最近の韓国ドラマのトレンドである”年上の女性・年下の男性”というカップルの設定。ヒョンビンは『私の名前はキム・サムスン』で、いち早く”年下男性”を演じてトップスターに上りつめた。これまで多くの年上女優と共演してきたヒョンビンの魅力ポイントとは‥。

ドラマ『愛の不時着』旋風で自身3度目のブレイク迎えたヒョンビン。

最近では、“ヒョンビン is 最高(현빈 is 뭔들)”という言葉を韓国のネットでよく耳にするが、これは“ヒョンビンは何をしてもかっこよくて素敵”という意味で、どのような配役でも相手女優を引き立たせると同時に、自身も輝いて魅せるという言葉だ。

彫刻のように綺麗な容姿で、優しく温かみのある顔が強みのヒョンビンは、年下男性の役から、詐欺師、北朝鮮の軍人などどのような配役でもよく似合うが、今回は彼の配役の中でも、“年下男性”に注目したいと思う。

ヒョンビン

ヒョンビン(画像出典:10asia)

最近のロマンスドラマのトレンドを挙げるならば、年上の女性・年下の男性カップルではないだろうか。

ドラマなど大衆文化の主な消費層が、30代~60代以上など幅広い年齢層の女性に拡大したことはもちろん、女性作家が多くなったため、女性たちが体験している暮らしが繊細に盛り込まれる内容がさらに増え、年上女性・年下男性のキャラクターが脚光を浴びているためだ。

また、“世のお姉さま”たちに存在感をアピールし、注目してもらえたらロングランできるとも言われているため、韓国俳優の中では“年下男性”が、スターの登竜門としての位置を確立しており、この頃映画およびドラマを牛耳るトップスターのほとんどが“年下男性”を経験している。

その中でも、ヒョンビンは2005年に放送されたドラマ『私の名前はキム・サムスン』で、年上女優のキム・ソナと共演し、“サムシク”という愛称と共にいち早く“年下男性”のイメージでトップスターに上りつめ、自身最初となるブレイクを迎える。

キムソナと共演した『私の名前はキムサムスン』

キム・ソナと共演した『私の名前はキム・サムスン』(画像出典:mbc)

今や想像もつかない--50%を超える視聴率を叩き出した韓国ドラマ史に残る名作だ。同ドラマでヒョンビンは自分より3歳上のサムスン(キム・ソナ扮)に求愛をする”御曹司×ツンデレ×年下男”を見事に演じ、世の女性から熱い支持を得た。

『私の名前はキム・サムスン』

『私の名前はキム・サムスン』

『私の名前はキム・サムスン』で”御曹司×ツンデレ×年下男”を見事に演じたヒョンビン(画像出典:MBC)

ヒョンビンは、年下・同世代・年上、どのような役柄でもカバーできる安定的な演技力を持ち、特に“年下男性役”では女性視聴者たちのファンタジーを刺激したことで、既存の男女観のロマンス公式を打ち破り、ドラマ界に新たな風を吹き込んだ俳優とも言われている。

年上女優はもちろん、あらゆる世代の女優と呼吸を合わせながら、毎回自身の魅力を発散するヒョンビンは、劇中、本当に恋愛をしているかのように演技をする役者であるため、度々熱愛説が浮上することもある。だが、そのような憶測に振り回されず、作品活動にだけ専念して神秘感を維持しているため、ほとんどのスキャンダルは傷にもならないほど。

俳優としての闘志と、粘り強く耐え抜く力、集中力まで備えて非の打ち所がない魅力の塊りであるヒョンビン。今後は、年下の女性との愛を育てる大人な魅力が溢れる年上男性という既存のメローや、今までにない新しいキャラクターも見てみたい。




ヒョンビン

韓国の人気俳優ヒョンビン(ハングル 현빈)。1982年9月25日生まれ。

2003年にKBSのテレビドラマ『ボディガード』(2003)でデビュー。

2005年にMBCドラマ『私の名前はキム・サムスン』(2005)で大ブレイク。韓流スターとして、韓国や日本、中国をはじめアジア全域で人気を博している。

ヒョンビン プロフィール&記事(71)