韓国ドラマに欠かせない“子役”。かつて歌手であり俳優のキム・ジェジュンが出演したドラマで2作に渡り、彼の幼少期を演じた子役がコ・ウリムだ。以降、現在まで錚錚たる俳優陣の子ども時代を演じている。そんな彼の近況と、子役人生にスポットを当ててみた。

歌手であり俳優のキム・ジェジュンのファンなら、誰もが知ってるだろう初主演作の『トライアングル(2014/MBC)』。

MBC『トライアングル(2014)』は、キム・ジェジュンのドラマ初主演作品

キム・ジェジュンのドラマ初主演作品MBC『トライアングル(2014)』(画像出典:MBC)

本作では、キム・ジェジュン扮するチャン・ドンチョルの幼少期が登場するのだが、その子役を演じてドラマデビューをした、俳優のコ・ウリムをご存じだろうか。

出演シーンは少なかったものの、視聴者の胸が痛むようなチャン・ドンチョルの過去を、切ない演技で見事に披露していた。

コ・ウリムは、『トライアングル』で、キム・ジェジュン演じるチャン・ドンチョルの幼少期を演じた

『トライアングル』で、キム・ジェジュン演じるチャン・ドンチョルの幼少期を演じたコ・ウリム(画像出典:MBC)

そんなコ・ウリムは翌年のKBS2ドラマ『スパイ~愛を守るもの~(2015)』で、再びキム・ジェジュンの幼少期を演じ、一部では“リトル・ジェジュン”と呼ばれるようになり、韓国で一躍有名となる。

当時、キム・ジェジュンは2度目となる共演に対して「同じ人の子役を、2回連続で担うのは簡単ではないのに不思議ですね」と、喜びと驚きを表現していた。

キム・ジェジュンとコ・ウリムは、KBS2ドラマ『スパイ~愛を守るもの~(2015)』で再開した

KBS2ドラマ『スパイ~愛を守るもの~(2015)』で再開したキム・ジェジュンとコ・ウリム(画像出典:KBS)

その際、コ・ウリムは、キム・ジェジュンから「シンクロ率100%」「大きい目が(自分と)似ている」と、本人からお墨付きまでもらっている。

そんな彼が、子役俳優としてデビューしたのは、2013年に公開された映画『チング 永遠の絆(邦題)』だった。

映画『チング 永遠の絆』で子役デビューしたコ・ウリム

コ・ウリムの子役デビュー作品、映画『チング 永遠の絆』(画像出典:naver movie)

同作で主演を務めた、キム・ウビンの幼少期を演じたのを始まりに、以降も名だたる人気俳優の子ども時代を演じている。

映画『泣く男(2014)』ではチャン・ドンゴンを、『探偵ホン・ギルドン:消えた村(2016)』ではイ・ジェフンを、ドラマでは『ヒーラー〜最高の恋人〜(KBS/2014)』でチ・チャンウク、『恋するジェネレーション(邦題/KBS/2015)』ではナム・ジュヒョクの幼少期をそれぞれ演じた。

中でも、『泣く男』と『探偵ホン・ギルドン:消えた村』での演技は、一目置かれ注目を浴びたほどの熱演を見せている。

こうして、映画界とドラマ界を行き来しながら、主演俳優の幼少期を演じ活動を繰り広げてきたコ・ウリムは、現在14歳に成長した。

昨年は、日本でも大ヒットを記録したKBS2(Netflix)ドラマ『恋慕(2021)』に出演、SF9のロウン演じるチョン・ジウンの少年期役で登場し、恋に落ちる相手との運命的な出会いのシーンを、初々しくピュアに表現した。

コ・ウリムは、KBS2(Netflix)『恋慕(2021)』で、SF9のロウン演じる主人公の幼少期を演じた

KBS2(Netflix)『恋慕(2021)』で、SF9のロウン演じる主人公の少年期を演じたコ・ウリム(画像出典:KBS)

子役俳優から、成功を収めた代表的な俳優の一人にヨ・ジングが挙げられるが、彼も韓国を代表する俳優の幼少期を演じ、今日に至っている。

コ・ウリムのフィルモグラフィーを見る限り、何だかヨ・ジングと同じような子役人生を歩んでいるように見える。

彼もヨ・ジング同様、息の長い”成功した子役出身”の俳優となるだろうか。今後の活躍が期待される。

(構成:西谷瀬里)







韓国俳優 最新記事はこちら(2952)

ご意見を自由にコメントしてください!

記事に関するご意見や情報提供はこちらのフォームをご利用ください。

編集部おすすめ記事blank

サイトの広告について

Danmee(ダンミ)は、収益化の一環としてオンライン広告を展開しております。広告の内容(公序良俗を害するもの)や、可読性の低下につながる広告に関するご意見はこちらのフォームをご利用ください。

この記事と関連度が高いトピック

現在読まれています!

最新記事

RECENT TOPICs