Netflix(ネットフリックス)の新ドラマ『地獄が呼んでいる(邦題)』が、11月19日に公開される。これに先立ち、Netflix Koreaは公式YouTube(ユーチューブ)を通して、公式予告編を公開。ネットユーザーが様々な反応を見せた。 (記事・写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

Netflix Korea(ネットフリックス コリア)の公式YouTube(ユーチューブ)チャンネルに10月27日、ドラマ『地獄が呼んでいる(原題:『地獄』)』の予告編映像が掲載された。

ドラマ『地獄が呼んでいる』のメインキャストであるパク・ジョンミン(左)とユ・アイン。

ドラマ『地獄が呼んでいる(邦題)』のメインキャスト、パク・ジョンミン(左)とユ・アイン。(写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

公開された映像は、パク・ジョンジャ(キム・シンロク扮)が、自宅で自身の誕生日を祝ってくれる息子と娘に感動する姿で始まる。母の姿をスマートフォンで撮影していた息子は、戸惑った表情で「母さん」と呼んだ。すると地獄の使者は、パク・ジョンジャに「お前は5日後に死ぬ」と告げる。

場面が変わり、チョン・ジンス(ユ・アイン扮)は「人はなぜ罪を犯す? 人が罪を犯すから、罪が存在する」「人々は恥や罪の意識、後悔や償いを忘れてしまった。神は直接、地獄を見せている」と話した。

彼が「あなたたちは正しく生きなければならない」と言うと、チョン・ジンスの言葉に続いて地獄の使者が現れ、人々に飛び掛かり“地獄”が繰り広げられる。チョン・ジンスは「恐怖が人々を罪から解放させる」「新しい世界へようこそ」と“地獄”の始まりを知らせるのだった。

これを観たネチズン(ネットユーザー)は、「鳥肌の立つシーンが多いけど、この後どう展開されるのか気になる」「早く11月19日にならないかな」「何かに憑かれたようなユ・アインの演技に期待!」「公開日まで息を切らしながら待つ」「ユ・アインを信じて観る」「こんな地獄道を実写で観ることになるなんて‥」などの反応を見せ、期待を表す。

しかし一部では「映画『新感染 ファイナル・エクスプレス(2016)』を手掛けた監督だから期待するけど、『新感染 ファイナル・ステージ(2020)』の監督でもあるから不安」「CGが少し心配」「現象だけがあって、メインストーリーのラインがなさそう」「大丈夫なのかは、公開されないと分からない」などの反応を見せた。

『地獄が呼んでいる』は、予告なしに登場した地獄の使者から、人々が地獄行きの宣告をされるという、超自然的な現象が発生。この混乱に乗じて復興した宗教団体の新真理会と、事件の実態を明かそうとする人々が繰り広げる話を描いた作品だ。

映画『新感染 ファイナル・エクスプレス』や『新感染 ファイナル・ステージ』などを演出したヨン・サンホ監督が、2019年に連載した同名のウェブコミックを原作とし、俳優のユ・アイン、キム・ヒョンジュ、パク・ジョンミン、ウォン・ジナ、ヤン・イクジュン、キム・シンロク、イレなどが出演している。

『地獄が呼んでいる』は全6話で制作され、11月19日にNetflixを通して世界一斉に公開される予定だ。


『地獄が呼んでいる』予告編(動画出典:YouTube Netflix Japan)
ⓒ TOPSTAR NEWS 提供(http://www.topstarnews.net/)
本記事は韓国Social Media Networks Co., Ltd.が運営するTOPSTAR NEWSの記事内容の一部あるいは全部 及び写真や編集物の提供により作成されております。



最新韓流とK-POPニュース

人気ニュース

韓国俳優 動画をみる

最新ニュース

おすすめニュース