ソン・ヘギョの新作ドラマ出演が決まり、多くの韓国ドラマファンから期待を寄せられている。しかし、共演者とのスキャンダルが絶えなかったソン・ヘギョであるだけに、男性韓流スターファンの間では、ある懸念が広まっているが..

ソン・ヘギョの新作ドラマが決まった。

キム・ウンスク作家の新作ドラマに出演するソン・ヘギョ

女優ソン・ヘギョが、キム・ウンスク作家と5年ぶりに再会する(写真提供:©TOPSTAR NEWS)

今月5日、韓国メディア『スポーツ朝鮮』は、ドラマ制作会社のHwa&Damピクチャーズ関係者が「ソン・ヘギョが、キム・ウンスク作家の新作ドラマに出演する」と明かしたと報じた。

ソン・ヘギョとキム・ウンスク作家の、38.8%という驚異的視聴率を叩き出した『太陽の末裔 Love Under The Sun 』以降、5年ぶりの再会にドラマファンから大きな期待が寄せられている。

そんななか、まだ男性主人公を務める俳優が誰になるかが公表されておらず、韓国ネットでは様々な憶測が飛び交っている。一部では、昨年放送された『ザ・キング: 永遠の君主』で、キム・ウンスク作家の”男”に選ばれ、好演したイ・ミンホの名前が上がっている。

イ・ミンホは、『ザ・キング: 永遠の君主』を含め、過去2度にわたりキム・ウンスクドラマの*男主を務めたことがあり、キム・ウンスク作家が好む男主像である”百馬に乗った王子様”にピッタリと言われている。

イ・ミンホ

イ・ミンホは過去2度に渡り、キム・ウンスク作家のドラマに出演した(写真提供:©TOPSTAR NEWS)

*男主:男性主人公の略語。韓国メディアやコミュニティーサイトで広く使われる言葉

イ・ミンホの再起用の噂の根拠を、韓国メディア・WIKITREE(https://www.wikitree.co.kr/)などは、こう分析する。

「キム・ウンスク作家は、一度仕事をともにした俳優への信頼が大きい。今回ソン・ヘギョが抜擢された理由も、『トッケビ〜君がくれた愛しい日々〜』に出演したキム・ゴウンを『ザ・キング: 永遠の君主』に立て続けに起用した理由も、その背景には、俳優への信頼が大きく作用したと思われる。イ・ミンホは過去2度に渡り、キム・ウンスク作家のドラマに出演した」

すなわち、キム・ウンスク作家が、イ・ミンホを信頼するからだという理屈だ。

もう一つ、WIKITREEはイ・ミンホの発言にも注目している。

昨年年末に行われたSBS演技大賞で、ロマンス部門最優秀賞を受賞したイ・ミンホが「尊敬して愛するキム・ウンスクさん、一日でも早く大変な時期に癒しとなる作品を書いてもらいたい。一日も休まず。私も俳優として頑張っていきたい」と述べている。

『ザ・キング: 永遠の君主』で苦楽をともにした仲間への感謝とリスペクトと思われておかしくない言葉だったが、昨日の発表により再注目を受ける格好となり「もしかして?」と、視聴者に期待を抱かせているのだ。

しかし、イ・ミンホのファンは緊張している‥いや、イ・ミンホだけではなく、多くの男性韓流スターファンが緊張しているようだ。

何故なら、共演する女優がソン・ヘギョだからだ。

ソ・ヘギョは、周知のとおり”共演者キラー”という、不名誉なあだ名で知られている。今まで共演したイ・ビョンホン、ヒョンビン、カン・ドンウォン、ソン・ジュンギなど、実際結婚(ソン・ジュンギ、後に離婚)をした人もいれば、交際をした人、熱愛説が浮上した人など、共演者とのスキャンダルが絶えなかったのも事実。

実際、ソン・ヘギョが”共演者キラー”と称されるほど、男性スターに積極的にアプローチしたり、求愛をしたという具体性のある証言もないのに、何故世間の悪質な呼び名は繰り返されるのか‥。

様々な理由があるだろうが、一番の原因は”中国発のスキャンダル報道”である。

中国をはじめ、香港や台湾などで絶大な人気を誇る韓流スターであるだけに、ソン・ヘギョは中国メディアにとっては、都合のよい”餌食”になっているのだ。

(関連記事)ソン・ヘギョは、なぜ男性関連のデマから自由になれないのか

もしも、ソン・ヘギョと後ろ姿が似ている女性が、男性と手を繋いで歩くと、少しぼやけた写真付きの「ソン・ヘギョと○○○が交際中」という記事が、中国ネットにあふれることになる。

やがては韓国や日本のメディアも中国メディアの報道を引用し「火のない所に煙は立たぬ」という論調で、”ソン・ヘギョ叩き”はアジア全域で開始されるのだ。

男性スターのファンは、この点を懸念している。

撮影現場や制作発表会で、談笑でも交わしていたら、翌日中国メディアには、ソン・ヘギョと男性主人公を務める俳優の間に「愛を予感させる微妙な空気が流れていた」という記事が上がる‥間違いなく。

しかもソン・ヘギョは、1度離婚を経験したため、2人を見る世間の目はさらに厳しくなるのだ。男性スターには致命傷になりかねないというファンの心配は当然かもしれない。

「キム・ウンスク作家の新ドラマ」、「ソン・ヘギョのドラマ復帰作」より、ソン・ヘギョと男性スター○○○の”微妙な空気”に、世間の目が行ってしまうことは、どうも避けられない道のようだ。




人気ニュース

韓国女優 動画をみる

最新ニュース

おすすめニュース