Netflix(ネットフリックス)のオリジナルシリーズ『D.P. -脱走兵追跡官-』を披露し、話題の中心に立った俳優のチョン・ヘイン。アン・ジュノ二等兵を引き受け、これまでの”国民の年下男”というニックネームは過去に置き、強烈な変身を見せた。どんな思いで『D.P. -脱走兵追跡官-』に挑んだのか――ロングインタビューでお届けする。

俳優として、今まさにノリに乗っている1人が、チョン・ヘインではないだろうか。

チョン・ヘイン

チョン・ヘイン(写真提供:©スポーツ韓国)

着実にスター俳優へと上り始めたチョン・ヘインだが、チョン・ヘインといえばJTBC『よくおごってくれる綺麗なお姉さん(2018)』で、ユン・ジナ(ソン・イェジン扮)に明るくて爽やかな笑顔を向けるソ・ジュニ役のイメージが付きまとっていたのは事実である。

TV朝鮮のドラマ『百年の花嫁(2014)』でデビュー。tvNの人気ドラマ『トッケビ~君がくれた愛しい日々~(2016)』で、チ・ウンタク(キム・ゴウン扮)の初恋相手である野球部の先輩テヒオッパ(お兄さん)として登場し、大衆に知られるように。

そしてSBS『あなたが眠っている間に(2017)』、tvN(Netflix)『刑務所のルールブック(2017)』を経て、注目すべき新人俳優として浮かび上がり、『よくおごってくれる綺麗なお姉さん』で一気に名実ともにメロドラマのヒット打者となった。その後、アン・パンソク監督とMBCドラマ『ある春の夜に(2019)』でタッグを組み、”メロ職人”というニックネームも得た。

映画『ユ・ヨルの音楽アルバム(2019)』と『スタートアップ!(2019)』から、自身の演技的な長所であった”明るい笑顔”や”穏やかな優しさ”とは対照的な、20代青春の底無しの不安感と胸の底から湧いてくる熱いエネルギーが混在する、反抗期に満ちたキャラクターを披露し、多彩な役柄に向けた欲望を感じさせた。

そして8月末、Netflix(ネットフリックス)のオリジナルシリーズ『D.P. -脱走兵追跡官-』(以下、D.P.)を披露し、話題の中心に立った。『D.P.』で彼は、これまでの”国民の年下男性”という肩書きは過去に置いても十分なほど、強烈な変身を見せた。チョン・ヘインは、現実から逃げるように入隊した軍隊で、ある日、陸軍憲兵隊軍務離脱逮捕組D.P.(Deserter Pursuit)になった二等兵ジュノ役を引き受け、これまでの感性演技から、さらに深みを増した内面の演技まで、歴代級の演技を披露した。

チョン・ヘインはドラマ『D.P.-脱走兵追跡官-』で強烈な変身を見せた

ドラマ『D.P.-脱走兵追跡官-』で強烈な変身を見せたチョン・ヘイン(写真提供:©スポーツ韓国、画像出典:Netflix)

オンライン映像インタビューで、チョン・ヘインに会った。

インタビューを受けるたび、スーツ姿で登場したように、この日もネクタイまで締めて記者を歓迎してくれた。映画『ユ・ヨルの音楽アルバム』当時のインタビューで、些細な質問1つ取っても真摯に、少しでも自分の心を吐露しようというこだわりが見えたが、今回のインタビューでは、作品があまりにも称賛を受けていたからか、穏やかな笑顔を隠せなかった。

「軍隊に行ってきた男たちにとって、入隊する夢が最大の悪夢なんですが、実際の撮影時にそういう瞬間が多かったです。撮影は僕にとって”仕事”ですが、訓練所のシーンや二等兵のシーンを撮る時、まるで入隊する夢を見ている気分でした。内務班で撮影する時、とても緊張して、全ての状況が恐ろしいような、そんな瞬間がありました」

『D.P. -脱走兵追跡官-』でアン・ジュノ役を演じているチョン・ヘイン

チョン・ヘインは『D.P. -脱走兵追跡官-』でアン・ジュノ役を演じている(写真提供:ⓒ スポーツ韓国)

作家キム・ボトンの同名ウェブトゥーンを原作にした『D.P.』は、脱走兵を捕まえる軍務離脱逮捕組(D.P.)であるアン・ジュノ(チョン・ヘイン扮)とハン・ホヨル(ク・ギョファン扮)が、様々な事情を抱えた彼らを追って、よく知らなかった現実に向き合う話を描く。内務班のセットから、各階級別の服装、扮装など、全てが超リアルに細かく描写されてており、実際の軍生活をしているかのように没入できた、と彼は言う。

「今回の作品に最も惹かれた理由は、ジュノというキャラクターより、”D.P.”の持つ話の力が大きかったから。僕がアン・ジュノを表現することを想像しながら読んだら、どうしても挑戦してみたくなったんです。しかも監督が、僕を念頭に置いてくださったなんて、余計に力が入りました。ハン・ジュンヒ監督は、僕のこれまでの作品を全てご覧になってくださったんだそうです。あれもこれも1つ1つ、全てにものすごく愛情を感じました。でもいざ、アン・ジュノを演じるにあたり、どのように表現しようか、心が重くなる時も多かったです」

チョン・ヘインは今回のドラマで、これまでの柔らかさを封印し、強靭な表情と、ボクサー出身という役柄らしいリアルなアクションを披露。脱走兵を追うため走るシーンも多く、1対1のリアルなバトルもしなければならない。しかし実際に彼を緊張させたのは、内務班のシーンだった。

「前作にメロジャンルがありましたが、今回は正反対の役でしたから。それに、軍隊をこんなにリアルに見せる作品もなかったと思います。内務班のセットは、小物などのディテールが半端なかったです。よく検証されていました。クァンムデ(内務班個人の物を入れる備え付けの棚)にかかった軍服の形や毛布、軍靴の位置、先輩たちの衣装の色、二等兵の服の色を見ると、長く着た服は色あせてるじゃないですか。そういうのがきちんと表現されてました。二等兵の顔が、先輩より日に焼けてるところまで出てるじゃないですか。僕は初撮影の時、あまり眠れないんですが、内務班の撮影だったので余計に緊張して‥。初撮影の雰囲気は、僕にとってハラハラした記憶を思い出させました。官等姓名(所属部隊と階級、名前)を言うんですが、本名を言っちゃって。とても緊張して”二等兵チョン・ヘイン”って言ってNGになりました(笑)。アン・ジュノに没頭したというより、チョン・ヘインに没頭したみたいです。まるで再入隊したみたいに恐怖でした」

(写真提供:ⓒスポーツ韓国)

『D.P.』がNetflixを通じて配信された後、男女問わず、軍経験者かどうかにかかわらず、熱い話題を呼び、海外でも”今日のTOP 10”に上がったのは、誰かは経験しているであろう、軍内暴力と過酷な行為などに対する容赦ない描写や、そんな不条理が、数十年間根絶されない原因について問いかけたからだろう。

『D.P.』は放送後、社会的に大きな反響を巻き起こし、実際、軍内で過酷な行為を経験したと暴露する事例も現れ、国防部と政界も『D.P.』に直接言及。現在の軍内の問題を見直すきっかけに作用している。

劇中の出来事や事例が、視聴者に大きな反響を起こすことができたのは、チョン・ヘインやク・ギョファン、キム・ソンギュン以外に、キム・ボトン作家とハン・ジュンヒ監督が緻密に組んだ設計図の中で、すさまじい演技力を見せたチョ・ヒョンチョル(チョ・ソクボン扮)、シン・スンホ(ファン・ジャンス扮)、イ・ジュニョン(チョン・ヒョンミン扮)、ソン・ソック(イム・ジソプ扮)らの活躍も大きい。

「本当に鳥肌が立つほど、僕の軍生活をたくさん思い出しましたね。あの時の人達を、そのまま再現したかのような、リアルな演技でした。5、6話の撮影はとても大変で、台本を見た時から、最も衝撃的なシーンでした。おそらくチョ・ヒョンチョル先輩が、一番大変だったと思います。撮影しながら、すごくもどかしくて悲しくて、腹が立って。いろいろな感情が、押し寄せてきました。チョ・ヒョンチョル先輩、コ・ギョンピョ先輩、シン・スンホさんにもとても感謝しています。出演者全員が息を合わせて、素晴らしいシーンを作り上げてくださいました」

チョン・ヘインは、”運転兵”だった。KBS 2『チョン・ヘインの歩み報告書』に出演した際、1/9の競争率を勝ち取り、師団長の運転兵になった理由を明かしている。

(関連記事)実に12年ぶりの二等兵! チョン・ヘインがNetflix新作ドラマで演じる’脱走兵を捕える軍人’

『D.P.』撮影期間中、自身の軍隊時代の経験が思い出されたという答えが続いた。

「軍生活当時は、運転兵でした。2.5トンの軍用トラックも運転してたんですよ。『D.P.』でジュノが、パク・ボムグ中士の目に留まり”D.P.”になって、ハン・ホヨル上等兵が面倒を見てくれたように、僕も上官たちから運転兵の教育を受けて、たくさんの事を学びました。運転技術も上達しましたし。上官たちから『D.P.』を楽しく見たと連絡も来ました」

『D.P.』ヒットの立役者であるチョン・ヘインとク・ギョファンの息の合った演技もはずせない。厳しい家庭状況から逃げるように軍に入隊して寡黙を極めるアン・ジュノと、初登場シーンから名前が大きく書かれた軍用パンツで現れ、ふてぶてしく、なのに親しみやすい、社会性を見せたハン・ホヨル、2人の息の合った演技は、重く緊張感吹き荒れる『D.P.』にささやかな笑いと楽しさを与えた。

「ク・ギョファンさんも僕も人見知りなんです。だから個人的にも、演技的にも、ギョファンさんの話をよく聞きました。ジュノは二等兵だから、無条件に先輩にリアクションしなければならないんですよ。反応しないとだめなんです。そしたらギョファンさんが本当に喜んでくださって。今回の作品は、脱走兵たちの話がメインで、僕が目立とうとしてはいけないと思いました。だけど、ギョファンさんがハン・ホヨルを通じて、重苦しい雰囲気をかなりリフレッシュしてくれました」

アン・ジュノを演じながら、これまでの作品との違いを見せるため、かなり努力したという。家庭不和の中で育ち、社会や人にあまり好意的ではないジュノが、たまたま”D.P.”になり、様々な事情で脱走する兵士たちを逮捕するという過程を経験しながら、成長し、覚醒していく。実際、チョン・ヘインも、演技する中で様々な感情と気づきを得たという。

「台本の中に、いつも答えがあると考えています。ジュノは罪意識を持った人物ですが、脱走兵を捕まえる中で感じるものがあるんです。ホ・チドのエピソードで、自ら覚醒する状況を迎えるようになりました。母と会話を交わさないのに、後で電話をするじゃないですか。アン・ジュノを表現しながら、チョン・ヘインという人間の持つ”憂鬱さ”を振り返ることができました。そして僕自身が憂鬱な時、どう表現するのかを振り返ることができました。全体的には、チョ・ソクボン一等兵の話が最もグッときましたね。僕が軍隊にいた当時より、今、軍隊も大きく変わったでしょうが、5~6話の台本を読んで、それを実際に映像で見たら、この作品は軍隊の話を描きましたが、軍隊だけを描いたのではないと思います。この社会の、ある不条理に対して、また、人間の内面にある悪意も扱ったんだと思います。僕たちの多くが、傍観者ではなかったか? とメッセージを投げかけた部分が心に響きました」

“代表作が誕生した”という評価を得たチョン・ヘインだが、しばらくは休みなく走る予定だ。『D.P.』の直後、BLACKPINK(ブラックピンク)のジスと撮影したJTBC『雪降花:snowdrop』(以下、雪降花)の放送が控えており、また俳優イ・ジェフンの監督デビュー作『Unframed(アンフレームド)』も間もなくリリースされる。

「冬に公開される『雪降花』では、『D.P.』とは違う姿をお見せします。少し休息が必要なタイミングでしたが、『雪降花』も『Unframed』も台本を見たら、やらずにはいられなくなって。僕がシナリオや台本を見る時、最も重要視するのは”共感”で、一人でも多くの人が共感できるかどうかが、最も重要です。イ・ジェフン監督が、デビュー作に僕を思って台本を書いてくださったというので、とても感謝の気持ちで臨みました。この時代を生きていく青春の男女の話です。どうぞ期待してください」

ⓒ 한국미디어네트워크 提供(http://sports.hankooki.com/)
本記事は韓国MEDIA NETWORKが運営するスポーツ韓国の記事内容の一部あるいは全部 及び写真や編集物の提供により作成されております。




最新韓流とK-POPニュース

人気ニュース

チョン・ヘイン 動画をみる

最新ニュース

おすすめニュース