SМエンターテインメントに所属するNCTの派生グループWayV(ウェイシェンブイ)から初のユニットWayV クン&シャオジュンがMBCの音楽番組『SHOW CHAMPION』に出演、「韓国で中国曲の活動をするなんて」と、反中感情を持つ韓国ネットユーザーから思わぬ反発を受けている。 (記事・写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

NCTの派生グループであり、中華圏メンバーで構成されているWayV(威神V/ウェイシェンブイ)から初のユニットWayV クン&シャオジュンが韓国の歌番組に出演した。

WayV初のユニットとして活動を開始したクン&シャオジュン

WayV初のユニットとして始動したクン&シャオジュン。(画像出典:WayV 公式Instagram)

6月23日に放送された、MBC音楽番組『SHOW! CHAMPION』で2人は『Back To You』を披露。中国語の歌詞を歌い、画面には韓国語字幕が載せられた。

本曲は、叙情的なピアノのメロディーに、クンとシャオジュンの甘美な声が混ざり合ったバラードで、歌詞は季節が変わり、時間が流れて朽ちたとしても、再び燃え上がる愛の感情を炎になぞらえ、変化する気持ちは結局愛になり光り輝くという内容だ。

しかし、韓国の放送で中国語曲の活動するということに、厳しい視線が向けられている。

各オンラインコミュニティーでは、WayVの活動に対して賛否の議論が繰り広げられた。

WayVは、クン、ウィンウィン、テン、ルーカス、シャオジュン、ヤンヤン、ヘンドリーの7人組男性アイドルグループ。彼らはNCTのメンバーでもあり、中国、タイ、香港、マカオ国籍の中華圏メンバーで構成されている。

その上、彼らの多くが「一つの中国」を叫び、民主主義を弾圧する香港警察を支持したことで、論議を呼んだ。

これに先立ち、中国の歴史歪曲や*東北工程問題が浮上し反中感情が深まる中、国内の顔色を伺わない一部の中国メンバーに対して、冷ややかな反応がしばらく続くことになりそうだ。

*東北工程:中国が、朝鮮半島の古代国家とされる高句麗(こうくり)・渤海(ぼっかい)の歴史を、自国の歴史に編入しようとする歴史歪曲のこと。

(関連動画)WayV クン&シャオジュン グループ初ユニット!’Back To You’ MV公開

以下、韓国ネットユーザーの反応

韓国の有名オンラインコミュニティーでは、SMエンターテインメント(以下、SM)の総括プロデューサー、イ・スマン氏の発言が話題となったが、その矢先、WayVのニュースが飛び込み、批判の声は最高潮に達している模様。

(関連記事)SM 総括P イ・スマン、異常なる中国愛に韓国ネットから呆れた声続々

「イ・スマンさん、年取ってかつてのセンスがないことは知ってるけど、これは行き過ぎではない?」

「SMファンも、フォローやめて抗議しろよ!」

「まぁー、SMのお得意先は中国しかないからね。日本ではJYPに、アメリカではHYBEに負け越してるじゃん」

「お金で国を売る気か?」

「中国の資金力に有望コンテンツを乗っ取られているのに・・イ・スマンのような人間がいるから、属国呼ばわりされるのよ」

「需要がないのに、供給を続けてるね・・経済法則を無視する底意が気になる」

WayVが、NCTの派生グループであることを嘆くファンも・・。

「NCT推したいけど、推せない理由・・中国色があまりにも強い」

「またNCTか? と世間から言われるのも、もうたくさんだよ」

「私の推し(NCT)を殺さないで、お願い!(泣)」

「NCTが可哀想」

(コメント翻訳・編集:Danmee編集部)

ⓒ TOPSTAR NEWS 提供(http://www.topstarnews.net/)
本記事は韓国Social Media Networks Co., Ltd.が運営するTOPSTAR NEWSの記事内容の一部あるいは全部 及び写真や編集物の提供により作成されております。



人気ニュース

K-POP男性アーティスト 動画をみる

最新ニュース

おすすめニュース