ミスコリア出身の演技派女優パク・シヨンが、新ドラマで驚きのビジュアルを披露し話題を集めている。抜群の美貌を誇った彼女が挑戦した、視聴者の意表を突くビジュアルとは‥。

アカデミー受賞作品『パラサイト 半地下の家族』のポン・ジュノ監督も称賛したという、tvNの月火ドラマ『産後養生院』。
本作は、出産した女性たちが産後の体調を整え保養するよう、専門的な施設と人材を備えた療養施設である”産後養生院”を舞台にした作品だ。

年齢、職業、学校など共通点ひとつない大人の女性たちが、ただ同じ時期に子供を産んだという理由だけで瞬く間に団結し、親友になってしまう不思議な場所、”産後養生院”。ここで生活する新米ママたちが、母親としての新しい人生を準備する姿が描かれている。

会社では最年少役員、病院では最高齢産婦である主人公のオ・ヒョンジンが、出産と遭難級の産後養生生活を経て、養生院の同期たちと一緒に成長していく、激情出産ノワールドラマだ。

"産後養生院"を舞台にした作品『産後養生院』

tvN月火ドラマ『産後養生院』は産後養生院を舞台にした作品(画像出典:tvN)

日本では馴染みのない”産後養生院”という療養施設。
数年前、女優の小雪が第2子となる女の子を韓国で出産したというニュースが報じられた。彼女はこれ以前、取材で”産後養生院”を訪ねた際に感銘を受けたといい、これをきっかけに渡韓での出産を実現したという。
また卓球の福原愛選手も産後、台湾の産後ケアセンターでケアを受けたことで話題を集めたこともあり、海外では人々の身近にあるお馴染みの療養施設として知られている。

人生の中で心身ともに最も過酷な時期とも言われる”産後1カ月”を過ごす女性の世界を描き、多くの関心が寄せられているドラマ『産後養生院』。
去る10日に放送された回では、韓国を代表するトップ女優ハン・ヒョリン(パク・シヨン)が、オ・ヒョンジン(オム・ジウォン)、チョ・ウンジョン(パク・ハソン)に助けられる姿が描かれた。

視聴者が釘づげになったのは、トップ女優ハン・ヒョリン役を引き受けたパク・シヨンの激太りビジュアルだ。

激太りビジュアルが話題となったパク・シヨン

パク・シヨンの激太りビジュアルが視聴者を驚かせた(画像出典:tvN DRAMA YouTube動画キャプチャー)

パク・シヨンと言えば、2000年にミスコリアに選ばれた女性だ。
すらりとしたスリムな体型と西洋的な雰囲気を持つ彫りの深い顔立ちから、まるでお人形のようだと称賛されるビジュアルを誇っている。
2000年代半ばには、韓国では見られない華やかなビジュアルから脚光を浴び、ドラマを中心に女優として多くの作品で活躍を見せていた。その姿から女性たちの憧れの存在となり、同性からの支持も多い人気女優として知られている。

ミスコリア出身の女優パク・シヨン

女優パク・シヨン(画像出典:パク・シヨン公式Instagram)

そのパク・シヨンが劇中、体重が35キロも増量した産後女性役を熱演したのだ。特殊メイクを施した姿での披露であるが、彼女の面影が感じられない迫力あるビジュアルは、とても”同一人物”とは思えないほど。

国民の女神である女優パク・シヨンが披露した体当たり演技は、出産を経験した女性たちの多くが感じたであろう女性としての切ない気持ちを繊細に描いており、また、同時に強くたくましい女性像も披露されていた。

一方、多くの女性たちから共感を集めているtvNドラマ『産後養生院』は、韓国にて毎週月曜、火曜の午後9時より放送中だ。