JYPエンターテインメントが、TWICEメンバー全員との契約更新に合意したと発表した。しかし、9人全員が同じ年数である保証はなく、メンバーごとにバラつきが生じている可能性は大いにある。再契約におけるK-POPアイドルの”業界通念”を紹介する。

TWICE(トゥワイス)とJYPエンターテインメント(以下、JYP)が、ファン待望の”再契約”を報告した。しかも、メンバー全員による契約更新である。

東京ドーム公演を成功裏で終えた、ガールズグループのTWICE

東京ドーム公演を成功裏で終えた、ガールズグループのTWICE(画像出典:TWICE Japan公式Twitter)

本日(7月12日)、JYPは報道資料を通じて「TWICEが今年秋に控えている契約満了に先立ち、全員が契約更新を完了した」とし「JYPの位相確立に決定的な貢献をしたTWICE、またTWICEが、K-POPを代表するガールズグループとして成長できるようサポートしてきたJYPが、このような信頼をベースに今後さらに発展した未来を確信し、再契約に合意した」と明かした。

JYPの報告に、世界のファンは歓喜。そして、彼女たちのさらなる変貌に期待を寄せている。

最近、メンバー個人のインスタグラム開設や、ナヨンのソロアルバム発表など、”衆”より”個”に力を入れているとの予測も出ているTWICE。

一部では「ワールドツアーなど、グローバルな活動は全員で行い、以前と比べてよりメンバー個人の意見を重視した活動をする可能性が高い」「ソロ活動や、ユニット活動も期待できる」など、期待の声も聞こえている。

しかし、「9人で活躍するTWICEが見られる! しかもより多彩なTWICEが堪能できる!」という、歓喜と期待の一方で「TWICEの再契約期間は?」という疑問が頭をよぎるだろう。

一般的に、業界通念上、”再契約期間”についての詳細は公表されない傾向があり、TWICEメンバーも同様(現時点では)のようだ。

契約更新はしたものの、9人全員が同じ年数である保証はなく、メンバーごとにバラつきが生じている可能性は大いにある。場合によっては、ファンの願う”完全体”としての活動が、さほど長くないという事もあり得るのだ。

契約更新の知らせで一安心するも、契約年数が分からずモヤモヤ案件とも言えよう。

焦点はまさに、

・TWICEメンバー全員の契約年数は?
・メンバー全員、契約年数は同じ?

になるだろう。

K-POP業界では2期目(1回目の契約更新)の場合、契約年数を2~3年に設定するケースが多いとされている。それは活動領域の拡大(個人活動、俳優やタレント)という、アーティスト側の要望と、事務所側の”アイドルの年齢”というリスクを回避したいという思惑が働くため、再契約年数は短くする傾向にあるのだという。

2006年にデビューした、K-POPを代表するアイドルグループBIGBANG(ビッグバン)の場合、2011年と2015年、2020年にYGエンターテインメントと、計3回の契約更新を行っている。

これらタームを見ると、契約期間が4~5年であるように見えるが、こちらは契約満了が迫る前の更新の可能性もあり、正確な契約年数は不明だ。ただ、メンバーの再契約期間は、”ほぼ変わらない”ことが伺える。

再契約期間を、うっかり公表(?)してしまったアイドルもいる。

今年1月、人気アイドルグループSEVETEEN(セブンティーン)のメンバースングァンは、ファンダム向けのコンテンツで「僕たちの再契約は5年(間)だけど‥」と、契約期間が全員同じ年数であることを明かした。

SEVENTEENメンバー スングァン

SEVENTEENメンバー スングァン(写真提供:©TOPSTAR NEWS)

アイドルの”性別”が契約条件に影響を及ぼす場合も。

女性アイドルの場合、上述した”年齢”によって、契約期間が設定されるケースが多い。女優業に転向もしくは並行するアイドルの場合は、比較的に長期契約の対象になると言われるが、そうでなければ、短く設定されるケースも多いようだ。

男性アイドルの場合、”入隊問題”が非常に大きい。しかし最近は、自主コンテンツ制作が盛んなため、なるべく”空白”を感じさせない方針を取っているという。それ故、過去に比べ”入隊問題”に影響されるケースは減っているとの見解も。

TWICEのような多国籍アイドルグループは、メンバーの”母国での活動”へのギャランティーなども、水面下で話がなされ、契約条件と年数に影響を及ぼす可能性もあるという。






TWICE

TWICE (トゥワイス / ハングル 트와이스)は、2015年に韓国の音楽専門チャンネルMnetで放送されたサバイバルオーディション番組「SIXTEEN」を通して選ばれた9人のメンバーによって結成された。
グループ名の「TWICE(トゥワイス)」には、「良い音楽で一度、素敵なパフォーマンスでもう一度感動をプレゼントする」という意味が込められている。

TWICE 最新記事はこちら(679)

ご意見を自由にコメントしてください!

記事に関するご意見や情報提供はこちらのフォームをご利用ください。

編集部おすすめ記事blank

サイトの広告について

Danmee(ダンミ)は、収益化の一環としてオンライン広告を展開しております。広告の内容(公序良俗を害するもの)や、可読性の低下につながる広告に関するご意見はこちらのフォームをご利用ください。

この記事と関連度が高いトピック

現在読まれています!

最新記事

RECENT TOPICs