巣籠もり生活が追い風となり、Netflix発の韓国ドラマブームが起きている。このような中、韓国を代表する俳優、コン・ユの出演が期待されているNetflixオリジナルシリーズ『静けさの海』に注目が集まった。

韓国のあるメディアが、コン・ユと女優のペ・ドゥナがNetflixオリジナルシリーズ『静けさの海』で呼吸を合わせると報じた。あわせて、イ・ジュンヒョク、キム・ソンヨン、ホ・ジョンドらの出演が決定し、詳細をまとめているという。

だが、この報道を受け、Netflix側は「まだ決まっていない」と明かしており、実際に出演するのかは現時点では未定のようだ。

コン・ユの次回作はどの作品?(写真提供:©スポーツ韓国 画像出典:マネージメントsoop)

Netflixの次期オリジナルシリーズの主人公候補 ぺ・ドゥナ

“キングダム2″に続き、Netflixシリーズの出演なるか?女優ぺ・ドゥナ(画像出典:ぺ・ドゥナInstagram)

コン・ユ、ぺ・ドゥナが有力候補となった『静けさの海』は、世界的な砂漠化によって水と食料が不足している未来の地球を背景に、月に捨てられた研究基地に疑問のサンプルを回収しに行く精鋭隊員たちの物語を描いたSFホラー作だ。

2014年の第13回ミジャンセン短編映画祭で大きな注目を集めたチェ・ハンヨン監督の同名の短編映画をシリーズ化するもので、広大な宇宙を背景に繰り広げられる緊張感あふれる予測不可能なストーリーが魅力的な作品だ。

また、制作陣が豪華なことでも注目を浴びている。
『静けさの海』はチョン・ウソンが製作者として参加し、原作を演出したチェ・ハンヨン監督がメガホンを、映画『マザー』で第29回韓国映画評論家協会賞脚本賞を受賞したを執筆したパク・ウンギョ作家がシナリオを担当する。さらにNetflixオリジナルシリーズ『キングダム』のプロデューサーも参加するとのことだ。

もし出演が決定すれば、コン・ユは宇宙航空局所属の軍人であり、チームのリーダーであるユンジェ役を、ベ・ドゥナは秘密を抱く探査要員のジアン役をはじめ、イ・ジュンヒョクがスチャン、キム・ソンヨンがガヨン、ホ・ジョンドが騎手役をそれぞれ引き受ける。

『静けさの海』は8部作で制作され、今年8月から撮影に入る計画だ。
本作は月を背景にしたSFホラーであるため、セット撮影とVFX技術を駆使して制作されるようで、韓国の優れた技術を世界に披露する機会でもあると話題になっている。

現在、Netflixが配信した『愛の不時着』や『梨泰院クラス』の絶大な人気により、世界中で韓国ドラマブームが巻き起こっている。その熱は冷めやらず、今度もまだまだ続きそうだ。



もし『静けさの海』にコン・ユの出演が決定すれば、この2作品に続く人気を博す作品となることは間違いないだろう。仮に現在のブームが落ち着いたとしても、次なる韓国ドラマブームを牽引する作品になるのではないだろうか。

日韓に多くのファンを持つコン・ユの次回作に、コン・ユのファンだけでなく、世界中の”韓国ドラマ”ファンからも熱い期待が寄せられている。

ⓒ 한국미디어네트워크 提供(http://sports.hankooki.com/)
本記事は韓国MEDIA NETWORKが運営するスポーツ韓国の記事内容の一部あるいは全部 及び写真や編集物の提供により作成されております。

最新韓流とK-POPニュース

人気ニュース

コン・ユ 動画をみる

最新ニュース

おすすめニュース