YouTube(ユーチューブ)のODGチャンネルに10月17日、新しい映像がアップロードされた。この映像では、CNBLUE(シーエヌブルー)のメンバージョン・ヨンファが、11年前の『I’m a loner』ステージをレビューしている。 (記事・写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

CNBLUE(シーエヌブルー)のジョン・ヨンファが、デビュー当時を振り返った。

2000年代生まれの学生たちとデビュー当時のステージを鑑賞したジョン・ヨンファ

2000年代生まれの学生たちとデビュー当時のステージを鑑賞したCNBLUEジョン・ヨンファ。(写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

10月17日、YouTube(ユーチューブ)のODGチャンネルに『2010年、デビュー3日で1位。それが俺だ』というタイトルの映像がアップロードされた。

公開された映像では、ジョン・ヨンファが変装(?)して学生たちと一緒に2010年の『I’m a loner』ステージを観賞。学生の大半が『I’m a loner』を「知ってる」と話す。

(関連記事)ジョン・ヨンファ『ハネムーンゲストハウス』でCNBLUE デビュー曲披露「3万回歌った」

ヨンファは「本当に見てられない。何で表情があんな風なの?」と、11年前の自身の姿を見て恥ずかしがったが、学生の横で『I’m a loner』を静かに熱唱した。

ある学生は、ドラマーであるカン・ミニョクの片目を隠したヘアスタイルについて「独特だ」と評価。これに対してヨンファは「このヘアスタイルのせいで、ミニョクの視力が本当に悪くなった」と伝えた。

『I’m a loner』のステージを全て観賞した学生たちは、口を揃えて「良い歌だった」と褒め称える。ある学生は「幼稚園の学芸会で『I’m a loner』をやった」と言い、また別の学生は「大きくなってから『I’m a loner』を聴いた」と言及。

ネットユーザーは「過去も現在も、レジェンドのCNBLUEジョン・ヨンファ」「誰もがジョン・ヨンファ1人くらい、心の中に秘めて暮らしている」などの反応を見せた。

CNBLUEは、10月20日にニューアルバム『WANTED』のタイトル曲『Love Cut』でカムバックする予定だ。

『2010年、デビュー3日で1位。それが俺だ』(動画出典:YouTube odg)
ⓒ TOPSTAR NEWS 提供(http://www.topstarnews.net/)
本記事は韓国Social Media Networks Co., Ltd.が運営するTOPSTAR NEWSの記事内容の一部あるいは全部 及び写真や編集物の提供により作成されております。



CNBLUE

FNCエンターテインメント所属のCNBLUE(シーエヌブルー / ハングル 씨엔블루)は2010年1月14日にデビューした韓国の3人組ロックバンド。

2019年入隊中だったイ・ジョンヒョンが「セクハラDM論議」が浮上。これに対して謝罪すると共に、チームを脱退することが明らかとなった。その後、3人体制で活動を継続することに。

2019年11月に、メインボーカルのジョン・ヨンファが除隊、翌年3月にカン・ミンヒョクとイ・ジョンシンが揃って除隊し、2020年に約4年ぶりにミニアルバム『RE-CODE』をリリースし、完全復帰を果たした。

CNBLUE 最新記事はこちら(50)

最新ニュースタグ

おすすめニュース

最新韓流とK-POPニュース

人気ニュース

RECENT TOPICs