人気俳優 チョン・ヘインが、Netflixオリジナルドラマシリーズにキャスティングされた。彼が演じるアン・ジュンホ二等兵は”脱走兵を追跡して捕える軍人”役。

韓国のウェブ漫画『D.P 犬の日(キム・ボトン 作画)』を原作とする、Netflixオリジナルドラマシリーズにチョン・ヘインがキャスティングされた。

俳優チョン・ヘイン

Netflixオリジナルドラマシリーズ『D.P』にキャスティングされたチョン・ヘイン(写真提供:©スポーツ韓国)

Netflixオリジナルドラマシリーズ『D.P』は、*陸軍憲兵隊傘下の軍務離脱逮捕組”D.P”という斬新な素材である。軍内で起こる苛酷な行為と人権問題をリアルに描き、累積閲覧数が約1000万ビューを超えた、ウェブ漫画が原作だ。普通に軍服務をしていた二等兵のジュンホが、ある日突然D.Pに配属されて、脱走兵たちと向き合うようになるという”青春の混乱”と”人権”に関する話だ。

*陸軍憲兵隊:主に軍隊内部の秩序維持と交通整理を任務とする部隊。軍事警察とも呼ばれる。

チョン・ヘイン演じるアン・ジュンホ二等兵は、普段は物静かで落ち着きのある性格だが、やや融通の利かない人物。彼の観察力と粘り強さが目に留まり、軍務離脱逮捕組の担当官に選ばれD.Pの一員となる。

チョン・ヘインと共にキャスティングされたキム・ソンギュンは、ジュンホの上司で、軍務離脱担当官でもあるパク・ボムグ役を演じる。軍の規範に厳しいベテランで、チョン·ヘインと共に”脱走兵を追跡し、捕える軍人”として登場する予定だ。

俳優キム・ソンギュン

俳優キム・ソンギュン(画像出典:ULエンターテインメント)

チョン・ヘインにとって、”二等兵”は実に12年ぶりとなる。
俳優としてデビューする前に兵役を済ませた彼は、2008年に入隊したと知られている。二等兵役に違和感を抱かせないほど、韓国芸能界屈指の”童顔俳優”である(二等兵はいわゆる入隊直後の新人)。

運転兵として軍服務をしていたチョン・ヘインは、今年放送されたKBS2『歩きレポート(コルロポゴソ:걸어보고서)』で、二等兵時代に「2.5トンの軍用トラックを運転した」と明かし、出演者らを驚かせた。

俳優チョン・ヘイン

運転兵時代のエピソードを語ったチョン・ヘイン(画像出典:KBS Entertain YouTube動画キャプチャー)

ここ数年”メロ職人”として、キャラクターの定着が懸念されていたチョン・ヘイン。
だからこそ、新しいキャラクターとジャンルで、12年ぶりの”二等兵”をどのように演じるか、ドラマファンの関心が高まっている。

チョン・ヘイン主演の『D.P』は、レジンスタジオが制作し、Netflixを通じて全世界190の国と地域の視聴者と会う予定だ。



チョン・ヘイン

FNCエンターテインメント所属の俳優チョン・ヘイン。1988年4月1日生まれ。

2014年TV朝鮮ドラマ『百年の花嫁』で俳優デビュー。
デビュー前にはガールズグループAOAの『MOYA』のMVに出演したことがある。

チョン・ヘイン プロフィール&記事(29)