長期化するステイホームにより韓ドラファンが急増し、新たな韓流ブームが巻き起こっている現在。まだ韓ドラ未体験だなんて勿体ない!でも「今さら何を見れば‥」と悩むの人も多いはず。ここでは”これだけは見ておきたい”韓国ドラマを紹介します。

東京や大阪など9都道府県に発令されていた緊急事態宣言の延長が決定し、引き続きステイホームを余儀なくされてしまった日本。

コロナ禍により、外出を自粛した人々が向かった先は、”韓国ドラマ”。

日本ではBSやCS放送をはじめ、Amazon Prime Video(アマゾン プライム ビデオ/以下、アマプラ)やNetflix(ネットフリックス)などの動画配信サービスでも手軽に楽しめるようになり、これまであまり興味のなかった人も続々とハマり、韓国ドラマ”入門者”が続出するなど、新たなブームが巻き起こっている。

韓国ドラマ=母親世代の趣味や娯楽‥とイメージしている人も少なくないだろう。だが実は、韓国ドラマは老若男女、つまり人類の全方向を対象に発信されている”超娯楽”エンターテインメントなのだ。

これはマスト! 韓ドラを語るなら見ておきたい

ここでは、話題作からマストな作品まで”これだけは見ておきたい”おすすめの韓国ドラマを、見どころを交えて紹介していきます!

Netflix『愛の不時着』

ドラマ『愛の不時着』はヒョンビン、ソン・イェジン主演

ヒョンビン、ソン・イェジン主演 『愛の不時着』(写真提供:©スポーツ韓国 画像出典:tvN)

パラグライダー事故により北朝鮮に不時着してしまった韓国の財閥令嬢が、北朝鮮の将校に助けてもらったことから始まるラブストーリー。南北という高い壁を前に、2人の恋の行方はどうなるのか。

ドラマファンだけでなく、日本の芸能人までも魅了し、現在の韓流ブームの火付け役となった作品。
主演を務めた俳優のヒョンビンと女優のソン・イェジンは、ドラマを超え、現実世界でも恋人関係に発展。それも踏まえて作品を見ると、2人の息が合った演技は妙に納得してしまう。

アマプラ、Netflix『トッケビ~君がくれた愛しい日々~』

『トッケビ〜君がくれた愛しい日々〜』はコン・ユ、キム・ゴウン主演

コン・ユ、キム・ゴウン主演 『トッケビ~君がくれた愛しい日々~』(画像出典:tvN)

900年以上も生き続けている”トッケビ”と、”トッケビの花嫁”である女子高生ウンタクが織りなす切ないラブストーリー。

韓国ドラマの不朽の名作と言えばこの作品だろう。劇中、トッケビ&ウンタク、死神&サニーと2組のカップルが登場するが、それぞれの恋愛模様がじれったく、そして切なく心に響く。
また、主演俳優のコン・ユ、イ・ドンウク、BTOBのユク・ソンジェと、韓国では”スタイルおばけ”と呼ばれているイケメンたちが繰り広げるブロマンスにもご注目を。

最近の話題作と言えばコレ

Netflix『ヴィンチェンツォ』

『ヴィンチェンツォ』はソン・ジュンギ、チョン・ヨビン主演

ソン・ジュンギ、チョン・ヨビン主演 『ヴィンチェンツォ』(画像出典:tvN)

組織の裏切りで韓国を追われたマフィア弁護士が、ベテランの悪党弁護士とともに悪の方式で悪い奴らを一層するストーリー。

男女問わず虜にしてしまう、ヴィンチェンツォ・カサノ(ソン・ジュンギ)なる主人公。劇中、ダークヒーローとなって巨大な悪に立ち向かっていくのだが、そのやり方が想像の斜め上をいく驚きの策ばかり! クセになる痛快さと絶妙に敷かれた伏線に思わず膝を打ってしまう。

そんな彼に協力するのが、彼らのベースとなる建物”クムガプラザ”の住人だ。個性豊かで愛さずにはいられないキャラクターばかりが揃い、ドラマ人気に一役買っている。また、チョン・ヨビンが演じた弁護士ホン・チャヨンが、回を重ねるごとに美しさを増していく姿も目が離せない。
目を覆ってしまうバイオレンスさもあるが、その恐怖を越える極上の痛快さを味わえる。

Netflix『ムーブ・トゥ・ヘブン: 私は遺品整理士です』

『ムーブ・トゥ・ヘブン: 私は遺品整理士です』はタン・ジュンサン、イ・ジェフン主演

タン・ジュンサン、イ・ジェフン主演 『ムーブ・トゥ・ヘブン: 私は遺品整理士です』(画像出典:イ・ジェフン公式Instagram)

刑務所から出所して直ぐに、アスペルガー症候群の甥っ子グル(タン・ジュンサン)の後見人となったサング(イ・ジェフン)。そんな2人が遺品整理会社”ムーブ・トゥ・ヘブン”を経営しながら、故人が伝えられなかった想いを解き、残された人たちに届ける様子を描く。

今月14日より日本のNetflixにて配信がスタートしたばかりなのだが、早くも”名作”との声が多く上がっている。

まさに眼福。次世代イケメン俳優が活躍

Netflix『ナビレラ -それでも蝶は舞う-』

『ナビレラ -それでも蝶は舞う-』はソン・ガン、パク・インファン主演

ソン・ガン、パク・インファン主演 『ナビレラ -それでも蝶は舞う-』(画像出典:tvN)

同名ウェブコミックを原作に、バレエに夢を見出した70歳の老人と才能あふれる23歳の青年の成長を描く。

まず目を引くのが、主人公イ・チェロク役を務めた次世代俳優ソン・ガンの二次元的な10頭身スタイル。ただでさえイケメンである彼がモデル体型で舞うバレエは、絶世の美しさとともに儚さも共存している。

また、これに劣らず美しく映るのが、70歳にしてバレエを習い始めるシム・ドクチュル(パク・インファン)の、ラストチャンスと言わんばかりに自身の夢を追いかける姿。

チェロクとドクチュルは、年の差があれど先生と生徒の関係だ。しかし、未熟な青年とあらゆる経験をしてきた人生の先輩という関係でもある。この2つのバランスが視聴者にリアリティーと親近感を与え、ストーリーに説得力を加えている。

Netflix『青春の記録』

『青春の記録』はパク・ボゴム、パク・ソダム、ピョン・ウソク主演

パク・ボゴム、パク・ソダム、ピョン・ウソク主演 『青春の記録』(画像出典:tvN)

3人の若者が現実の壁に絶望せず、自ら夢と愛を叶えるために努力する、青春の成長記録を描く。
パク・ボゴム、パク・ソダム、ピョン・ウソクといった青春俳優たちが、それぞれのやり方で夢に向かって直進する彼らの熱い記録は、ときめきと共感を呼ぶだろう。

パク・ボゴムが扮するサ・ヘジュンとともに、俳優になるという夢に向かうモデルのウォン・ヘヒョ役を担ったピョン・ウソク。抜群のビジュアルとスタイルを誇る彼は、今後要チェックしておくべき俳優だ。

*****

このほか、見始めたら止まらなくなる『SKYキャッスル~上流階級の妻たち~』(アマプラ、Netflix)や『椿の花咲く頃』(Netflix)、成功を夢見る若者の成長を爽やかに描いた『スタートアップ:夢の扉』(Netflix)、BTS(防弾少年団)のVが出演する青春時代劇『花郎<ファラン>』(アマプラ、Netflix)など、あらゆるジャンルの作品が揃う韓国ドラマ。

同じアジア人が演じていることで親しみが湧く一方で、海外ドラマらしい斬新な設定で展開していく、というギャップも魅力だろう。
つい日本のドラマと比較してしまいがちだが、”海外ドラマ”として視聴すると苦手意識も薄まり、より楽しめるように思う。




最新韓流とK-POPニュース

人気ニュース

コン・ユ 動画をみる

最新ニュース

おすすめニュース