SEVENTEENの自社コンテンツ『GOING SEVENTEEN』の日程が延期となった。メンバーのミンギュを突如襲った“校内暴力疑惑”が影響しているのではと、憶測を呼んでいる。 (記事・写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

日本と韓国で絶大な人気を誇るSEVENTEEN(セブンティーン)の、新たなコンテンツリリースが延期になったと報じられた。

セブチ、今夜21時公開予定が延期に‥

SEVENTEENの新コンテンツが今夜21時公開予定も延期に‥。(写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

今月3日、SEVENTEENの所属事務所であるプレディスエンターテインメント(以下、プレディス)は「3月3日水曜日の午後9時に予定していた『GOING SEVENTEEN』の公開日程を変更する予定だ」とし、「再開日程は、今後公示を通して案内する。最後に『GOING SEVENTEEN』を待ってくださった多くのCARAT(カラット:SEVENTEENのファン名)の方々に謝罪の言葉を申し上げると共に、了承をお願いしたい」と伝えた。

ウェブバラエティーのオリジナルコンテンツ『GOING SEVENTEEN』は、彼らのアイディアと優れた芸能センス、ケミストリーが相乗効果を生み出し画期的なコンテンツを誕生させ、老若男女、国籍を問わず広く愛されている。

先月24日、所属事務所はSEVENTEENの公式SNSやYouTube(ユーチューブ)チャンネルを通して、『GOING SEVENTEEN』の2021オープニングタイトルシーケンスを電撃的に公開。期待を集めていた。

しかし突然日程が延期され、SEVENTEENのメンバーミンギュを巡る“校内暴力疑惑”が影響したのではと推測されている。

これに先立ち、先月26日にミンギュ関連の暴露文が拡散され、議論へと発展。プレディスは「障がい者をいじめたという内容があったが、これは全く事実ではない」とし、「(ミンギュが)被害者と指摘された方を明確に覚えていたため、噂を頼りに本人のお母様と連絡が取れた。確認した結果、被害者と言われた方はむしろ仲良しだったと言及された」と釈明している。

また「残りの事案についても、積極的に確認中だ」とし「現在ミンギュは活動を中断し、事実関係の確認に対する全ての措置を会社に任せている」と説明した。

ミンギュの校内暴力疑惑と関連し、所属事務所の立場文発表後も、新たな暴露文が掲載され、議論が白熱している状況だ。

ⓒ TOPSTAR NEWS 提供(http://www.topstarnews.net/)
本記事は韓国Social Media Networks Co., Ltd.が運営するTOPSTAR NEWSの記事内容の一部あるいは全部 及び写真や編集物の提供により作成されております。

SEVENTEEN (セブンティーン)

SEVENTEEN(セブンティーン / ハングル 세븐틴 / 愛称 セブチ)は、韓国の13人組男性アイドルグループ。
Pledisエンターテインメント所属。2015年5月26日にミニアルバム『17 CARAT』発売及びデビューショーケースで韓国デビュー。
ボーカルチーム、ヒップホップチーム、パフォーマンスチームの3チームで構成され、楽曲制作から振付に至るまでメンバー自らが担当している。

SEVENTEEN (セブンティーン) プロフィール&記事(242)




人気ニュース

SEVENTEEN (セブンティーン) 動画をみる

最新ニュース

おすすめニュース