将来が期待されている俳優の1人である、チョ・ビョンギュ。ドラマの主演を機に一躍スターダムへと駆け上った彼だが、”校内暴力”疑惑により輝かしいステージから急降下を強いられてしまった。事実であれ噂であれ、降りかかった疑惑はモンスター級に膨れ上がり彼を襲っている。(写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

韓国ドラマ界の次世代スターとして注目を浴びている俳優のチョ・ビョンギュ。

1996年4月生まれの24才、将来が期待されている若手俳優の1人として精力的に活動を続ける彼は、JTBC『SKYキャッスル~上流階級の妻たち~(2018)』、tvN『アスダル年代記(2019)』、SBS『ストーブリーグ(2019)』などの名作を通じて名を知らせ、OCN『悪霊狩猟団:カウンターズ(2020)』では主演に抜擢されている。

チョ・ビョンギュは韓国を代表する若手俳優だ

韓国を代表する若手俳優として活躍中のチョ・ビョンギュ(写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

その主演作である『悪霊狩猟団:カウンターズ』は予想を大きく上回る大ヒットを記録した。
韓国ではケーブルテレビ局OCN(ケーブルチャンネル)で放送され、回を重ねるごとに視聴率が上昇。第6話ではOCN歴代視聴率1位であったレジェンドドラマ『ボイス2』の7.1%を超えた7.6%を記録し、最終話では10%をはじきだした。最高視聴率を更新しただけでなく、OCNで初の2桁視聴率という伝説も誕生させている。

また、Netflix(ネットフリックス)でも配信されており、日本をはじめ海外からも、言うなれば世界的な関心を集めている作品だ。

(関連記事)今週末 NETFLIX見るなら絶対にコレ!超進化系韓ドラ「悪霊狩猟団:カウンターズ」

まさに飛ぶ鳥を落とす勢いのチョ・ビョンギュ。
しかし、華やかなスターダムへの階段を駆け上っている最中、彼は韓国社会の中で注目されているトピック”校内暴力”疑惑に包まれてしまう。

"校内暴力"疑惑に包まれたチョ・ビョンギュ

スターダムへの階段を駆け上っている最中、チョ・ビョンギュは”校内暴力”疑惑に包まれることに‥。(写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

彼に降りかかった疑惑は、留学先での出来事だった。
あるオンラインコミュニティーに、チョ・ビョンギュがニュージーランドで高校生活を送っていた際「チョ・ビョンギュから、自分が無視したという理由で言語暴力を受けた」と主張する書き込みが掲載された。所属事務所はこれを否定し、警察に捜査を依頼。デマを流した者は自首している。

これ以降も彼から小学生時代に校内暴力を受けたと主張するコメントが掲載されたが、先の暴露が捏造であることが判明し、証拠不十分という反応が続いていた。

(関連記事)チョ・ビョンギュ ‘校内暴力疑惑’ がデマと判明‥謝罪受け入れ善処

一見、降りかかった火の粉は払われたかのように見えた。しかし一方で、チョ・ビョンギュが直接”校内暴力”疑惑について説明したが、解せない疑問が残っているという指摘が出ている。

その理由は、多くの被害者が一貫して証言した被害事実に対する”釈明”に不可解なところ、矛盾しているところが多いと大衆は思っているようだ。

韓国メディア・ノーカットニュース(https://www.nocutnews.co.kr/)は、その不可解なところが5つもあり、校内暴力を隠ぺいするための”虚偽の釈明”ではないかと指摘している。

残念ながら、騒動の沈殿を図るために行った釈明は、更なる疑惑を呼び、大衆からは厳しい指摘を受けるという結果を招いてしまった。

議論として持ち上がった”校内暴力”疑惑は、事実であれ噂であれ、有名人は破壊的なダメージを受けてしまう。これは問題視されている校内暴力の実態はさほど議論にならず、メディアでは暴露された有名人のゴシップとして報じる傾向にあるためだ。

今回も1人の若手スターがこれから大空に羽ばたこうとした途端、一瞬にして急降下を強いられてしまった。
いまだ落ち着きを見せない、韓国芸能界における”校内暴力”疑惑。次は誰に襲い掛かるのだろうか。

(関連記事)2021年 韓国芸能界「校内暴力・いじめ」暴露と各社対応 時系列まとめ




最新韓流とK-POPニュース

人気ニュース

韓国俳優 動画をみる

最新ニュース

おすすめニュース