• MBC新作ドラマ『朝鮮弁護士』のプロモーション方法に、韓国ネットで甲論乙駁が巻き起こった。
  • 3月31日に初放送を迎える『朝鮮弁護士』の前には、上半期メガヒット作『模範タクシー2』が立ちはだかっている。
  • 『朝鮮弁護士』側は挑発とも取れる奇抜な広報で議論を巻き起こしている。
3月31日初放送を迎えるMBCドラマ『朝鮮弁護士』

3月31日初放送を迎えるMBCドラマ『朝鮮弁護士』(画像出典:MBCドラマ)

悪質なディスりか、愉快な広報か。

MBC新作ドラマ『朝鮮弁護士』のプロモーション方法に、韓国ネットで甲論乙駁が巻き起こった。

本日(3月31日)、第1話放送を迎える『朝鮮弁護士』は、朝鮮王朝時代に実在した“外知部(ウェチブ)”の物語。

外知部は、弁護士や法務士の役割を担い、法務代理人として活躍したという。本作では、女性や奴隷といった社会的弱者を助ける外知部の姿が描かれるそうだ。

(関連記事) 注目の韓ドラ「朝鮮弁護士」あの時代に女性と奴隷の人権を守る弁護士が存在した?

「視聴率10%達成が目標だ」と、現実的かつ素朴な目標を掲げている『朝鮮弁護士』の制作側。それもそのはず、本作の前には、現在韓国で最も人気の高いドラマ『模範タクシー2』が立ちはだかっているためだ。

現在韓国で最も人気の高いドラマ『模範タクシー2』

現在韓国で最も人気の高いドラマ『模範タクシー2』(画像出典:SBSドラマ)

『模範タクシー2』は、ベールに包まれたタクシー会社のドライバーたちが、社会的弱者の無念を晴らすため、“復讐代行”を行うというストーリーで人気を博している。

2作ともに金土枠で、『朝鮮弁護士』が夜09:50から、『模範タクシー2』は夜10:00から放送開始。それぞれ放送時間は70分と80分なので、放送時間がほぼ被るのである。

よりによって『模範タクシー2』は、*視聴率20%台を目前とする2023年上半期のメガヒット作・・『朝鮮弁護士』の目標が素朴な理由が分からなくもない。

*3月24日に放送された第6話で、最高視聴率18%を記録した

そこでMBCは、正攻法で戦うより、相手の不意を突く(?)奇抜なプロモーションに出たのだ。

「タクシーに乗って不法復讐?」奇抜な広報を展開しているMBC

「タクシーに乗って不法復讐?」奇抜な広報を展開しているMBC(画像出典:MBCドラマ)

3月29日、MBCは公式SNSに「タクシーに乗って不法復讐代行? 私たちは合法的に復讐を代行します」という文章がプリントされた画像を掲載。

MBCが狙ったのは、同時間帯の競合相手『模範タクシー2』である事は間違いないようだ。

この挑発に、韓国ネットでは「いくら時代が変わったとしても、同じ業界なのにディスるなんて」「これ明らかにケンカ売ってるよね?」と、問題提起する声が。

一方で「ユーモアあって面白いと思うけど」「ジョークが分からない連中が多いね」「かわいいと思う」と、擁護の声も多数寄せられている。

この議論について本日、主演を務めるウ・ドファンは「MBCのプロモーションにびっくりした。最初はファンが作ったのかな・・と思った」と驚いた様子。

続けて「個人的には良い広報だと思う。避けられない勝負だから、立ち向かうしかない」と意気込んでいる。

“復讐”という、同じテーマで『模範タクシー2』と激突することになった『朝鮮弁護士』。今晩、ジャイアントキリングを開始する。


『朝鮮弁護士』

編集長コラム

Danmee編集長のコラムです。韓国芸能界の出来事やネットの話題を分かりやすく解説しております。日本のマスコミが滅多に取り上げない様々な韓国情報を読者の方々と共有していきたいと思います。

記事一覧を見る(1370件)





ご意見を自由にコメントしてください!

記事に関するご意見や情報提供はこちらのフォームをご利用ください。

編集部おすすめ記事blank

サイトの広告について

Danmee(ダンミ)は、収益化の一環としてオンライン広告を展開しております。広告の内容(公序良俗を害するもの)や、可読性の低下につながる広告に関するご意見はこちらのフォームをご利用ください。

この記事と関連度が高いトピック

現在読まれています!

最新記事

RECENT TOPICs