの記事内容の一部あるいは全部 及び写真や編集物の提供により作成されております。









この記事と関連度が高いトピック

現在読まれています!

最新記事

RECENT TOPICs