俳優のイ・ドンウクと仲の良いことでも知られている、コン・ユ。先日、コン・ユが出演したバラエティー番組でも、彼らの深い友情が感じられるトークが繰り広げられていた。

日韓でシンドロームを巻き起こしたドラマ『トッケビ~君がくれた愛しい日々~(2016)』(以下、『トッケビ』)での共演がきっかけで仲良くなった、俳優のコン・ユとイ・ドンウク。

『トッケビ』で共演したコン・ユとイ・ドンウク

俳優のコン・ユ(左)と、イ・ドンウク(右) (画像出典:マネジメントSOOP公式Instagram、イ・ドンウク公式Instagram)

コン・ユとイ・ドンウクは『トッケビ』の撮影時、お互いを”ケビヒョン(トッケビ+ヒョン(お兄さん))”、”ドンスンイ(ドンウク+チョスンサジャ(死神))”という愛称で呼び合いながら、さらに仲を深めていたそうだ。

以前、イ・ドンウクがMCを務めたSBSトークショー『イ・ドンウクはトークがしたくて』にコン・ユが出演した際、『トッケビ』での撮影エピソードをはじめ、プライベートではメールのやりとりやお酒を飲みに行くなどし、ドラマの撮影が終了した後も親交を深めていることを語っていた。

(関連記事)ブロマンス炸裂! コン・ユ「トッケビ」の名シーンをイ・ドンウクと共に回想

気が置けないリラックスした関係の彼らであるが、先日、コン・ユが出演したtvNバラエティー番組『ユークイズ・オン・ザ・ブロック』でも仲の良さを再確認できるシーンが登場した。

バラエティー番組でもイ・ドンウクとの仲の良さがうかがえるエピソードが

tvNバラエティー番組『ユークイズ・オン・ザ・ブロック』に出演したコン・ユ(画像出典:ユークイズ・オン・ザ・ブロック公式Instagram)

MCのユ・ジェソクとチョ・セホに囲まれ、番組名物である”深く突っ込んだトーク”をしていた時のこと。

コン・ユはイ・ドンウクから番組に届けられたコーヒートラック(ケータリング)について「イ・ドンウクは賢い友達だ」とし、その理由をこう語っている。

イ・ドンウクについて話すコン・ユ

コン・ユがイ・ドンウクに対し「賢い友達だ」と言った理由とは‥?(画像出典:ユークイズ・オン・ザ・ブロック映像キャプチャー)

「コーヒートラックを番組に贈れば、ユ・ジェソクさん、チョ・セホさん、そして僕(コン・ユ)の3人に対して贈ることになる」と。つまり、1台のコーヒートラックで3人分のプレゼントを届けられるということだ。続いてコン・ユは「本物の狐みたいだ。百本の尻尾が付いた」と冗談交じりで話していた。

イ・ドンウクは現在、tvNドラマ『九尾狐伝』に出演中だ。
本作は、都市に定着した九尾狐と彼を追うプロデューサーのファンタジーアクションロマンス劇で、イ・ドンウクは白頭大幹の山神であり、現世と冥府を行き来する妖怪審判者・九尾狐(クミホ)のイ・ヨン役を演じている。

つまりコン・ユの言った「本物の狐みたいだ。百本の尻尾が付いた」とのコメントは、イ・ドンウクのドラマ『九尾狐伝』を指しているのではと推測される。

イ・ドンウクについて話すコン・ユ

「本当に狐みたい」とイ・ドンウク出演ドラマの番宣(?)も忘れないコン・ユ(画像出典:ユークイズ・オン・ザ・ブロック映像キャプチャー)

さりげなく親友イ・ドンウクの(ずる?)賢さを褒め、それに加え、ユーモアを交えてドラマの宣伝までも行ったコン・ユ。

すぐさま「賢い」という単語が飛び出すということは、常日頃からイ・ドンウクの賢さ、そしてチャーミングでユーモアたっぷりの(ずる?)賢さに好感を抱いていたからなのでは‥?

これについてインターネット上でも「仲の良さが分かる」「親友(イ・ドンウク)のドラマ作品の宣伝をしたのね」などの声が届けられている。

トーク中に変化球を使って親友の”番宣”を行ったコン・ユにも、イ・ドンウクと同じく機転の利いた”賢さ”が垣間見えていた。



コン・ユ

マネジメントSOOP所属の俳優コン・ユ(ハングル 공유)。1979年7月10日生まれ。

“コン・ユ”という芸名は両親の苗字から付けられたもので、本名は、コン・ジチョル。

2000年、Mnet VJ 7期として芸能界にデビューしたコン・ユは、2001年KBSドラマ『学校4』を通じて演技者としてデビュー。

2007年、日本でも人気を博したドラマ『コーヒープリンス1号店』が大ヒットし、この年MBC演技大賞で優秀賞を受賞。当ドラマは、コン・ユの出世作となった。

コン・ユ プロフィール&記事(103)

人気ニュース

コン・ユ 動画をみる

最新ニュース

おすすめニュース