俳優であり歌手のチャン・グンソクの実母、ジョン某氏が芸能企画会社を運営しながら、脱税の疑いで執行猶予を宣告された。

“アジアのプリンス”と呼ばれ、韓国のみならず世界で愛されているチャン・グンソクの実母が、脱税容疑で執行猶予と罰金刑を言い渡された。

実母と業務上では決別を発表したチャン・グンソク。

チャン・グンソクは、実母と業務上では決別を発表している。(写真提供:©スポーツ韓国)

今月19日、ソウル中央地方裁判所 刑事合議25-3部は、特定経済犯罪加重処罰法違反(脱税)などの疑いで起訴されたジョン被告に対する判決公判で、懲役2年6カ月、執行猶予4年、罰金30億ウォン(約3億円)を言い渡した。

ジョン氏は、自身が運営していた芸能企画会社、tree J company(ツリージェイカンパニー)の所属芸能人であるチャン・グンソク(当時)が稼いだ海外収益を、香港の口座から引き落として使用する方法で、収益の数十億ウォンの所得申告を怠り、総額約18億ウォン(約1億8,000万円)を脱税した疑いで起訴された。

ジョン氏は、申告漏れや脱税に故意がなかったため、裁判で無罪を主張。しかし、裁判部は脱税の疑いを有罪と認めた。ただ、会社資金を個人口座に置いて横領した容疑は、無罪と判断されている。

チャン・グンソクは、昨年4月に実母のジョン氏が脱税容疑で起訴されると、公式立場として「チャン・グンソク個人は納税義務を誠実に行っており、会社税務に関しては一切関与しておらず、無関係である」と伝えた。

(関連記事)チャン・グンソク「脱税問題は実母の責任‥彼とは無関係」除隊後は新会社へ

そしてtree J companyと共同で進めた業務関係をすべて終了し、新会社設立を準備中だと明らかにしたチャン·グンソクは、「誰よりも衝撃が大きい状況であり、惨憺たる気持ちだ」と明かした。

ⓒ 한국미디어네트워크 提供(http://sports.hankooki.com/)
本記事は韓国MEDIA NETWORKが運営するスポーツ韓国の記事内容の一部あるいは全部 及び写真や編集物の提供により作成されております。

人気ニュース

韓国俳優 動画をみる

最新ニュース

おすすめニュース