韓国ドラマの中で注目を浴び、主に作品人気を牽引するのは主演の男性俳優であることが多く、ダブル主演の女優は比較的サブ的なイメージをもたれる傾向にあった。しかし最近のドラマにおいては、それが逆転しているようだ。3作品を例に挙げて紹介したい。

これまでの韓国ドラマ界は、男性俳優が作品の人気を牽引するイメージが強かった。

『気象庁の人々:社内恋愛は予測不能?!』『二十五、二十一』『明日』

(左から)『気象庁の人々:社内恋愛は予測不能?!』『二十五、二十一』『明日』(画像出典:JTBC、tvN、MBC)

2022年に放送されたものでは、tvN(Netflix)『二十五、二十一』のナム・ジュヒョク、JTBC『気象庁の人々:社内恋愛は予測不能?!』のソン・ガン、MBC(Netflix)『明日』のロウン(SF9)などが、その代表的な例だ。

続きを読む

この記事と関連度が高いトピック

現在読まれています!

最新記事

RECENT TOPICs