「アムノレシンドローム」を巻き起こしたアーティストであり、プロデューサーであるZICO(ジコ / ハングル 지코)が雑誌「THE STAR」の表紙を飾った。同誌におさめられたインタビューでは、「アムノレ」がヒットした理由を自己分析、今後の展望についても語っている。

韓国内だけでなく、グローバルな人気を得たZICO(ジコ / ハングル 지코)の「アムノレ(아무노래)」。

雑誌「THE STAR」の表紙を飾った彼が、同誌におさめられたインタビューで、「アムノレ」がヒットした理由を自己分析、今後の展望についても語った。

「THE STAR」3月号の表紙を飾るZICO

ZICOが「THE STAR」3月号の表紙を飾る(画像出典:「THE STAR」3月号)

これだけ大きな成功を予想していたかという質問に「まったく予想できませんでした。どんなに良い構想であっても、企画と意図がきっちり合わなければタイミングと運はついてきませんから。今作はそのすべてがピッタリ合った結果だと思います。大衆の反応を見ている間、僕と僕に近い考えと感情を得た方たちが多かったようで、まるでこういう曲を待っていたように好きになってくれて感謝したいです」と、最近の自身の人気について分析したZICO。

「THE STAR」で多彩なファッションを披露

「THE STAR」で多彩なファッションを披露するZICO(画像出典:「THE STAR」3月号)

「アムノレ」は今年1月13日にリリースされた楽曲で、多くのアーティストやアイドルが同時期にカムバックする中、音楽番組に出演することなく長きに渡って1位を獲得し続けている。また、本曲に合わせてダンスを踊る“アムノレチャレンジ”が大流行し、韓国のアイドルから俳優まで、多くの人がSNSに動画を投稿したことも話題となった。

アムノレダンスチャレンジ

ZICOがMAMAMOOのファサ、I.O.I出身のキム・チョンハと“アムノレダンス”を披露(画像出典:KOZエンターテインメント)

昨年KOZエンターテインメントを設立したZICO。これに関しては「1つのジャンルや分野に閉じ込もるのではなく、いろいろと試行錯誤しながらレーベルを作りたいです。幸い、まだ大きな困難には遭っていません。始めから僕がやってきた方式と似ていて、大幅な苦労もないですね」と代表としての率直な気持ちを語った。

そして「僕の20代は激しくて、すごく戦闘的に生きてきたような気がします。これからの30代は、激しく生きることに責任感を持って、激しく生かざるを得ない人になりたいです」と20代の終わりを前に心境を打ち明けた。

また、ZICOに’音楽’はどんな意味を持つかを尋ねると「この質問をされるたびに、返答に困ってしまう……僕らはとても長い恋人、長い時間を共に過ごしてきて、お互いをよく知ってるんです。でも、時々知らなかかった驚くべき面を見せてくれる、そんな感情です。だから難しい」と熟考後、口を開いた。

最後に歌手でラッパー、アイドル、アーティストなど、ZICOとして一番大きな目標については、「大きな目標を立ててはいません。これまで“これはぜひやらなきゃ”と思ったビックピクチャーを立てたので、この基準に少しズレたらそれは僕のせい。これからは短い瞬間を対処して、楽しく生きるために努力します。そうすればいつか僕が願う時期に、夢見たビックピクチャーが完成していそうです。」と素直な気持ちを話すのだった。

一方、ZICOのスタイリッシュなサングラススタイリングが込められたカバーグラビアとインタビュー、デジタルコンテンツは、すべてTHE STAR3月号とTHE STARモバイル、THE STAR SNS、公式YouTubeなど様々なチャンネルで見ることができる。


지코 ‘아무노래’ MV(動画出典:KOZ Entertainment)