EXO(エクソ)メンバーとして、韓国と中国で活動していたクリスが未成年者への性的暴行を働いたと、被害者と名乗る女性が暴露。このニュースは韓国でも瞬く間に拡散され、大きな話題を呼んでいる。 (記事・写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

EXO(エクソ)の元メンバーであり、中国を拠点に活動していたEXO-Mではリーダーを務めていたクリス(本名:ウー・イーファン)に、未成年者に対する性的暴行疑惑が浮上した。

未成年者に性的暴行を加えていたと暴露されたクリスだが‥。

未成年者に性的暴行を加えていたと暴露された元EXOのクリスだが‥。(写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

7月18日(中国時間)、中国のオンラインコミュニティーのWeibo(ウェイボー)では、クリスに関する報道を掲載。

これによると、クリスはキャスティングすることを名目に女性たちに接近し、深夜に面接あるいはミニファンミーティングを口実に、会うことを要求していたという。

件の事実を暴露した女性Aさんは「クリスは、未成年者と飲酒を楽しみながら性的関係を持った」と書き込み、その対価として、50万元(約847万円)を受け取ったと伝えている。

またAさんは「初めて関係を持った時、逃げたかったがクリスのマネージャーに脅迫された」とも主張。「クリスが満足しなかったら、芸能生活も終わりだ」と脅されたと言及した。

さらに「彼と関係を持った時、一度も避妊してくれなかった。他の女性たちにも、約束した芸能界支援を実行したことは一度もない」と強調している。「クリスから受け取った50万元は返還中で、現在は18万元の返還が完了している。残りは振替制限のため、分割して送る」と付け加えた。

クリスは2012年にEXOメンバーとしてデビューしたが、2014年に所属事務所であるSMエンターテインメント(以下、SМ)に対して、専属契約効力の不存在確認訴訟を起こす。2年後の2016年にようやく裁判は終結、元契約通りSМとは2022年まで有効に存続。自由に活動することこは許されたが、中国で稼いだ売上の一部をSМに支給することになった。

これに倣えば、現在もクリスはSМ所属のアーティストということになるのだが、SМはこの件について言及するかどうか、注目を集めている状況だ。

以下、韓国ネットユーザーの反応

韓国のオンラインコミュニティーでは、クリスの行為を”悪質な犯罪”とし、批判の声を強めると同時に、既に脱退している”EXO”のという名前が、世界各国のマスコミによりマイナス要素として使われていることに、強い懸念を抱いている(コメント出典:theqoo)。

「多くの被害者が未成年みたいだけど‥」

「本当に汚ない」

「救いようのない人生」

「クリスが満足しなかったら‥マネージャーの言葉で中国芸能界の闇が垣間見える‥」

「9年間続いているEXOに、クリスがいた時間はたったの2年。にもかかわらず、EXOの看板がずっと付いて歩く‥」

「EXOメンバーの座を放り投げて、中国に夜逃げした人間なのに、ずっと”EXO元メンバー”と紹介される」

「記事を鵜呑みにした人間が、EXOの現メンバーがやらかしたと信じ込んでしまうかも」

「アンチEXOに、いい餌を撒いてくれたね‥」

ここでは、”鳩(はと)”というキーワードが目立つのだが、これは「鳩のように、騒がしく飛び立つ」という意味の俗語で、訴訟などを起こし、騒がしくした後チームを脱退したメンバーのことを指す。

「ある意味、こんなゴミが早く”鳩”してくれたことに感謝する」

「”鳩”した時は、めっちゃ嫌ってたけど、今は感謝してる」

「EXOとEXO-L(エクセル:EXOファン名称)にとって、中国人メンバーの”鳩”は、うれしくない思い出だけど、今になってみれば良かったね」

(コメント翻訳・編集:Danmee編集部)



人気ニュース

EXO 動画をみる

最新ニュース

おすすめニュース