世界中でヒット作を量産し続けている配信プラットホームの数々。そんな中で、特に視聴者の関心を集めている韓国作品が3作品ある。コン・ユやユ・アイン、キム・スヒョンを始めとする豪華な顔ぶれの中で、どのドラマが2021年を飾る”超大作”となるだろうか。

今年は、Netflix(ネットフリックス)を始めとしたオンラインストリーミングサービスで、様々な韓国ドラマ・映画の大作が配信され、視聴者から喜びの声が止まらない。

2021年だけでも、Netflixで歴代最高興行収入を記録し、世界中でシンドロームを起こした『イカゲーム』や、軍隊社会の不条理や、過酷な行為などの現実問題を辛辣に描き、ウェルメイド作品として評価された『D.P. -脱走兵追跡官-』など、多数の韓国作品が世界中の人々から称賛を浴びた。

そんな中、韓国メディアのYTNが、今年最後はどの作品が飾るのか、期待の3作品を紹介している。

『地獄が呼んでいる』

『地獄が呼んでいる』

11月19日公開予定の『地獄が呼んでいる』(画像出典:Netflix)

配信開始前から期待が集まっている作品が、11月19日より公開となるNetflixオリジナルシリーズ『地獄が呼んでいる(邦題)』だ。

(関連記事)Netflix『地獄が呼んでいる』予告編公開‥ネットユーザーの反応は?

本作は、映画『新感染 ファイナル・エクスプレス(邦題/2016)』を演出したヨン・サンホ監督がメガホンを取った作品で、出演にユ・アイン、パク・ジョンミン、ウォン・ジナ、キム・ヒョンジュ、ヤン・イクチュンなどの演技派俳優が集結したことでも話題に。

ウェブトゥーン漫画を原作とした本作は、この世のものではない存在が突然出現し、人間を地獄へと突き落とすという不可解な事件と、この現象を「神の裁きだ」とする宗教団体の実態を明らかにしていく中、繰り広げられる人間群像が描かれている。

ユ・アインとパク・ジョンミン

ユ・アイン(上)、パク・ジョンミン(画像出典:Netflix Korea公式Twitter)

『地獄が呼んでいる』は、トロント国際映画祭、BFIロンドン映画祭、釜山国際映画祭など、国内外有数の映画祭に招待され、「ウェブトゥーン史上、最も衝撃的な作品」と絶賛され、世界各国から関心が集まっている状態だ。


『地獄が呼んでいる』最終予告編(動画出典:YouTube Netflix Japan)

『静けさの海』

『静けさの海』

チョン・ウソンが制作者として参加した『静けさの海』(画像出典:Netflix Korea公式Twitter)

2021年下半期、最大期待作の1つである『静けさの海』は、俳優のチョン・ウソンが制作者として参加したことで、注目を集めた作品だ。

俳優のコン・ユ、ペ・ドゥナ、イ・ジュンなどの豪華顔ぶれが名を連ねたことで、さらに期待度が高まっている。

SFミステリー・スリラージャンルとも称される本作は、世界的な砂漠化によって水と食料が不足している未来の地球を背景に、研究基地で繰り広げられる研究隊員たちの物語を描く。

ペ・ドゥナ、コン・ユ、イ・ジュン

(左から)ペ・ドゥナ、コン・ユ、イ・ジュン(画像出典:Netflix Korea公式Twitter)

『静けさの海』は、第13回『ミジャンセン短編映画祭(2014)』で注目された、チェ·ハンヨン監督の短編映画をシリーズ化したもので、チョン·ウソンは「作品の持つキラキラしたアイデアがとても良くて、“絶対に長編化しなければならない”という思いで挑戦した」と明かしている。

(関連記事)Netflix新ドラマ ‘静けさの海’ コン・ユ&ペ・ドゥナ強力タッグ誕生!

そんな“制作者”として戻ってきたチョン·ウソンと、コン・ユ、ペ・ドゥナ、イ・ジュンという人気俳優のタッグが見られる『静けさの海』は、12月にNetflixにて配信予定だ。

『ある日~真実のベール』

『ある日~真実のベール』

Coupang Playシリーズ『ある日~真実のベール』(画像出典:Coupang Play、チョロッペム・メディア、THE STUDIO M、GOLDMEDALIST)

俳優のキム・スヒョンと、チャ・スンウォンなど、実力派俳優らが多数出演する、社会派犯罪ドラマ『ある日~真実のベール(邦題)』にも関心が集中している。

平凡な大学生から、一夜にして殺人事件の容疑者となってしまうキム・ヒョンス役をキム・スヒョンが演じ、そんなヒョンスに唯一手を差し伸べる弁護士、シン・ジュンハン役をチャ・スンウォンが担う。

隠された真実と歪んだ正義、そして司法の問題点が繊細に描かれた作品だ。

(関連記事)キム・スヒョンが一夜にして容疑者に‥ドラマ ‘ある日’ 台本読み合わせ公開

チャ・スンウォンとキム・スヒョン

チャ・スンウォン(左)、キム・スヒョン(画像出典:Coupang Play公式Twitter)

キム・スヒョンは、tvNの『サイコだけど大丈夫』以来の復帰作であり、チャ・スンウォンは、2018年の『花遊記』以降、3年ぶりにドラマ復帰する。

そんな2人の相乗効果が、作品にどのように活かされるのか、放送前から期待を集めている。

『ある日~真実のベール』は、11月にOTT(オンライン動画サービス)のCoupang Play(ク―パンプレイ)で単独公開される予定だ。


『ある日~真実のベール』1次予告編(動画出典:YouTube Coupang Play)

*****

様々な期待作が続々と公開される中、また世界的なシンドロームを起こす作品は、現れるのか‥今後も新たな韓国作品から目が離せそうにない。



コン・ユ

マネジメントSOOP所属の俳優コン・ユ(ハングル 공유)。1979年7月10日生まれ。

“コン・ユ”という芸名は両親の苗字から付けられたもので、本名は、コン・ジチョル。

2000年、Mnet VJ 7期として芸能界にデビューしたコン・ユは、2001年KBSドラマ『学校4』を通じて演技者としてデビュー。

2007年、日本でも人気を博したドラマ『コーヒープリンス1号店』が大ヒットし、この年MBC演技大賞で優秀賞を受賞。当ドラマは、コン・ユの出世作となった。

コン・ユ プロフィール&記事(128)

最新韓流とK-POPニュース

人気ニュース

コン・ユ 動画をみる

最新ニュース

おすすめニュース