• イ・イルファが12月21日、MBCバラエティー『ラジオスター』に出演し、パク・ボゴムと熱愛説が浮上した写真の真相について言及した。
  • 22歳という年齢差を感じさせない美しいビジュアルにMCが、「本物の恋人同士みたい」と反応。
  • そんな彼女は、パク・ボゴムを娘のお婿さん候補に挙げたことがある。

ある韓国女優が、パク・ボゴムとの過去の交際疑惑について言及しました。

パク・ボゴムは、過去にある女優と交際疑惑が浮上した

過去にある女優と交際疑惑が浮上したパク・ボゴム(写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

気になるその人物とは、『恋のスケッチ~応答せよ1988~(邦題/tvN/2015)』でパク・ボゴムの母親役を演じていたイ・イルファ。

[expander_maker id=”1″]

イ・イルファは、『恋のスケッチ~応答せよ1988~(邦題/tvN/2015)』でパク・ボゴムの母親役を演じていた

『恋のスケッチ~応答せよ1988~(邦題/tvN/2015)』でパク・ボゴムの母親役を演じていたイ・イルファ(写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

パク・ボゴムとは22歳離れているのですが、その優れたビジュアルから熱愛説の相手になったことが。

12月21日、MBCバラエティー『ラジオスター』に出演し、当時の真相について語りました。

イ・イルファは、12月21日にMBCバラエティー『ラジオスター』に出演した

12月21日にMBCバラエティー『ラジオスター』に出演したイ・イルファ(画像出典:MBC『ラジオスター』映像キャプチャー)

噂が浮上したのは、2016年にプーケットでパク・ボゴムと2人で歩いている写真がSNS上に出回ったから。

しかし彼女の説明によると、ドラマがヒットしたご褒美として共演者と共に訪れた旅行先で撮られたものとのこと。集合場所に移動する途中で、たまたまパク・ボゴムと出くわしただけなのだとか。

番組で当該写真が公開されると、MCが「本物の恋人同士みたい」と反応するなど、22歳という年齢差を全く感じさせないイ・イルファの美しいスタイルに熱い視線が集中しました。

もちろん、交際説が囁かれた当時も彼女のルックスは話題に。サングラスをかけていたことから、イ・イルファだと気付かない人がいたほどです。

イ・イルファとパク・ボゴムの写真は、熱愛説が浮上した

熱愛説が浮上したイ・イルファとパク・ボゴムの写真(画像出典:韓国オンラインコミュニティー)

こうしてパク・ボゴムの交際相手だと誤解されたイ・イルファですが、実は彼を、愛する娘の旦那さんとして迎えたいと公言したことが。

それは2017年にKBSのバラエティー番組『ハッピートゥゲザー3』に出演した時のこと。

MCから「真剣に、お婿さんにしたいと思う人はいるか」との質問に、何の迷いもなくパク・ボゴムを指名。

『恋のスケッチ~応答せよ1988~』で共演した時を回想し、「すごく純粋で礼儀正しい。最近の若者にはいない青年」と絶賛しました。

我が子の結婚相手に選ぶほど、イ・イルファはパク・ボゴムの人柄を買っているようです。

イ・イルファは、『ハッピートゥゲザー3』でパク・ボゴムをお婿さんにしたいと公言した

『ハッピートゥゲザー3』でパク・ボゴムをお婿さんにしたいと公言したイ・イルファ(画像出典:KBS『ハッピートゥゲザー3』)

しかも彼女は過去にあるインタビューで娘の存在を、「私の人生の源」だと語ったことがあります。

なぜなら、長い間女優として頑張ってこられた原動力になったからなのだとか。

1991年にSBS局の女優としてデビューし、1996年に歌手カン・インウォンと結婚、翌年に離婚を経験した彼女。

その後オーストラリアに留学し2001年に帰国するも、子育てに専念し演技活動に復帰するのは難しかったそうです。

しかしそんな中、2002年に再び芸能界に戻る決心をしたのは娘がいたから。

「私が生きていく力」「どういう風に成長するか分からないけれど、母として最善の努力をしてあげたかった」と、当時を振り返りました。

どうやら彼女は、そんな大切な愛娘を任せられるほど、パク・ボゴムに絶大な信頼を寄せているようです。

『恋のスケッチ~応答せよ1988~』で彼の人柄に触れたイ・イルファ。その時から、“パク・ボゴムがお婿さんだったら”と想像していたことが予想されます。

それだけに、まさか自分が熱愛説に巻き込まれるとは思っていなかったことでしょう。

西谷瀬里

韓国ドラマが大好きな西谷です。現在はK-POP関連の記事を主に投稿しておりますが、韓ドラの魅力や、俳優&女優さんの活躍も随時紹介していきたいと思います。あらゆる年代の読者の方に、楽しんでいただける記事が届けられたらなという思いです。

記事一覧を見る(488件)




ご意見を自由にコメントしてください!

記事に関するご意見や情報提供はこちらのフォームをご利用ください。

編集部おすすめ記事blank

サイトの広告について

Danmee(ダンミ)は、収益化の一環としてオンライン広告を展開しております。広告の内容(公序良俗を害するもの)や、可読性の低下につながる広告に関するご意見はこちらのフォームをご利用ください。

この記事と関連度が高いトピック

現在読まれています!

最新記事

RECENT TOPICs